石川(白山市):焼肉チキチキ(焼肉・ホルモン・pizza&パエリア)

b0089578_15015132.jpg
普段の飲食テリトリーは金沢市内だが、気になるお店あらば郊外まで軽く羽根が生える食い意地デパート。
それが肉とならば余計に燃える脂肪は増える、前から行きたかったお店に連れていってもらいました、焼肉チキチキ

場所は松任です。
松任駅からだと国道291号線を金沢方面へ、五歩市交差点を右に曲がると左に見えてくる
8号線からだと、マルシン松任店やローソンがある交差点(乾町)を松任方面に曲がって播州屋刃物店を右曲がると右に見えてくる。

ちょっと分かりにくいのは住宅街にあるからなんですが、こちらの焼肉屋さんはは2015月の11月にオープン。

金沢市内のスペイン料理屋さん、焼肉屋さんで修業した経験のあるご主人だからなのか、
焼肉屋なのに!?パエリア、焼肉屋なのに!?ピッツァなど、そそられるメニューがアップされて気になってた。

*パエリア、ピッツァは要予約です(ピッツァは2日前、パエリアは前日まで)

当日は電車通勤にて松任駅で下車、ノンアル運転手や案内人と共に4人でお座敷にて宴会でした。
店内はカウンター席、テーブル席が幾つか、6人までの個室があります。

b0089578_15015594.jpg
・炙りタンモト(ハーフサイズ)

この店の名物の1つ、炙りタンモト。
レギュラーサイズ(2~3人前)、ハーフサイズ(3~4人前)、フルサイズ(5人以上)あり、こちらはハーフ。

ハーフだけでもかなりの迫力、最初に丸ごと表面だけ焼いて旨みを閉じ込めて、
一度お肉を下げた後切り分けて出してくれる、それを自分たちでもう一度焼いて食べるのだ。

表面をこんがり焼いている間に、私たちはメニュー選びに忙しい。

アルコールでおススメされたのが、赤ワインにフルーツを漬け込んだ自家製サングリア。
とっつもフルーティーで飲みやすく美味しい、飲み過ぎ注意。

b0089578_15020065.jpg
・シロ

言わずとしれた豚の腸、私が注文するホルモンはまずは腸がメインでちょう。
どうせ追加注文してしまうので、2人前でいただきました!
b0089578_15020483.jpg
先ほど焼いていた炙りタンモトを調理場でカットしてテーブルに、これを再び焼いて食べます。

タンモトは分厚くて柔らかくサクッとした歯触り、脂が多いのにあっさりとした味わい。
なんだろう・・肉の風味が豊かというか、そしてジューシーでウマッ!!
b0089578_15020888.jpg
・ガツ(豚の胃袋)

脂身が少なくて淡泊な感じだけど、シロとはまた違った味わいの旨みを感じて噛む噛む噛むが止まらず。
コリッと歯ごたえよくてクセもないし美味しい、こちらもおすすめ。
b0089578_15021365.jpg
・パエリア

予約してあったパエリア、白っぽいポヨンとしたものが見えるのはホソ(牛の小腸)。
ホソを入れちゃうなんて焼肉屋さんならでは~
ホソの旨みが溶けだしているからか、旨みが増してお米がめっぽう旨い!
b0089578_15021775.jpg
・あらびきウインナー

変化球を付けてウインナー、マスタード&ケチャップはお好みで。
私は何も付けずに食べてました。
b0089578_15022182.jpg
・ホソ、シマ腸

腸グループ・パート2!今度は牛の腸。
丸腸を開いたホソとシマ腸、豚とは違って脂ノリノリです、メニューにあらば必ず頼む好物。
b0089578_15022515.jpg
・牛肉の炙りカルパッチョ

表面を炙ってカットされた牛肉のカルパッチョ、こちらはメニューにはないお品でした。
自家製のドレッシングがかかって焼肉屋さんらしくないメニューのギャップに胸キュン。
b0089578_15022885.jpg
・三角バラ、カイノミ

ホルモンだけじゃ終わりません、しっかりとお肉らしい部位もいただきます。
牛の後ろ脚の近い部位で上カルビがさらにドレスアップしたようなゴージャスさ。

カイノミはヒレ肉の近くにある赤身肉で柔らか。
どちらも牛肉本来の旨みを味わえました。
b0089578_15023183.jpg
・ピッツァ(マルゲリータ&チーズ)

国産小麦100%を使用した生地を2日間低温熟成させ、焼き上げたピッツァ。
我ままにマルゲリータとチーズのハーフ&ハーフにしてもらいました。
適度な薄さで端っこの部分の厚みのところで味わえるモチッと感。
b0089578_15023548.jpg
・やおきも

いかにも内臓な見た目のやおきもは牛の肺。
箸で持つとぷよん、焼いて口に入れるとふわふわしてて味は意外に淡泊。
b0089578_15023885.jpg
・カッパ

肉のシメはシロと行きたいが、メニュー数が多いのでここはお肉らしい味で〆る。
牛の前腹の皮に近いお肉、歯ごたえたっぷりで脂はあるけどしつこくなく旨みがありました。
b0089578_15024214.jpg
・男のニンニクスープ(ライス入り)

メニューには男のニンニクスープと書いてあるけど、知人の通な注文でライス入りにしてクッパ風に。
あ~これすごく美味しい、聞いてないけどやはりこれもスペイン風なのかな?
b0089578_15024543.jpg
・フラン・デ・ナランハ

最後はスペイン語のプリン、「フラン・デ・ナランハ」
オレンジを絞ったフレッシュジュースを使ったプリン、お肉の後のデザートで後味がさっぱり。
大量生産は出来ないそうなので、もし心配ならば予約も可能だそうです。


写真ではホルモンの多さが目につくけれど普通の部位も同じくらいあるので、ホルモン好きもそうでない人も楽しめる。
牛肉・豚肉・鶏肉とメニューはまんべんなく(牛肉が一番多い)野菜やキムチの種類も豊富。

そして何と言っても焼肉屋さんらしくないスペイン料理、予約は必要だけどパエリア、ピッツァなどあるのが特徴。
その日の仕入れによっては鮮魚のカルパッチョなど、本日のおススメがあるそうです。

炙りタンモトや内臓、貴重な赤身の部位など焼肉屋さんでも十分魅力的ですが、
焼肉屋さんなのに!?というメニューがもっと増えることを期待してしまう。

郊外だしアルコールの事を考えると私は頻繁には行けなさそうだけど、ここはまた行きたい。
私をチキチキに連れてって♡と原田知世的に誰かにお願いしてみよう。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-06-16 00:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25914423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(片町):金沢製麺処・片町... 金沢(新保本):一世風靡(いっ... >>