うちごはん:バレンタイン2016 自家製焼き小籠包や中華ちまきなど中華な食卓

b0089578_16303891.jpg
・焼き小籠包(生煎)

今年のバレンタインデーは日曜だったので平日中に各所に配り終えた後、肝心の当日は家でおうちごはん+チョコ。
せっかくの日曜のバレンタインなので張り切って作りました、今回のテーマは中華で一番のメインは「焼き小籠包」

なぜに焼き小籠包?!実はお正月に上海旅行に行ってたのですが、そこで何度も上海名物である生煎(焼き小籠包)を食べてハマる。
帰国してからも生煎が食べたい・・という欲求の妄想が抑えきれず、自分なりに作ってみました。

小麦粉を酵母で発酵させて皮を作り、作った餡を皮を広げて詰めて、フライパンで焼く。
上海では大きな鉄鍋の上にギッシリ敷き詰めて蒸し焼きにされていたが、家での代用はLODGEのスキレット。
鉄製でガンコに重いスキレットと蓋、みっちり詰めて密閉された空間で焼き小籠包を作るにはピッタリ。
b0089578_16304668.jpg
ふっくら焼けて底も丁度良い焦げ目がつき、香ばしくて大変美味しくいただけたのだ・・・が!
肝心のジューシーな肉汁ブシャーッ!の素であるゼラチン質は入れなかったので、ホワイト餃子のような。

プロから豚皮を煮込んだものを入れればよいとアドバイス受けたけど、いつも行くお肉屋さんに豚皮はなかった。
前に台湾の魯肉飯(ルーローハン)を作りたいと思った時も豚皮だったのよね。
ゼラチン板に鶏ガラスープの素というレシピもあったが、豚足で代用もできるということで次回はそれでチャレンジ。

b0089578_16305321.jpg
・酸辣湯(サンラータン)

酸味と香り豊かな辛味がお馴染みの酸辣湯、豚肉、椎茸、筍などの具に卵を落としてふんわり。
焼き小籠包に肉が使われているのに、生粋の肉好きはスープでさえも肉肉しく。
b0089578_16310469.jpg
・海老マヨ

海老大好き、甲殻類人猿な夫のために何か海老料理を1品作らないと。
この週に海老チリを作っていたので今回は海老マヨ、実は時間がたてこんで焦っていたので簡単なマヨに変更。
でもお酒のアテとしては十分、ワインのお供にマヨがアテ行進を先導します。

b0089578_16311252.jpg
・中華ちまき

焼き小籠包といったら〆炭水化物は中華ちまきだろう!って食べたいのに勝手にリストに入れるやつ。
小籠包も主食となり得るわけだが、家にもち米が余っており、赤飯よりはおこわかちまきだろうな〜と思っていたので。

レシピはオレンジページを参考にしたのだけど、もち米をたっぷりの水に6時間・・はよ作らんと!
中華ちまき用の竹皮がスーパーで見つからず、なんとクッキングペーパーとガムテープで包むというダサい見た目。

b0089578_16312106.jpg
豚バラ煮や干し海老、干し椎茸など入って味がしみたもち米がホックホクのちまき、見た目は悪くてもうま〜〜と自画自賛。
さすがに小籠包やちまきを全食するほどの大食漢ではないので、ちまきは冷凍にして後日食べました。

b0089578_16312943.jpg
今年のバレンタインチョコ

・HUGO & VICTOR(ユーゴ・エ・ヴィクトール)のカルネ・シ・スフェール、パリ発のブランド。
PATISSERIE OFUKUさんの2016年ショコラ。全18種類の新作のうち、5種類入り。
BARBEROのトリュフチョコレート(カカオ)イタリア・ピエモンテ州のブランド。

b0089578_16313838.jpg
ユーゴ・エ・ヴィクトールの半球形のチョコの中にはグレープフルーツ、ライム、アップル、オレンジエピス、キャラメル、プラリネ。
フィリングが口の中でとろ〜んととろけてチョコとフルーツの酸味が交わってそれぞれ濃縮された美味しさ、そしてなかなか甘い。
今現在、販売しているのは伊勢丹新宿店のみですが、婦人画報のオンラインショップでも買えます。

OFUKUさんはカカオハンター小方真弓氏のカカオとのマリアージュ、ライムのような香りのペッパーと合わせたり、
爽やかな香りやジューシーな酸味、そして力強い苦味など1つ1つが個性的で楽しい。

BARBEROのトリュフチョコレートはピエモンテ産ヘーゼルナッツが入ったトリュフチョコレート。
周りにココアパウダーをまとったチョコはナッツが香ばしくてチョコがとろける。
チョコっとつまめて缶が可愛くて個数の割にリーズナブル!

と、3つ贈ったわけですが、私も半分食べるので1箱では足りないのでした。




b0089578_16323349.jpg
ある日の夕食、中華づいているのがわかる、エビチリと肉団子の中華スープ。
昔、母親が甜麺醤を自作していたりとかなりの凝り性だったけど、自分でも自家製調味料を作ってみるのも面白そう。
平日はなかなか暇を見つけられないけど、色々挑戦してみたいと誓うバレンタイン。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-02-20 23:32 | うちごはん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25373623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aloha at 2016-02-23 08:02 x
おっはにょ~ん♪

すごいわ! 主婦力が!
・・・いや、これって すごい愛よね!!!
おうちでこんな本格中華なんて
旦那さま 北陸一番の幸せ者よねー
Commented by かにたま at 2016-02-24 00:39 x
チョコレートも美味しそうだけど…
やっぱり焼き小龍包と魯肉飯、中華ちまきに食いついてしまうま(°◇°)
面倒だけど久々にチャレンジしようかなぁ~
本当はホンモノを食べてからが正解なんだろうけどな(爆)
ちなみに、結構クセあるけどプラントに皮つき豚バラ(米国産)売ってるよ~
Commented by sukatan_queen55 at 2016-02-24 22:45
●アロハちゃん
わーい、クイーン主婦力に褒められて嬉しい。
私が一番食べたかってん!(笑)
でも食べさせたかってん(これ正解)
中華って奥が深いな〜というか、凝りだしたらとまらなさそう。
Commented by sukatan_queen55 at 2016-02-24 22:51
●かにたまさん
魯肉飯はまだチャレンジしてないのよね、前にあれだけ言っておきながら・・・。
東京、焼き小籠包で検索すると上海名物!ってお店が何軒か出てくる。
そっか、東京でも食べれるのね。
小籠包はホワイト餃子に肉汁じゅわ〜になった感じなのだけど、再現するにはやはり豚足買わないとね。
中華ちまきは国際交流イベントで台湾ブースのちまき食べたなぁ〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(額新保):中国旬菜坊 幸... 金沢(上荒屋):金澤さぬき(天... >>