石川(輪島):アユート (AIUTO!) イタリアン

b0089578_11301313.jpg
定期的に行われている夫の友人夫妻との会食会、毎回舌の肥やしになるような美味しい処へピンポイント。
今回は広島から輪島に移転してはや3年半となるイタリアン、アユート (AIUTO!)

実は私は2013年に友人とランチ訪問、次に来る時はディナーだね!という思いを残しながら延び延び・・(2013年の記事
いつのまにかディナーオンリーとなり、夫と行くなら日曜の夜しかないなと思いながら延び延び・・・。

常に行きたい1軒のリストに入っていたので、話を聞いた時は「やっと行ける!」と素直に喜ぶ。

先に友人たちは早い時間から車で能登入りしているとのこと、
バスで向かえば帰りは送ってもらえるから2人共アルコールが飲める、これが相当嬉しかったりする。

当日は15時台の兼六園下発のバスに乗車して輪島まで、大体18時少し前に輪島駅に到着するのだけど、
輪島発→金沢行のバスは遅い時間帯はないので片道切符。
食事が終わっても帰りのバスがないとなると、実際2人で行くとなるとアルコール我慢の子で車しか道はない。

輪島駅から表通り(1号線)に出て海岸沿いへと進むと左手にあるアユートさん。
平日でも人気なお店の日曜の夜、当然のごとく満席の貼り紙。
b0089578_11301743.jpg
・スズキとジャガイモのコロッケ、クロスティーニ

スズキとジャガイモのコロッケの下にはエンドウ豆のソース、
カリッと焼かれたクロスティーニの上にはこんかさばとチーズ、
糠漬けされたサバと燻製がかかってるチーズの組み合わせは香ばしくて味わい深い。
b0089578_11302124.jpg
・人参の葉っぱのパン、フェンネルシードパン

この丸パン、3年前の私はこの豪快な積もり方からハイジの丸パンと呼んでおりました。
丸くてふわっとしたパンの中にはプチッとフェンネルシードの甘い香り。
人参の葉っぱのパンは青々しさがはっきり感じる濃厚さ、これはお代わりしたくなる~
b0089578_11302420.jpg
・アジとイワシ、かますのマリネ、サルサヴェルデ

アジとイワシ、かますに蒸しダコ、さらにズッキーニやパプリカなどのお野菜がマリネになったもの
輪島の海と山の食材を生かしたマリネ、下にはバジルやミントなどのグリーンのソース、サルサヴェルデ。
ディルも大きな枝がパスーンと添えてあって自然な感じが輪島の空気を表現してる、周りはカラスミ。
b0089578_11302886.jpg
・ひらまさのグリエ

ひらまさって余り食べたことがなかったけど上品な脂のノリがあって美味しい。
上にのっていたのはモズクとトマトのケッカソースでさっぱり、ここにも海の幸がモリモリ
下にひいてあるアスパラが朝採れと言っていた、青っぽい瑞々しさがあって歯ごたえがあるのに柔らかい。
食材の新鮮さがとっても漂う、これだけ違うのね、そしてお魚の焼き具合も絶妙♪
b0089578_11303259.jpg
・フグ白子と金時草のスパゲティー

フグの濃厚な白子のソースにカラスミ、合わないわけがない、クリーミーで旨味がプチプチ。
そして地元の人にはお馴染みの金時草の組み合わせ。
パスタの噛みごたえがそのソースに負けない存在感、おいしっ!!
b0089578_11303577.jpg
・サザエとパンダ豆のクリームソース、リングイネ

磯の香りがするサザエ、海だねぇ〜肝も入って口の中でクリームと合わさってコクのあるほろ苦さ。
パンダ豆(インゲン種)というのも面白い、豆の歯ごたえを感じながら。
b0089578_11303942.jpg
・新潟産くびき牛イチボのグリル

新潟県の頸城(くびき)地域で育てられた肉牛(黒毛和種)は「くびき牛」と称されるそうです。
その品質の優秀さで品評会で最優秀賞を受賞するほどのブランド牛。
そして焼肉屋さんでもよく登場している牛のお尻の先であるランプ肉の先端、希少な部位「イチボ」。

つべこべ言わずに食べてみろっ!柔らかい肉質にきめ細やかなサシが入ってでも全然しつこくなくしっとり。
クリームソースとトマトソースの合わせ技も肉汁が合わさってより旨みが増してくる。
ローズマリーの風味も加わって、うーん!うまっ
b0089578_11304311.jpg
・酒粕のアイス、ブラッドオレンジのシャーベット、よもぎのカタラーナ

ちょい和の要素が入った地元食材にデザートも抜かりなし。
クリームブリュレに似たヨモギの風味のカタラーナは滑らかでこれ以上何を語ラーナ。
b0089578_11304788.jpg
それぞれがカプチーノやコーヒーを頼みつつの最後の付け合わせ。

それぞれのお皿におぉーと感心しながらも、やっぱり伝わってくるのは輪島の地元食材をふんだんに使っているということ。
能登には海にも山にもそれぞれ豊富な食材が溢れてるのはわかっているけど、写真だけでは伝わらない新鮮さ。

フレッシュな食材を生かした料理の中で様々な組み合わせと、焼き加減だったり味付けだったりと繊細な技術が光る。
それらが全部合わさってのアユートのお料理、人気なのも分かります!

そしてシェフの笑顔の爽やかさと対応の良さがお店の空気を作ってる、とても明るくて居心地が良いのですー
金沢からは距離もあり予約が取りにくいとは聞くけれど、行ってみる価値のあるお店。
能登の食材の素晴らしさも伝わってきますね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-06-19 23:09 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25920893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢( 新保本):麺屋 夕介 ... 金沢(片町):スパイスボックス... >>