うちごはん:四季の味を愛でる会で「ちらし寿司」、夫のバースディごはん

b0089578_11182631.jpg
3月3日のひな祭りのお祝い料理と言えば「ちらし寿司」ですが、平日に仕事から帰宅してからちらし寿司を作るのは困難なので
その日は冷蔵庫のパクチーの束がヤバいことになっていたので、何故かタイ料理を何品か作りました。←行事してない

でも、ちらし寿司を作らなきゃ冬から脱却しない!気持ちでいっぱいだったので、週末のホームパーティーで作ることに決めっ。
前日が飲み会、しかも午前3時までさまよっていたため、頭がぼ~っとして起床した後の準備スタートは遅め。

あちこちの部屋掃除から料理の準備まで、自分はやればこれだけ動けるのだ・・と自己満足にひたりながらも時間はギリギリ。
やはり一番工程時間がかかるのは「ちらし寿司」、これが準備万端にならなければ心も落ち着かず。

小さい頃から母親がよく作ってくれた「ちらし寿司」は昭和なレシピのクラシックなもの。
母親は家庭の事情もあり小学5年から一家の料理を作っており、腕前と料理の意欲は相当なもので、
季節折々の行事食や旬の食材を取り入れた料理をよく作ってくれました。

特にお寿司は本人が好きだったこともあり、私が帰宅すると「食べたくなったから」と太巻きが山の様に積まれていたり、
ちらし寿司や箱寿司、笹寿司など当たり前の様に食べていたことが懐かしい。

それに甘えて私は若い頃は料理に全く向き合おうとしなかったことに反省、現在は外食もしてますけど料理するのも楽しくて
絶対に敵うことはないのだけど、懐かしい母の味が食べたい、少しでも近づきたいという思いが行動の1因になっています。

家には母が残してくれた古い料理本、その中でも「きょうの料理」は1967年辺りからあり、
日本の文化的な事からレシピに至ってはかなり詳細で珍しいメニューも多くて、読んでるだけで参考になる。

長々しくなったけど週末の「四季の味を愛でる会」
数年前に作った時は昭和53年の土井勝氏のレシピだったけど、今回は土井善春氏の「ちらし寿司」レシピで作りました。(海老はプラス)

まだまだ酢飯にする時に切るように混ぜるのがぎこちなかったり、具の切り方が雑だったりするのだけど、
皆が懐かしい味で美味しいと言ってくれてホッと胸をなでおろす~自分も母の味を思い出してほっこり。

行事ごとにいただく料理は季節の変化を知らせてくれますね。
b0089578_11183280.jpg
後作ったもの

・塩バター肉じゃが(梅干しと大葉を入れてさっぱり味の塩味の肉じゃが)
・新じゃが、蛤、菜の花の薄煮(蛤のお吸い物を作らなかったけど蛤で何か~で渡辺麻紀さんのレシピ
・松の実とマスカルポーネが入ったポテトサラダ
・アボカドとベーコンの白和え、水菜の白和え
・鰤のたたき(買ってきた)と納豆醤油(納豆と黄身、醤油、みりんなどをミキサーにかけて作ったタレ)

よく読んだらジャガイモばかり使ってて、さらにお寿司もあるから地味に炭水化物祭りになっとりました!
b0089578_11183662.jpg
・イワナ、ヤマメの塩焼き
渓流釣りが趣味のIさんが持ってきてくれたイワナとヤマメを塩焼きに。
器が27センチもある大皿なので写真の見た目より実際は大きく、なかなか食べっぷりがありました。

ヤマメは海に降りる個体が「サクラマス」、河に残る個体は「ヤマメ」なんですね、知らなかった~。
このヤマメは海に降りる直前かな、身は白いけれどもほんのり鱒の風味がしました。
b0089578_11184237.jpg
・ゴリの唐揚げ

大きい!佃煮に入っている小さなゴリ位しか見たことないので、マジマジと顔を眺めるとサンショウオに似てる。
塩でぬめりをとって片栗粉をはたいて揚げただけです(友人がキッチンで作った)、カリッと旨し。
b0089578_11184959.jpg
パティスリーホソヤさんのタルトタタン

職場などで時々出される季節のフルーツのショートケーキや、毎年食べる和栗のモンブランは味わっていたけどタルトタタンは初。
林檎がとろとろにとろけるほど柔らかくウマー、キャラメリゼされた部分と生クリーム合わせても全体的に甘さ控えめ。

「四季の味を愛でる会」、ホームパーティーの名の元に私が作ってみたい料理の実験台になる人柱パーティーの様なものかしら。
次回も季節の料理とひらめきを試すために気まぐれで開催されるかもしれません。。。
b0089578_13445391.jpg
こちらは夫のバースディ日のごはん。
とりあえず誕生日なので頑張って作るつもりが平日なので時間がない、前日から何品か仕込んでのディナータイム。

・豚の角煮&煮玉子(完全に自分が角煮を食べたかったからで、自分ばかり食べていた肉星人)
・カボチャ入りポテトサラダ(コストコで買ったオリーブ缶の1缶量が多すぎて、減らすために大量の黒オリーブ)
・海老のフリット(海老大好き、甲殻類人猿のための1品、炭酸水でサクサク)
・イワシのマリネ(マリネ液を注いでオーブン任せでほったらかし焼きなのに旨い)
b0089578_13445958.jpg
海老マカロニグラタン

見た目がチーズだけで何か分からないけど、海老好きな夫用に海老マカロニグラタン。
親に作ってもらっていたメニューの中の超お気に入りだったグラタンメニュー、
ハンバーグ・スパゲティー・カレーと三大洋食が主役だった時代の子供なので、グラタンと聞くだけで胸がワクワクしてしまう。
b0089578_13450522.jpg
PATISSERIE OFUKU さんのピュイダムール特注版バースデーケーキ。
普通で売られているサイズよりかなり大きめで、このサイズを作ったのは初めてなんだとか。

スケートリンクの様なツルツルパキパキのキャラメリゼを割ると、サワークリームを混ぜたカスタードクリームがお目見え。
更に奥にはイチゴ、ラズベリー、ブルーベリーのそのまま果肉と共にラズベリーのコンフュチュールが。
サクサクのパイ生地と香ばしいキャラメリゼが大好きなので、たっぷり食べることが出来て最高。

ケーキに添えるメッセージプレートは「ブルーノ・まーつ」「もぐりしゅん」など似た芸能人ネタ(似非ネタ)が多くて、
いい加減怒られそうな気がしたのでいつもの呼び名にしてもらった、ブログでは一応シークレット。
毎年夫のケーキはオフクさんに頼んでいるので、来年はどんなネタを仕込んでもらおうか(またネタに戻るのか)
b0089578_11185665.jpg
ラストの画像はリアルタイムのご飯から、かに飯。
茹でカニをいただいたと聞いて普通に剥いて食べようかと考えていたら、かに飯はどうか?とリクエストをもらう。
しかも酢飯で・・とメッセージ受けるも、帰宅してから酢飯作るのが面倒&他のおかずも作らなならず、でゆるく却下。

で、炊き込みご飯のかに飯、出汁と薄く醤油やみりんで味付けたご飯に蟹の身を一緒に炊いてほぐして出来上がり。
うーん、これはヤバい!とっても美味しい!2合炊いたけど全部食べきってお腹パンパンだカニ~。
というか、お弁当にする分が残らなかった・・・

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-09 23:19 | うちごはん | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25472810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふく助 at 2016-03-15 20:04 x
こんばんは。

相変わらず、すごいお家ご飯〜♪
ちらし寿司の華やかなこと、華やかな事!

えー、コホン。(急に改まってみせる)
私も今年から恵方巻きなど、行事に合わせた料理を作ろうと奮闘中です。
今回、恵方巻きは買ったけど。←買ったんかい!

……今度の行事飯は何ざんしょうか?(調べろよ)



Commented by sukatan_queen55 at 2016-03-16 22:25
●ふく助さん
恵方巻き、私も買いましたよ。
行事食、そこまで自分で作らなくても食べることで季節の変化がわかって食育できますよね。
次はお彼岸の「ぼたもち」が一番近いかな。
母親はおはぎもよく作ってたけど、これはうーん、作らないかも。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(本町):焼鳥BARD(バ... 金沢(片町):tawara (... >>