東京(銀座):ダロワイヨ 銀座本店 「ペッシュベルアルマン」

b0089578_14280660.jpg
ランチの後、プラダの靴が欲しいの♪と痛快ウキウキ銀座中央通り、by オザケン
どこでお茶をするか決めていたわけじゃないが、通り道の中央通りのど真ん中に吸い込まれていくダロワイヨ 銀座本店

大抵はデパ地下でマカロンを購入してるけど、さすがの本店さまはマカロン、ケーキ、焼き菓子、パン、ショコラ
コンフィズリー、ジャム、紅茶とあらゆるものがそろいぶみ、そして2階のサロン・ド・テ併設。

ランチやディナーも楽しめるサロン、ティータイム時刻は私たちと同じことを考えてるお客さんであっという間に席は埋まり
私たちが滑り込んだ後、待ち椅子に並ぶ列が増えていく。

・ペッシュベルアルマン

桃のコンポートとフランボワーズソルベを合わせた鮮やかなピンク色のパフェ
フランボワーズソルベは濃厚で甘酸っぱいベリーの香りが口に広がるし、桃のコンポートはワインに漬けてあるのか大人の味だし、
メレンゲはさっくさくで甘くて他のものとの対比があるし、生クリームはコクがあるしで単品が1つ1つどれも美味しくて
甘さとコクと酸味と色々なバランスがとれている、そしてピンク色でキュートなパフェでした。

b0089578_14281089.jpg
クロッカントフレーズ

友人が食べたのはクロッカントフレーズ、いちごのジュレ、クリームブリュレにマカロンの生地の組み合わせ。
パフェで満足しているはずなのに隣の芝生が青すぎる、美味しそう。
b0089578_14281494.jpg
私はコーヒー、友人は紅茶をいただきながら、ウフフオホホとマダムヤン(古っ)の様にブリリアントな午後を過ごしました。

通路を挟んで隣の座席にはヨーロッパからとみられる観光客の団体の年配のおばさまたちが7、8人ほど。
聞こえてくる言語は英語でもフランス、ラテン系、うーんドイツ語でもないっぽい。

異国の日本でお茶をする時でも安心して入れる、歴史あるフランスダロワイヨの看板というとこでしょうか。
あ、私パリに行った時は「とらや」のサロン・ド・テに母親と入ったのでした、同じだ。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-08 22:00 | 東京 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25715720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rui-studio2 at 2016-05-11 22:16
あのーーー、スカタンさんのお仕事は
おいしいものを食べることですかーーー?(笑
昨日のオーストラリアのレストランも銀座にあるなんて知りませんでした。
銀座から電車で10分程の所に住んでいましたのに!
きょねんでしたか、ポーランドに行ったのですが、
ポーランドはいくつかの国に侵略されたところで、
「ポーランドはポーランド人が作る」と言って、言語もポーランド語で、
英語が通じませんでした(片言のですがーーー)、
とてもいいところで
「住んでみたいけど、ポーランド語は全くわからないから無理だね」と、夫と話していました。
もしかしたらポーランド人だったかも~
Commented by sukatan_queen55 at 2016-05-11 22:53
●るいさん
私自身の仕事は食とは全く関わりはなく、食べ歩きは食いしん坊がそのまま大きくなって趣味になった感じです(笑)
前日のオヤジ飲み巡りからは一転して友人と楽しみました。
銀座ハプスブルグ・ファイルヒェンは雑誌でお菓子の方から知って、レストランも行こうと思ったのです。
ポーランド旅行いいですね、最近ではヨーロッパなど遠方の旅行は家族の都合でできないでいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京(銀座):空也の最中、(阿... 東京(銀座):銀座ハプスブルク... >>