金沢(橋場町):a.k.a.(くずし割烹料理)

b0089578_13343786.jpg
新幹線開業以来、賑わいが増した金沢には次々と多彩な飲食店がオープンしていますが、
3月18日に橋場町にオープンしたシェア型複合ホテルHATCHi(ザ シェア ホテルズ ハッチ)にも飲食店などが入り
橋場町から東山への人の流れが少し変わってきています。

元々ここには仏壇センターのビルがあり、この界隈に住んでいる私にとって隣の銀行と仏壇屋、花屋さんなどは見慣れた風景。
母親が亡くなった時に数種類の仏具や小物を買いに来ていた記憶を思い起こしながら、
新しいコミュニケーションの場となって人が行きかうこのビルには、少しの寂しさと眩しさが交差する複雑な心情がありますね。

館内の1階には元片町にあり2014年に閉店したくずし割烹料理のa.k.a.が復活、
後はHUM&Go#、ギフトなどそれぞれ地元ショップが出店しています。

今回はとある懇親会の為、a.k.a.にやってきました。
b0089578_13344294.jpg
(a.k.a.の営業時間)

・朝食:7時〜9時(朝御膳 1,500円(税別)前日21時までにご予約が必要)
  ※朝食用予約電話 076-256-1100(HATCHiフロント)


・夕食:17時〜21時(基本コース 一汁三菜 3,000円(税別))

  さらにアラカルトメニューから、お料理(別途料金)を追加することができる。

予約制コース 5,000円(税別)先吸/前菜/椀/造里/主皿2種/土鍋ご飯セット/甘味

  8名様より、パーティー/宴会プラン 一人5,000円〜(2時間制)

・バータイム:21時〜23時(ラストオーダー)


まずは基本コースの一汁三菜を頂いた後、多分私のお腹の状態ならばアラカルトに突き進むであろうことは予測できる。

今回は5月14日までのコース。

b0089578_13344993.jpg
先吸:筍のすり流し

お出汁のきいた筍のすり流しに筍の天ぷら、筍そうめん仕立て、へしこがアクセント。
中には鯛のお刺身、白髪葱、グリーンピース、紫蘇の花で飾り付け
b0089578_13345516.jpg
八寸:右から

フルーツトマトの上に鯵とらっきょうのタタキ、ペザン農園のハーブ
太胡瓜のフライの上には赤味噌と鯛のほぐしたものを練ったもの、生姜。
穴水産のもずくにライムをしぼってオクラを。
キウイの白和え・生ハム、ヨモギの天ぷら
小芋に中干しイカのソース
ヤングコーンバター醤油のお寿司

↑一生懸命メモりました、聞き返しました(笑)お料理は何段にも工夫が凝られて器もオシャンティ。
b0089578_13350050.jpg
椀:鮎の飯蒸し ウドと茗荷の庵で

道明寺巻きになった鮎を蒸したものが入っています。
茗荷とウドの薄庵に上には鮎の骨せんべい。
b0089578_13350577.jpg
造里:鰹の燻製 酒盗と土佐酢ジュレで

初鰹を燻製にして香味野菜をプラス、金時草や土佐酢の味付けの金時草ジュレ。
燻製の香りと優しい金時草の風味がお互いに相乗効果を生んで、香りづけに酒盗もきいてる。

ここまでが一汁三菜の基本コース。

b0089578_13351366.jpg
最初は確か柑橘系のロックを大人しく飲んでいたものの、ボトル頼みましょう!と誰かが言い放った時から酒呑みアワーに突入。
ビールに日本酒と出るわ出るわ、その中でもイチオシだったのが輪島市のハイディワイナリーの白ワイン・相承ワイン(SOJO)は
輪島市門前町の曹洞宗大本山總持寺祖院の二祖峨山韶碩禅師650回大遠忌を記念して造られたワイン。

石田純一さんが春のテレビ放送でこの店に来店した時にこのワインを飲んだとか、よ~し飲んでみよう。
辛口ながらフルーティーで柑橘系の香りがする爽やかで上品な味わい。
b0089578_13351987.jpg
・近江町しば田の堅豆腐 自家製の燻製漬

ここから一気に酒飲み用のつまみアラカルトをバンバン注文。
堅豆腐の燻製はまるでチーズの様に凝縮されて濃厚に。
b0089578_13352930.jpg
・出汁巻卵

出汁がたっぷり入った優しいほわほわの出汁巻
b0089578_13353642.jpg
・牛すじ糀煮込み

糀で煮込んであるせいかほんのり甘くてコクがある牛スジ煮込みは蓮根や筍などと共に

b0089578_13353978.jpg
・チーズの味噌漬け
b0089578_13354476.jpg
・おいしいへしこ
b0089578_13354800.jpg
・セイロ蒸し野菜
b0089578_13355247.jpg
・焼き野菜 いしるバターで
b0089578_13360054.jpg
・NUTA
b0089578_13360414.jpg
・出来立てのおひたし

削りたての鰹節と旬な太いアスパラガス、しゃっきり新鮮で青い香り
b0089578_13361442.jpg
・土鍋ごはん

シメの土鍋ごはんは「穴子と新ごぼうの炊き込みご飯」、香り高い木の芽の香り。
b0089578_13383726.jpg
穴子のコクと新ごぼうの歯ごたえがうーん、うまっ!!人数がいたのでアラカルトを結構注文しちゃいました。

工夫を凝らした創作和食は野菜も多くてセンス溢れるコースに、地元の旬な食材を使ったほっこりしたアラカルト。
バータイムとカウンターもあるので1人でふらっと気軽に立ち寄れるのがいい。
もう1人で来るつもりなのかな?来れるけど、各種イベントも行われるらしいし何よりご近所にできてくれたのが嬉しい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-15 23:24 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25719295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(並木町):ラーメン 若大... 金沢(広坂):金澤ななほしカレ... >>