金沢(片町):レストラン 彩(さい)和食・鉄板焼き

b0089578_15045519.jpg
夏本番といえる時期に突入、この暑苦しい時期に私はほぼ毎朝、朝風呂入ってます。
熱い湯に浸かってあがった後も背中から吹き出る汗、これが結構カロリー消費するのか地道に結果が付いてくる。

7月上旬、日暮れ時も暑さ指数も高まっている中、ぶらぶらと片町まで徒歩で向かったレストラン 彩(さい)
和食と鉄板焼きをメインに旬の食材を活かした会席仕立ての料理が特徴の大人な雰囲気のお店。

ステーキの肉は近江牛の処女牛、天然の魚と有機栽培の野菜など随所に拘りが。
カウンターとお座敷からなる総席数は20席、3つの個室があるので接待やプライベートの食事会にも最適。
b0089578_15274503.jpg
今回はちょっとした用事もあって立ち寄ったのでお任せで少しづつ出してもらいました。もちろんコース料理もあります。

・じゃが芋の冷製スープ
この季節ならではの冷たいスープ、ほんのりした野菜の甘みとさらっとしていながらコクがあって美味しい。
b0089578_15275210.jpg
・八寸
左上から穴子のエスカベッシュ、人参と玉ねぎ、赤ピーマンのマリネ、甘海老昆布〆、胡瓜の浅漬け、鯖の押しずし、枝豆、海老とのど黒の子
甘えびの昆布〆の上にはとろろと雲丹、エスカベッシュの上には鮑のラビゴットソース肝入り、マリネはほんのりカレー風味
いつものごとく最初の1杯は自家製梅酒ソーダ割り・・の後の白ワインにてお酒が進む最初のお料理の数々。
b0089578_15275510.jpg
・お造り:赤西貝、しま海老、鱧、鯵、こち
こちは身がしまっていて歯ごたえがよく、赤西貝はコリコリとした食感で甘みがありました。
b0089578_15280051.jpg
・花ズッキーニの天ぷら
ズッキーニの花の中に鯛の身と雲丹を入れて揚げてあります、サクッとした仕上がりでバジルソースでいただいてイタリアン気分。
b0089578_15280506.jpg
・サラダ!サラダ!サラダ!正式名称は分かりませぬが、そう叫びたいほどのたっぷりなサラダが登場しました。
素揚げしたバジルの下には、ビーツ、うずまきビーツ、オクラ、スナックえんどう、ブロッコリー、ズッキーニ、
コーン、トマト、素麺かぼちゃ、黄色にんじん、青トマト・・とまさに野菜の宝石箱や~~
b0089578_15280865.jpg
・焼き岩魚
淡白な味の風味にまだワインが残っていたが心の中では日本酒がアップしそう。
b0089578_15281284.jpg
・漬物盛り合わせ
水茄子やキュウリなど大量に出てきて今日の野菜摂取はこれで万全。

残念ながらここでストップをかけてしまいましたが、実は本番はここから。
近江牛のステーキや海鮮焼きなど鉄板焼きのメニューがメイン、でもそれまでに創作和食が楽しめるのも魅力の1つ。
お座敷で食事会もいいですが、カウンターでしっぽりと2人でディナーにもお勧めです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-21 22:06 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24698504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(片町):昔ながらの中華そ... 金沢(進和町):上海料理・華林... >>