石川(白山市鶴来):八尾家(やおや)お好み焼き「女を捨てるカラオケロード・最終章始まりの終わり」

b0089578_14342940.jpg
このところ、積極的にカラオケに突っ走っていますが、去年までは全く行動は起こしていなかった。
だが、そのキッカケになる伏線や、それに付随してアチコチで湧き上がってきた兆候が現在炸裂している訳で。

いつもラテアートを習っているサニーベルコーヒーさんでバックで流れているBGM。
ときにはオーナーである高松さんが自分好みの曲を流してみたり、生徒がリクエストしてみたり、
という事を去年の冬辺りにしていたのですが、その時共通だったのが2人共、岡村靖幸が好きだったこと。

えーっ岡村靖幸好きなんですかぁ~私もですぅ~♪という女子的なトーンの高さは一切なく、
もしカラオケで同じ曲選曲したらデュエットじゃなく別個で歌います!というむしろライバル関係のような空気。

そんな感じでいつの間にか、いつかカラオケ行けたらいいですね、適当に仲間引き込んで(犠牲者)という話が出る。

特に急ぐ必要もなかったので放置してたら流れ流れて年を越し、その間に私の中で眠るカラオケ魂の炎だけが湧き上がり、
岡村靖幸からマキシマムザホルモンへと鞍替えし、何度か別のグループでカラオケ大会にて披露。
その都度にオンナを捨てて捨てて、捨てるたびに強くなるのさ。

そんなカラオケ行動に向こうも触発されたのか、4月にカラオケしましょう!という話がついに。
でもって、何を歌うのか先に教えてくださいとのこと・・え、なんで!?
・・・・なんでも知らない曲だと共感できないだからとか。

共感なんていらないぜ!夏!!
一瞬で過ぎ去った夏のアバンチュールのごとく、そう頭によぎったものの
だから私はいつも場の空気を寒くするのね、変な曲ばかりだから・・・と納得。

それじゃ次は誘うメンバーだ!意外とカラオケしない行かない人も多いんです。
これはもう内輪でまとめるしかない、とラテアートで頻繁にお会いしてるHちゃんとサニーベルのスタッフMっちゃん。

まとまりかけていた某日、私のFBに上がっていた会食シーンを見て「ここで食べてカラオケ行きましょう!」の鶴の一声。
それが鶴来にある大阪の本格的なお好み焼きを食べさせてくれる八尾家(やおや)さん。

長ッ!!!だがこれがここへ来ることになったストーリー。
ここは鶴来の街外れにあるのでアルコール飲むには誰かが運転手にならなければならない。
「え?!運転手してくれないんですか?」「わたしも酒飲みたいです!」ガビーンな流れで、結局スタッフMっちゃんが犠牲者に。

4人を乗せた車は鶴来街道を突き進み川のほとりの八尾家さんへ、駐車場が少ないので乗合いベストです。
案内人としてはまずは基本のお好み焼き、焼きそば、イカ焼き、とんぺい焼きを食べていただきたく注文しました。

・とん平焼き

豚肉をくるんと玉子と生地でくるんだとん平焼きはとろふわ、んーこれ私大好きです。
b0089578_14344225.jpg
・九条ねぎのお好み焼き

何度か公式FBで拝見していた九条ねぎのお好み焼き、この日はちょうど黒板メニューにあり初めて食べました。
キャベツは一切使わず九条ネギが入ったお好み焼きは、ポン酢で味付けられてさっぱり、でもソースのコクもじんわり。
いつものお好み焼きとはまた違ったタイプの九条ネギの清涼感が伝わってくるお好み焼きでした。
b0089578_14344853.jpg
・八尾家のお好み焼き(トッピング:ネギ、玉子)

豚・貝柱・海老入りの定番のお好み焼きにネギと玉子をトッピング。
ふんわりしっとりとした自家製生地に玉子と葱、皆も美味しい!と大感激、連れてきてよかったと思えるひと時。
b0089578_14345593.jpg
・イカ焼き

生地にイカが入った大阪スナック感覚のお好み焼きを待つ間の登竜門。
b0089578_14350094.jpg
・八尾家の焼きそば

基本のちょっと太めの麺に大人味のピリ辛コク旨ソース、お好み焼き食べたら焼きそばも食べたいよねっ
b0089578_14350817.jpg
・八尾辛みそ焼きうどん

何度か食べてる八尾の辛味噌の焼きうどん・焼きそば、今回はうどん。
味噌がソースとはまた違ったコク、これはこれで味があって美味しい。
b0089578_14351356.jpg
・じゃがいもと豚のお好み焼き(ざぶとん)

お好み焼きの上にそば・うどんをのせてネギと生卵をトッピングした通称:ざぶとん(今回はうどん)
見た目のインパクトもさながら卵を崩して黄身のマイルドさがうどんに浸透して、お好み焼きと一緒にいただく豪快さ。

運転手のMっちゃん以外はアルコールだったのですが、オンナ4人で来ていた時の方が酒も食べ物の量も多かった気がする。
オンナの本気の胃袋おそるべし!しかし、定期的に来ていても飽きない美味しさ。

ラストの客だったこともあり、最後は私には付いていけない車の話で盛り上がっていましたが、
これからがさらに本番のカラオケなので後ろ髪ひかれ隊ながらにお店を出ることに。
b0089578_14400644.jpg
鶴来の果てから片町までカラオケをしにきた4人、コートダジュールの割引券を持っていたのですが、
なんと片町コートダジュールが改装中でやってない!あなたを訪ねてここまできたの~って歌みたいにわざわざ来たのに。
でもすぐに気を取り直して、道路を渡ったところにある別のカラオケボックスに入りました。

高松さん:岡村靖幸!とにかく岡ちゃん!古い佐野元春のマニアックな歌、ちょっとませた子供だったんですね。そして大音量な声!
Hちゃん:若者のヒップホップはおばさんはわからねぇーー!でも湘南の風やリップスライムなんかはわかります。
Mちゃん:グローブ、ドリカム、TMネットワーク、懐かしいわ、帰宅してからドリカムのCD探しました。
スカタン:マキシマム・ザ・ホルモン、筋肉少女帯で安定の女捨て曲。高松さんの歌う岡村ちゃんの同曲を歌う。デス声に皆びびる。

突出した個性的な歌い方&曲を歌う2人に、2人が無理やり付き合わせられてる感がありありながら、
ついつい延長を重ねて3時間たっぷり楽しみました。

お互いどぎもを抜かれた抜かされたカラオケでしたが、この日の自分の出来はイマイチ、
それは高松さんも同じだったようで、密かに次回の練習を始めているそうです(お前もだ)。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-12 22:34 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25715751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by abu71_nomin2 at 2016-05-13 23:38 x
食べて→歌うが、すっかり定着してますな~
佐野元春のマニアックな曲に思わず反応してしまいました。
また行かんなんね!
Commented by sukatan_queen55 at 2016-05-17 14:43
●アブさん
佐野元春のマニアックな曲とはデビューアルバムの「情けない週末」というやつ
私はデビュー持ってるから聴いたらわかるけどシングルじゃないから普通は分からんでしょう
昔すぎる歌はアブさんたちのメンバーじゃないとわからんのでまた行きましょう!
デス声にも磨きがかかってきたぞ~
Commented by abu71_nomin2 at 2016-05-17 20:32 x
うすのろって死語だよね…。(^-^;
Commented by sukatan_queen55 at 2016-05-19 09:58
●アブさん
歌詞にそんなんあったっけ、古い歌ならありそう
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(神宮寺):ラーメン 吟と... 東京(銀座):空也の最中、(阿... >>