東京(浅草):初小川(はつおがわ)うなぎ「鰻重上」

b0089578_16164340.jpg
4月後半の東京編です。

いつもの金沢駅でおにぎりと野菜ジュースを買い込み、早朝から東京移動。

食事に命をかけて三千里!とはいえ、ランチは用事のある場所から近い位置でチョイスします。

土用の丑の日が間近ですが、いつ何時でも鰻が食べたい!という訳で関東風を目指して初小川(はつおがわ)

今でこそ江戸前と言えば鮨を連想しますが、昔は江戸前と言えばウナギだったんですね。

創業は明治40年でいかにも下町情緒が溢れる外観、ここは10日前ほどに予約しました。

縦に長い店内は手前にテーブル、奥に座敷とここだけ明治から時間が止まっているような歴史を刻んでいる空間。

あちこちに置物やお札も貼られてあり庶民的な雰囲気。

「写真禁止」の貼り紙があったので写真は撮らなかったが、リンク先には沢山写真があるので食べ物は了解得ればOKだったのかも。

・きも吸

大きめの陶器の器に透き通った出汁とうなぎの肝、三つ葉とワカメ、椎茸。
薄味なあっさりとした出汁の味、ゆっくりいただきながら鰻を待つ。

・鰻重上

重箱の中は美味しそうな鰻のかば焼きが3枚、たっぷり入っていて嬉しい。
去年の秋に日本橋で鰻をいただいた時と比べると、こちらはタレがあっさりして甘さは控えめ。
これがこのお店で100年間、タレを継ぎ足している秘伝の味なのね。

鰻は炭火で焼かれて表面はカリッとして香ばしく、中はふんわりと柔らかすぎず美味しい!
胡瓜や蕪、茄子などの漬物が付いてきました。

いつも皮がこんがり中がジューシーな関西風を食べている自分にとって、
ふんわり柔らかな関東風は新鮮、来る度に食べたい。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-31 23:47 | 東京 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26054169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京(西荻窪):ハンサム食堂(... 金沢(入江):房's ... >>