金沢(香林坊):Ramen & Bar ABRI(アブリ) 「冷やしのどぐろ煮干しラーメン」

b0089578_11275741.jpg
金沢駅前でのホルモンヌの祭典終了後、さて二次会に足が向いたのは友人が経営しているBar、ガルボ
酎ハイで酔った身体にさらに赤ワインを注いで熟成し、女同士の会話に花が咲く。

そこでひとしきり時間を過ごした後、お互いそろそろ帰宅タイム。
じゃあねと分かれた後、二次会の間で出来たお腹の隙間が再びシメを求めてるので、Ramen & Bar ABRI(アブリ)

ここに来る際シラフだった時は一度もない、ちょっと行く時間が遅くてギリギリ入店OKでした。
で、飲むのは焼酎の水割り、アルコールの浸透具合が効いているので浮遊感ありありで注文。

・冷やしのどぐろ煮干しラーメン

夏季限定の冷やしは6月始めから出ています、中々タイミング合わずだったがやっとありつけました。
定番である「のどぐろ煮干しラーメン」の冷やしバージョン。

定番ののどぐろ煮干しに一等・利尻昆布を加えた出汁、
ラーメンと同じ塩ベースのタレに岐阜・福来純のみりんとイタリア・シチリア産の岩塩で味付け。
麺は京都・棣鄂の全粒粉細麺と素材も厳選されている。
トッピングは茗荷、白髪ネギ、メンマ、国産鶏のむね肉チャーシュー。

このところ、冷やしラーメンばかり食べていて煮干し系の風味が記憶に残っていたけど
ここはのどぐろ煮干し、魚のタイプによっても味は変わるので他のお店とは違ったオンリーワン。
白身魚の旨みのある出汁と工夫されたタレですっきり上品な味で旨し。

全粒粉の細麺もつるつるのど越しよく、酔った身体にオアシス~~。
このまま食べ進んでしまうので別皿トッピングいれ忘れそう、こらっ!
実際にトッピング抜きのメニューもあるそうですが。
b0089578_11280168.jpg
・別皿トッピング
モロヘイヤのみじん切り
トモファームあゆみ野菜の無農薬トマトで作ったジュレ
大分産・大葉胡椒

トマトジュレは当初はキューブ状だったのが、小皿で固まっている形に変わったようです。
少しづつ入れて味変を楽しむ、どれもさっぱりする系だけれども一番気に入ったのは大葉胡椒でした。

先に抜け駆けで冷やしを食べてしまった私に夫が嫉妬!
まだ夏は長いし、食べる機会あると思うよ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-09 23:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25992256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(堀川町):テーブルナナ(... 金沢(此花町):金ちゃん(焼肉... >>