東京(日本橋):うな富(うなぎ)

b0089578_10062551.jpg
私はスーツの使い方が下手な奴でして、普段からジャケットとスカートを別々に活用していれば
もっと着こなしの幅が広がると思うのに、なぜか使用するのは上下セットで出張ばかり。

日本橋界隈はスーツ姿のサラリーマンで溢れていて、自分もこの格好で溶けこんでオシャレとかあまり気にせずともよい制服気分。
お昼は地下鉄半蔵門線の水天宮前駅から徒歩3分ほどのビルの間にある鰻屋さん、うな富

生まれてから小学校3年まで東京在住だったので、多分自宅で鰻は口にしていたとは思うがお店には行ってないだろうなぁ。
小さい頃の記憶などディープインパクトがないとはっきり覚えていないもので、
家族で食べに行った横浜中華街での記憶が、ガラスに鎮座していた食品サンプルの小豚の丸焼きのみという。
幼児の脳裏によほど衝撃があったと思われるビジュアル、しかも小豚がかわいそう!とか気持ち悪い!とかマイナスの記憶ではなく、
いつのまにか憧れの対象になっている、この時から妙な資質があったのだな。

と、全く鰻と関係ない話に飛んでいますが、要するに東京にて鰻屋さんに行く!と意識して来たのはこれが初めてなのだと。
普段は金沢なので関西風、名古屋でのひつまぶしも関西風、浜松では関西風と関東風が混在していて食べたのは関東風だったけど記憶は曖昧、さてさて。

カウンター席とテーブルが2つというこじんまりとした店内なので、平日の早い時間でないとすんなり入店できないのでしょうね、
外には待ち席用の椅子が重ねてありました。
b0089578_10060632.jpg
・鰻肝の串焼き

想像していたよりも大きくて肝がふっくらとして柔らか〜い、
見た目よりタレが濃すぎすほろ苦さとタレの甘さが加わって食べるとコクと旨味が増してきます。
b0089578_10054529.jpg
鰻は全て同じものでg数でお値段が変わってくるそうです。

・うな重の松

うな重、鰻巻き、お新香とかぶと煮、とろろ、お漬物、肝吸い。
重箱のご飯を大盛り(無料)にもできるそうだけど普通にして正解でした、お腹が膨れてきます。
ふっくらふわふわとしたお箸で切ることのできる鰻、なかなか肉厚で脂ものってタレもしっかりからんでいるけど
普段自分が食べ慣れている味よりはあっさりめで柔らかい、関東と関西との違いがくっきりと。
弾力のあって脂のりのりの鰻も好きだけど、ふっくら柔らか上品な鰻もいいですなぁ。
濃いめのタレなんだけどあっさり感じてしまうという。

途中まで食べたところでとろろをかけると良いですよ、と言われたのですが、
少しだけかけてみて、やはり鰻オンリーの方だけしみじみ味わうことに専念、滅多に食べれないので記憶に残すのだ。
本来の鰻の味を楽しみつつ、鰻巻きなどお箸が巡る付け合せも充実しているので満足感がより高まります。

鰻が年々高騰しているので食べれる時に食べておかなければっ!で思い切って行ってよかった。
入店する前と出た後では内面の活力に明らかな差があった鰻パワー・・後日談。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-10-12 19:38 | 東京 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24951027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東京(日本橋):千疋屋総本店(... 東京(新橋):おにやんま(新橋... >>