金沢(寺町):中国料理 麟(りん)で1人飲み

b0089578_16454347.jpg
華林楼(進和店)から移転オープンして2か月余り、以前と変わらぬ安定の美味しさから寺町での人気店となった中国料理 麟(りん)

しばらく込み合っていると聞いていたので、ちょっとご無沙汰していましたが夫が会合があるというので1人飲みのチャーンス!
初!お1人様の麟・・・あっ1人でランチに来ていたので改め、初!麟で1人飲み。
b0089578_16455161.jpg
・前菜三種盛り(くらげの冷菜、ピータンの冷菜、鴨むね肉のハム)

その日によって違うようですが、私が三種盛りを注文するとピータン好きなので大体このセットが出てきます。
白身部分はあっさりプルッと、黄身はねっとりコクがあって最高~スカタンがピータン食べてハイオク満タン!
b0089578_16455995.jpg
・海鮮と季節野菜の塩味炒め

この後の次の店で「何食べた?」と聞かれ、塩味炒めに納得と頷かれた密かに人気の渋メニュー。
海老、ホタテ、イカなどの海鮮にキノコや蓮根などヤングコーンなどの山の幸。
塩ダレの中にうま味が詰まってて素材の味も伝わってくる、ヤングコーン、レンコンなどはシャキシャキ。
b0089578_16460901.jpg
・蒸しパン

麻婆豆腐を頼んだので挟んで食べようと注文したけど、ちょっと多かったかも・・〆も食べるというのに。
マーボに限らずチャーシューでも炒め物でもなんでも挟んで中華バーガーにできる代物、ふかふか。
b0089578_16461804.jpg
・黒豆入四川麻婆豆腐

普通の麻婆豆腐もありますが、こちらは黒豆を細かくしたものが入ってコクを出した四川麻婆豆腐。
真っ黒な唐辛子とたっぷり山椒が刺激ックス!もちろん人気の麻婆のお味は深みのあるコク旨っ!
ごはんが欲しくなるけど蒸しパンに挟んで食べました。
b0089578_16463719.jpg
・葱とチャーシューのあっさり湯麺

麺メニューでこれだけ華林楼時代から未食だった1品、あっさりの文字で避けていたら、
チャーシューと炒めた葱のせいかあっさりでない何かが生まれる、スープはすっきりしていて極細麺でするする入ります。

今回は次を考えていたのでお酒は控えめ言動も控えめ!?相変わらずおいしゅうございました。
席数が広くなった分、スタッフは増員されたけど料理を作るのは1人なので仕込みから大変だろうと思うけど頑張って!

次のお店は泉野の例のバー、通りを渡って真っ直ぐ進めば着くと言われて、テクテク・・住宅街だけど暗い夜道にちと不安。
まっすぐと言われたのに別の道に出てしまい遠回り、微妙に寒っ!冬は徒歩で向かうのに根性を必要としそう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-10-15 22:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24990136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(香林坊):大北海道展で札... 石川(白山市):肉そばけいすけ... >>