金沢(柿木畠):Srilanka Kitchen(スリランカキッチン)「バナナリーフランチ」

b0089578_08280251.jpg

少し前にお店のまかないランチのカレーの頻度が多すぎると言われ、ぷっつりカレー作り断をしている私。
沢山野菜があるとカレーが楽なのに!味も変えているのにな、と家でのご飯もカレーは遠ざかってる傾向。

そのせいかは分からないが、1人ランチのカレーの頻度が多くなってきました、知らぬまにスパイスを求めているのか。
休日の家業手伝いを終えて、場所柄中々立ち寄れずまだ2回目の訪問となるSrilanka Kitchen(スリランカキッチン)

片町の南インド・スリランカ料理「スパイスボックス」が、去年の11月に柿木畠はもっきりやさんの上にオープンさせた二号店。
ランチタイムだけの営業ですが、スパボのスタッフ総動員されているので仕方ないかと(スパボの土日ランチはなくなりました)

明るくてカフェの様な雰囲気を持っているので女性も入りやすい雰囲気、1人ランチしている人も多数いて気が楽。
この前は週末限定の「ランプライス」を食べて、もう1つ限定の「ドーサ」はスパボメニューにあったはずなので更に次回かな。

・バナナリーフランチ

最初にラッシーが出てくる。
お好みのスリランカカレー1種類を選び、後はパリップ、ポルサンボル、マッルン、パパダム、ターメリックライスが付いてくる。
カレーは鶏肉の辛口カレー、ココナッツミルクのマイルドな鶏肉カレー、魚のカレー、日替わりカレーの4種類。
日替わりカレーが羊のカレーだったので、羊スキーは思わず二度うなづき。

さてランチの全容、バナナの皮のターメリックライスに日替わりカレーの羊カレー、
パリップ(ココナッツミルクとモルディブフィッシュ(削り節)が入った豆のカレー)、
ポルサンボル(スリランカのココナッツふりかけ)、マッルン(刻み野菜とココナッツの炒め物)
パパダム(インド・スリランカの豆粉のせんべい)が添えてある。
丸いコロッケは青魚のコロッケ、カトゥレット。

これらを全部まぜまぜしながらいただくと、辛い羊のカレーやマイルドなココナッツ豆カレー、
特に削り節入りのマッルンを混ぜて食べると、日本人に懐かしい海の旨みが広がって、プラス・ココナッツの南国の香りが味わい深いです。

一皿で完結しているので少ないと思いきや、ごはんの量も結構あってお腹膨れます。

ちなみに日替わりカレーをライスにかけたテイクアウト用のワンコイン弁当もあり。
職場から遠すぎるので無理だけど、近くにあったらしょっちゅう買って職場でカレー臭漂わせそう。

ごちそうさまでした、今後もシラミ潰しにメニューを制覇していく予定です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-01 21:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25425410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(石引):SAKESHOP... 金沢(藤江南):串処 とりあえ... >>