金沢(主計町):流寓・LUGU・ルグウ(フレンチ懐石)で町屋バー

b0089578_11220758.jpg
10月初旬の週末、浅野川沿いの主計町の流寓/LUGU(ルグウ)でイベントがあるというので参加してきました。
くずし割烹・嗜季の隣(旧嗜季の場所)に町屋の空間を生かした和のテイストを含むフレンチ懐石のお店がスタートしたのは9月初め。

1年間フランスで学び、東京と金沢で経験を積んだ伊藤シェフのお料理がいただけるのは昼夜とも1組限定。
完全予約制で昼5,000円、夜7,000~12,000円でのコース(1組10名まで) 別の紹介ページ

そのLUGU(ルグウ)が気軽に体験できる1日だけのイベント、「町家バー」。
30種類のワインと10種類以上のフレンチ惣菜を浅野川の風を感じながらゆったりと楽しむというもの。

最初バーと聞いていたので食事できるのか不安だったのですが(基本食べ専門なので)、品数は意外と多くて
バーというよりビストロ的な?でワインも揃っていてこれは安心、もちろんちょこ食べでバーとして寛いでもよし。

b0089578_11221490.jpg
二階には既に団体客がいた模様だったので私たちは1階の窓側の席へ。

ワインのセレクトはニュージーランド 2013年物のピノ・ノワール
b0089578_11222202.jpg
・ラタトゥイユ(温玉添え)

具材は細かくカットされてるので一度に色んな味わいがふわっと広がる、温玉を崩しながらよりコクのある味へ。
これ真似しよう!と翌日さっそく細かいカットで煮込んで温玉添えたラタトゥイユ作りました、もちろん味は違いますが。
b0089578_11223038.jpg
・盛り合わせ

キャロットラペ、鶏胸肉とレバーのパテ、マグレ鴨のスモーク、生ハム、豚肩ロースのリエット、
自家製ピクルス、ブランダード(鱈とジャガイモのペースト)、豚舌ハム

自家製シャルュトリーのメニューがたくさんあったので前菜盛り合わせにしてもらう。
シャルキュトリーはどれも美味しく、脇役のピクルスが上品な酸味具合でディルの香りが爽やかっ
b0089578_11223829.jpg
・自家製のパン

シャルキュトリーにもコロッケにもハヤシライスにもパンを食べていた・・何と2回のお代わり。
おかずを食べ、パンを食べ、ワインを飲む・・三角食べか!炭水化物星人の要望により。
b0089578_11224688.jpg
・帆立とキノコのクリームコロッケ

俵型のコロッケの中に帆立とキノコが入って熱々のとろ〜りクリーミー。
b0089578_11225242.jpg
・特製メンチカツ(フォアグラ入り)

メンチカツがフォアグラ入りで更に活を入れられた闘魂メンチカツはコクのあるジューシーさ。
ねっとりマッシュポテトと下にはデミグラスソースの本気モード、旨し。
b0089578_11230056.jpg
・牛すじのハヤシライス

シェフのご実家は洋食屋さんということで、このハヤシライスのルーも脈々と継ぎ足されたソースを使っている。
牛すじはトロトロで旨みと深みがあって、とっても美味しい。
思わず、お代わりしちゃいました・・というか、最初から1人1杯づつ頼んでいればよかった。

この他にも挽き肉のカレー、牛ほほ肉赤ワイン煮、さらにはデザートもあったりして色々楽しめたイベントでした。

で、この日のメニューはこれで終わりではなく、
10月27日に東山/主計町界隈のお店が参加する「満月ワイン」のイベントでも
全く同じものか分かりませんが似たスタイルだと思うので参考にしてもらえたらと思います。

満月ワインには満月パスポートが必要なので詳しくは下のURLにて↓


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-10-23 22:47 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/25010928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(三馬):支那そば屋(三馬... 石川(白山市):キッチンユキ「... >>