大阪(梅田):はなだこ(たこ焼き)

b0089578_16284339.jpg
立ち飲み→ホルモンときてシメは大抵ラーメンなのですが、ここは大阪、粉もん食べないと帰れません。

この前の大阪で食べにきたぞ!と着いたら通常より早めに閉店してしまっていたので今回リベンジ。

今回はもちょっと早めに駆けつけました、梅田の新梅田食堂街内にあるはなだこ

JR大阪御堂筋改札口から横断歩道を渡ってすぐの角っこ、超〜人通りが激しい場所に大勢の人がたむろしている。

カウンターというには狭すぎるスペースで酒を飲みつつたこ焼きを食べている姿、人の往来が激しかろうが自分の周りだけバリアを纏っているよう。
b0089578_16285001.jpg
・たこせん

ここのタコは生だこを使用しているそうで新鮮さがウリ、たこ焼きの大きさは通常かやや大きめとも言えるサイズ。
パリパリのタコ煎餅にたこ焼き2個とマヨネーズがタラタラかけてあって、豪快にバリバリ。

ん〜煎餅のバリッとして口の中で固まる様とたこ焼きのブチュッと柔らかさが交わって、何とも言えないジャンキーさ。
このオヤツ的な感覚、子供の頃にたこせんが近くで売ってたら100円握りしめて買いにきてたわ、きっと。

子供だけじゃなく大人だってハマるたこせん、きっと口の周りはパリパリカスが付いてるんだろうな、という意識ここにあらず。

b0089578_16290512.jpg
・たこ焼き(6個)

基本のたこ焼きは1個丸ごと頬張ると1口サイズにはやや大きめで、
当然ながら熱々すぎて「はふはふ・・」と不自然に頭を揺らして側から見ると十分挙動不審。

ややトロの出汁の風味もありつつ、ゴロッとしたタコが口の中に転がる。
ソース、マヨネーズ、鰹節の定番のトッピング、そりゃ大阪だものメチャクチャ美味しいたこ焼きは沢山あるだろうけど、
スタンダードに美味しいと思います、特に駅前ですぐありつける場所とあっては。
b0089578_16285685.jpg
・ネギマヨ(6個)

青ネギ文化の象徴のようなネギシャワーに埋め尽くされているたこ焼き、さらにマヨネーズもたっぷり。
シャリシャリとネギの薬味感たっぷりの爽やかさとマヨ、とろっとしたたこ焼きが実に相性が良い。

このてんこ盛りのネギがいいのかな〜辛くもないしコッテリしながら最後に残る清涼感みたいな。
中のタコ自身も生だことあって美味しい、そこも何気に重要です。なんたってたこ焼きだからね。
b0089578_16291503.jpg
夢中でたこ焼きを頬張っていると、耳から耳を抜けるように音楽が聴こえており何も気にせずだったのだが、

エビバテ大阪ッ みんなの大阪ッ🎵

脳内にスタンプされそうな分かりやすいフレーズと旋律が何度も流れて、思わず食べながら同僚と一緒に口ずさむ。

面白いやんか!!この歌!!

と、横に視線を向けると男性がストリートライブやっていた!!商店街の有線BGMかと思ってたのに!!

正確にはエブリバティ大阪〜だけど、どうしてもエビバテに聞こえる、しかし思わず口ずさむポップな旋律。

すでに若い女の子たちが周りを囲んで応援していた輪に私たちも混ざるとなぜか笑いが・・
スーツ姿のおばさん&おじさんがストリートライブの応援になだれ込むのは奇妙?ま、いいじゃない。

この男性は大阪アメ村のたこ焼き系シンガーソングライター「コココ・コニー」
大阪非公認観光PRソング「エブリバティ、大阪」をはじめ・・ってまさにその歌か!
名曲を幾つも生み出し大阪各地でストリートライブを行っている、と。

たこ焼き系シンガーソングライターとはなんぞ?確かにたこ焼き屋の隣でライブをしていたが。
「コココ・コニー」だけに挨拶は「こここ・こんにちは」らしい、芦屋雁之助か。

大阪って面白いなぁ・・自然と発せられた言葉を置き土産に、乗り遅れないよう足早に構内へと向かう。





[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-11-01 10:43 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25033480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大阪(梅田):BALYET(バ... 大阪(京橋):スワン(喫茶店) >>