石川(野々市市):中華そば 響(ひびき)で「浅蜊と煮干しの冷やしそば」

b0089578_13015137.jpg
夏の暑い時こそ熱いものを食べて汗をかくのが体に良いのだろうが、ジム体質にて新陳代謝が活発な私には今はご法度な品。
昼間は特に雪崩のごとく化粧が溶けるので、暑い夏には冷たい麺を食べるロードを突き通します。

これまで何度も行ってるのに、いつも曲がる道を1つ間違ってしまう、中華そば 響(ひびき)

・浅蜊と煮干しの冷やしそば

透き通ったスープを飲むと、アサリの旨味と煮干しの出汁の味2つがハッキリと感じられ見事に整列していて旨し。
ひんやりとしたあっさりとした味わいのあるスープを飲んでるだけでも美味しい、としばらく飲み続け。

トッピングは浅蜊のむき身、メンマ、岩海苔、フライドオニオン、カイワレ、出汁氷が入っているので最後まで冷たい。
つるっとした中くらいの太さの麺はコシもあってするすると口に入ります。

全体的にあっさりだけどカイワレを食べた時のピリッと小さなビンタをくれる刺激とか、
カリッとした食感のフライドオニオンなど飽きさせなくて、爽やかな魚介の魅力たっぷりでしおさいロードを走りたくなりました。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-08-01 17:02 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24753328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(本町):焼肉 かなめ(ふ... 金沢(広岡・金沢駅西口):VI... >>