東京(麻布十番):リベルテ・ア・ターブル・ド・タケダ (Liberte a table de TAKEDA)フレンチ oishii

b0089578_11582384.jpg
ランチは直接お店の前で待ち合わせということで麻布十番へ。
丁度、お店へと曲がる通りで夫と鉢合わせ、都心にありながら一本脇道に入ると静寂さが漂い目的のお店へ。


武田健志シェフはオテル・ドゥ・ミクニ入社後、フランスの「トロワグロ」「ジャルダン・デ・サンス」で修業を重ね、
その後「サンス・エ・サブール」「Restaurant-I」では料理長を務める。ミシュラン1つ星です。

店内は大きな窓から溢れる自然な光と横の水面がゆらゆら揺れる落ち着いた佇まい。
b0089578_11584876.jpg
ワインは栃木県のCOCO FARM & WINERY(ココ・ファーム・ワイナリー)の白ワイン。
白ワインの品種を赤ワインと同じ製造工程で作られることで、オレンジ色に染まったオレンジワイン。
b0089578_11583369.jpg
ポルチーニ茸がふつふつと練りこまれたバター、画像はないけどキューブ型の焼きたてのパン
周りがカリッとして中がふわふわなパンにつけるととっても美味しかった
b0089578_11583857.jpg
左手は白魚の春巻き包み、フィンガーフード。
薄くてサクッとした春巻きの皮の中に白魚が泳いでいるよう。

右手は茹でた能登の赤なまこ上に葡萄の皮のお酢のジュレがふるふる、爽やかな香りの酸味
まわりにはプチプチとしたバジルシードやナスタチウム、すりつぶしたビーツなどで彩りを添えて。
b0089578_11584315.jpg
信州産のサーモンのマリネの上にふわふわとしたムースは酒粕。
ニジマスの卵、紫蘇の花、ゆり根、べにだて、お米のアラレなどが飾られている。
爽やかな紫蘇だったり、ピリッとしたべにだての辛味、イクラよりも淡い味のニジマスの卵、に香ばしいアラレ、
それぞれの和のエッセンスが散りばめられていて、口の中ではじけてとっても楽しい。
b0089578_11585288.jpg
酒粕でマリネされたというフランス産のフォアグラ、驚くほどしっとりとしてとろりとした濃厚な旨み、おいしー
後ろには玉ねぎのピューレにグリーンピース、オニオンヌーボーがほんのり甘い
b0089578_11585504.jpg
かすべ(エイヒレ)は揚げてあるのか表面がサクッとして中は軟骨まで柔らか、焦がしバターが香ばしい。
周りには炭のクルトン、ケイパー、松の実、赤い点々は海藻のパウダー
ふわふわと上にのせられたレッドソレル、マーシュ、マジックレッドなど...
b0089578_11585933.jpg
仙台牛は赤身部分が綺麗な仕上がり、柔らかくて弾力があるお肉♪
上の昆布みたいなものはフキノトウのチップ、ちょとほろ苦なアクセントとちいたけ。
ちいたけはマッシュルームサイズの椎茸で旨みも凝縮されている品種なんです。
それに黒にんにくが混ざった濃厚なソース。

b0089578_11590575.jpg
デザートは柚子のタルト、タルトの中には金柑のコンフィチュールやブラッドオレンジなど柑橘系。
ふわっとしたメレンゲに桜のクッキーと柚子のジャム
緑色はバニラビーンズ入りのアボカドソース、桜の葉っぱのアイスと4月らしく。
b0089578_11591154.jpg
2つ目のデザートはショコラのプリン、とっても濃厚
b0089578_11591727.jpg
和のエッセンスが散りばめられたモダンなフレンチは、どのお皿もアーティスティックで美しい。
季節を感じられる素材と豊かな発想、まさに店名(自由)の通り何が出てくるかワクワク。

丁寧で繊細な味付けでとっても美味しく、さらにひと皿ひと皿ちゃんとボリュームがあり、
お腹がきっちりと満たされました。←私たちのお腹スペースを考えると意外に重要だったり

お野菜に当然ながら反応したり勉強になったりの夫と、美味しいものを食べれて幸せ顔な私。
ゆったりとした時間を過ごせました、たまの東京フレンチもいいなぁ。。。

日帰り旅行のメインへと進みます。。。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-19 23:32 | 東京 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25920964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東京(南青山):BLUE NO... 東京(六本木):エッグセレント... >>