金沢(柿木畠):更科藤井(さらしなふじい)「鴨つくねそば」

b0089578_09092494.jpg
季節変わりの週末はタイヤ交換や衣替え、更にいつもより凝った夕食など作っていたりと意外に暇なし。
3月上旬のホームパーティーの翌日は疲れも溜まってたので夕飯の用意はお流れ、柿木畠の更科 藤井さんに行ってきました。

〆のお蕎麦の前に肴や一品料理を味わいながら酒を嗜むお江戸の粋な蕎麦文化を体感するために今夜もカウンター。
ビールや日本酒を好んで飲まない私の1杯目は梅酒ロック、家でも自家製梅酒は自分しか飲んでません。
その後は焼酎の水割りかお湯割りで酔いにまかせて何杯かいただく。

季節の酢の物は2品、のぜりとホタルイカは旬の味覚、そういえば今年初のホタルイカだった。
ワタと絶妙なコクのホタルイカをさっぱりと。
b0089578_09093390.jpg
玉子焼き、中身に・・もうそろそろ終わりな冬の名残の白子!ワオ~~。
出汁のきいた玉子焼きに大好物のトロッとした白子に笑顔。
b0089578_09093783.jpg
焼き鳥、いつも注文する品も順番も同じですが、それでいいーんです!
新じゃが、アスパラ、芽キャベツなど野菜と一緒に甘辛いタレに絡んだ焼き鳥を味わう。
b0089578_09094255.jpg
季節の野菜の天ぷら、こちらも自分が注文する定番の天ぷら、山菜が見え隠れしていて春の息吹を感じます。
b0089578_09094632.jpg
鴨つくねそば、こちらも冬の名残を惜しんで注文したお蕎麦、温玉がのっているだけで元気玉のごとくテンションupな存在感。
茸に野菜につくねにと盛りだくさんなつくねそば、つくね団子の脂と旨みがじわじわと滲み出してきて、
食べている間におつゆがより美味しくなっていく。うーーんウマッ!!!冬の鴨シリーズは何度食べても美味しい。
まだまだ夜は冷える3月、温かいお蕎麦が身に染みました。
b0089578_09095368.jpg
夫が頼んだのは冷たいたぬきそば、これを何度か頼んでいてお気に入りのメニュー。
私は隣の芝生は青みが多いわと諺なのか嫉妬なのか分からない視線を送る、赤い柴漬けがポイントです。

冬の名残と春の訪れを感じて、今宵もおいしゅうございました。
最近は二次会も行かずに大人しく帰ってます(2人の時に限りますけど・・)



[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-23 22:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25552617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふく助 at 2016-03-24 21:45 x
……うっ。
私が金沢に住んでて、蕎麦アレルギーじゃなかったら絶対通ってます。 
でも、何もかも蕎麦粉が入ってそうで怖いんですよ。
……まだ死にたくね……。


観るだけ番長。

それにしても旨そう〜♪
Commented by sukatan_queen55 at 2016-03-26 17:29
●ふく助さん
蕎麦アレルギー、それは危ない。
お蕎麦屋さんはどストライクじゃないですか。
美味しいです、確かに!でもアレルギーなら仕方ないですね。
イチジクを食べ過ぎて蕁麻疹が出たことはあります。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(安江町):中華蕎麦 御輿... 石川(白山市):ゴーゴーカレー... >>