石川(野々市市):ムサク(ベトナム料理)

b0089578_14495759.jpg
素麺に枝豆、トウモロコシに冷やし中華、さっぱりしたものを夏の食卓に並べていても、
新陳代謝を高めてくれるスパイスやパクチー欲求を抑えられないので週末に走る、それがエスニックラバーの生きる道。

自宅からやや遠いので頻繁には行けませんが、確実にリピーターになっているベトナム料理「ムサク」
本格的なベトナム料理店は石川県は圧倒的に少なくまさに不毛地帯、たまーに行きたい発作が出るのです。
屋台的な雰囲気にベトナム留学生さんの片言の日本語が可愛らしい。

・チャゾートム

いつも注文する定番その1、海老を豚肉と海老のすり身で包み、網状の米の生地で巻いて揚げた「海老の揚げ春巻き」。
見た目以上に手が混んでて、表面はパリパリで海老とすり身の美味しさ一丸帯!
b0089578_14500162.jpg
・ゴイコークア

いつもと違うメニューを食べようと注文した「ゴーヤと鶏肉のサラダ」。
鶏肉とゴーヤと人参と紫たまねぎ、ゴーヤはさほど苦くなくドレッシングがしみ込んでいる。
ドレッシングはヌクマム、レモン、砂糖かな?クラッシュピーナッツとパクチーがいいアクセント。
b0089578_14500678.jpg
・バインセオ

いつも注文する定番その2、ベトナムで買ってきたバインセオの素を使っても上手く焼けず。
バインセオが食べたいぞー!→ムサクに行くという構図が出来上がる。
日本ではベトナム風お好み焼き、西洋ではベトナム風クレープと言われる南部の粉もの料理。

基本レシピは米粉とココナッツミルクをベースに、ターメリックで色付けなんだけど、このパリパリ具合にするのが難しい。
半分に折りたたまれた中身はエビ、豚肉、もやしなど。
これをちぎってサニーレタスに紫蘇やパクチーなどを巻いて、ヌクチャムというタレにつけて食べる。
生地がサクサクで具がジューシーで野菜もたっぷりとれる、好きなんだよねぇ。。
b0089578_14501033.jpg
・ガーコーサー

レモングラスでしっかり揉みこんだ鶏肉を唐辛子と魚醤(ヌクマム)で甘辛く煮詰めた料理。
通称「若鶏のピリ辛レモングラス煮」、肉がよく煮込まれて柔らかいし爽やかな香りがする。
少し辛くて鶏肉のいい出汁がスープにもよく出てる。
b0089578_14501379.jpg
・チャオガ

「鶏肉のおかゆ」、確かこれは初めて食べるはず。
ジャスミンライスを使ったお粥はとろ~りとろとろ、優しい鶏のだしの味がしてこれは美味しい!
フライドオニオンをカリポリさせながら、温かいお粥をすする。
b0089578_14501884.jpg
・ブンボーフェ
中部の街フエ名物ピリ辛料理、太目のビーフンにスープは牛肉や豚足が入ってお肉の出汁が出てる。
横にあるライムや唐辛子ダレ、香草などを入れると、酸味があって辛くてサッパリしている。
独特な味だからフォーと好みが分かれるところだけど、複雑でコクのあるブンボーフェはクセになる、この日は気持ち薄味。

夏は猛烈に食べたくなるエスニック、どうやら無事に発作は治まったようだ。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-09-02 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26168260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(片町):麺屋 鶯 (うぐ... KARA旨グランプリ・2016 >>