石川(白山市鶴来):八尾家(やおや)お好み焼き・焼きそば oishii

b0089578_09191598.jpg
3月上旬、夫の飲み会でぽっかり空いた穴を埋めるべく、友人たちを招集して鶴来の八尾家(やおや)さんに行ってきました。
大阪は八尾出身の店主さんが、材料にも焼き方にも拘ったほんまもんの大阪のお好み焼きを食べさせてくれる
私の中では定期的に通いたいリストの1軒に加えられているお店。

前回は夫と2人だったため泣く泣く私が運転手を務め、ノンアルの柚子ジンジャーも美味しいんですけど
やはりほろ酔い加減で食べたかったので、今回は運転手を指名して4人で1台の車に乗りあわせての参加。

鶴来の街中メインストリートを過ぎて右に曲がり、河を渡って左の狭い道をどんつきまで進むの灯りが見える分かりにくい場所。
その分かりにくい場所でも連日お客さんが絶えない人気店。
駐車場がそう広くないので団体さんは乗り合わせと電話予約をする事をお勧めします。
b0089578_09191856.jpg
・とん平焼き

安心してお酒がいただけるのが有難い、運転手さんに感謝!私は柚子チューハイで始めます。
真ん中に豚肉、周りは玉子で包まれたとん平焼き、他のお好み焼きと違って玉子の味がダイレクト!豚と玉子って鉄板ね。
20代の頃に梅田の古いお好み焼き屋さんにて、よくとん平焼きを食べていたのを思い出します。
b0089578_09192145.jpg
・いか焼き

いつも団体で来ているので1口しか口に入らないけど、こちらは小麦粉の生地にイカが入ってて大阪ではスナック感覚。
1人で来ることを想像すると、これととん平焼きとお好み焼きと焼きそば・・って食べ過ぎじゃないん。
b0089578_09192598.jpg
・八百家のお好み焼き(ざぶとん)

まずここに来たらスタンダードなお好み焼きが食べたい、それは八百屋のお好み焼き(豚、貝柱、海老入り)
そのお好み焼きの上に、そば・うどんをトッピングしたものが通称「ざぶとん」(ねぎ・玉子付き)

ここの店員さんに「うどんとそばどちらがおススメです?」質問すると、すぐに「うどんです」と間髪入れず。
前回はそばだったので今回はうどんに、上の玉子を崩してネギ周辺にからめさせて4分割。
うどんのソース味もいいもんやね、もちもちして玉子とネギが絡まってんまい。
b0089578_09192836.jpg
・生野のお好み焼き

この日の黒板メニューの1品、豚バラ・キムチ・ゲソ天・玉子・ジャガイモが入ったスペシャル。
生野の名の通り大阪は桃谷のお好み焼き屋さん「オモニ」と親しくて同じメニューがあるんだったかな?詳細に覚えてなくてごめんなさい
「オモニ」と言えば7、8年前に桃谷探索で訪問しましたよ、また行きたいわぁ。
ピリ辛キムチとほこほことした食感のじゃがいもや、ゲソ天のコクなどバラエティーに富んでて美味しかった!
b0089578_09193116.jpg
八尾家に来たら飲みたいのが柏原ワインや河内ワインなどの大阪ワイナリーのワイン。
実は100年以上もの古い歴史を持つ大阪のワイン醸造産業。
こちらはカタシモワイナリーの「河内ワイン」、以前羽曳野市の河内ワイナリーを見学してきたので親しみが湧いてくる。
爽やかでフレッシュな果実味を感じる辛口の白ワインでした。
b0089578_09193563.jpg
・豚骨しょうゆ焼きそば

この日の黒板メニューの1品、ラーメン好きには豚骨しょうゆの文字に注目!なんたってランチパックにも豚骨ラーメンが入る時代。
醤油味でさっぱりしていると思わせといての豚骨のコクな二重奏。
b0089578_09193867.jpg
・八百家のお好み焼き(全部のせ)

定番の豚・貝柱・海老入りお好み焼きにネギと玉子をトッピング。
一度、何ものせないシンプルなお好み焼きも食べてみたいけど、葱も玉子も好物なのでついトッピングカスタマイズしてしまう。
キャベツと自家製の生地が混ざったお好み焼きはふんわりしっとり、ここでの普遍的な美味しさ。
b0089578_09194121.jpg
・八尾辛みそ焼きそば

この日の黒板メニューの1品、こちらもそば・うどんと選択できます・・・で、焼きそばにしてみる。
ピリ辛コクのある味噌が太めのそばに絡んで、こいつは酒がすすむそばかもっ!言われなくてもワイン飲んでます。
b0089578_09194549.jpg
・焼きそば(トッピング:玉子、ネギ)

ラストは基本に戻って定番の焼きそばで相変わらずのトッピング追加、玉子の摂取量・4人で分ければ怖くない。
ソースはやや辛めな大人の味、九条ネギの薬味効果と玉子でややマイルドになって美味しい。

昔、関西の友人が「お好み焼きは自分で育てるのが楽しい」と言っていたけど、
お好み焼き屋の軒数が桁違いで身近にある友人とは違い、関西人でない私は美味しく焼ける自信がない。
一番美味しい焼き加減で提供してくれて食べるお好み焼きは至福ッ!!

材料や具材の切り方や焼き方に拘り、それでも満足することなくあくなき探求と追求を目指す熱~~い店主の岡本さん。
この後、大阪や八尾の話で盛り上がり、止まらんようになってました!
鶴来の奥の奥で食べられる本場の大阪の味、遠くまで食べにくる価値がありますよ。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-27 22:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25568173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(乙丸):横浜家系らーめん... 金沢(玉鉾):自家製麺 のぼる... >>