東京(南青山):BLUE NOTE TOKYO(ブルーノート東京) ゴーゴー・ペンギンのライブ

b0089578_15253501.jpg
東京日帰りのメインイベントは、夕方始まりのライブを見るために南青山のBLUE NOTE TOKYO(ブルーノート東京) へ。

ミュージシャンの演奏を聴きながら食事もできる老舗のジャズクラブ。
友人がジャズ好きでブルーノート大阪(現在はビルボードクラブ)の方によく行くという話は聞いていたけど、
ブルーノート東京は初めてです。ジャズもノラ・ジョーンズ以来久しぶり。

この日行われたライブは、ゴーゴー・ペンギン(GOGO PENGUIN)
UKマンチェスター出身の全員20代という新世代トリオ、ジャズをベースにクラシック、テクノ、ドラムンベースと
様々なジャンルを取り入れたモダン・ピアノ・トリオ。

夫が冬辺りにこれカッコいい!と騒ぎ立てて、毎晩念仏のように私に「これいいだろ~」と延々と聴かせまくる。
まぁ自分もジャズ嫌いじゃないからいいけど、私の好みの音楽をかけると無視するくせにー
という、家庭の事情は置いといて、ライブまでの数か月曲を覚えるためにアルバムを車でかけまくり。
b0089578_15254344.jpg
手荷物を預けて会場内へ、予約したのは2人用のアリーナペアシートL。
中心のテーブル席を挟んで斜めからステージが見える位置、ここはアーティストが通る花道でもあります。

そしてここでも食レポ?2部構成の先始まりのため、夕食時間にはまだ早い。
ライブ終了後に夕食を食べる予定で、ここは軽食のみで。

・GOGO PINK-GIN カクテル

ライブに合わせたゴーゴーペンギンという名のカクテル
ジンとグレープフルーツの爽やかな味わいにほのかに桜が香るロングカクテル
b0089578_15255065.jpg
メニューはコースからアラカルトまで総じてイタリアンな構成。
リエット、グラタン、パスタ、ピッツァ、パニーニなど色々揃っています。

本日のチーズ盛り合わせ

ライブが始まるまで多少時間があるので、お酒を飲みつつおつまみをいただきつつ。
コース料理だったらライブに集中すると食事を楽しむ余裕あるかな?とは思うけど、まぁそれはそれ。
b0089578_15254672.jpg
小ヤリイカのフリット ライム添え

歯ごたえ柔らかなイカを軽くフリットに、ライムをかけると爽やかな香りが漂う。
ライブが始まると上の照明は消されます。
b0089578_15253946.jpg
ライブの為に「Man Made Object」を聴きこんでいただけあって、最初からおお!と聞き覚えのある曲。
ピアノ、ドラム、ベースというオーソドックスな構成なのに、
奏でてくる雰囲気はジャズからクラシック、そしてテクノやドラムンベースの香りがプンプン。

でもシンセじゃなくピアノだからアコースティックなんだよねぇ~~その辺が音が柔らかく感じる。
そしてベースやドラムの存在感、軽快でシックでジャズの縛りってなんだろう?と思わせてくれる。

肝心の行きたかった夫は終始聞き惚れていました。
私は付き添いの様な形だったけど、十分楽しめたしこれからも聴くでしょう。

演奏終了後、メンバーが私たちの目の前を通り過ぎる時に夫がメンバーの1人とハイタッチ。
余韻もあってしばらくご機嫌様でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-20 22:20 | 東京 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25992861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東京(新橋):やきとん まこち... 東京(麻布十番):リベルテ・ア... >>