金沢(東山):ちょう吉(焼き鳥)

b0089578_16430474.jpg
カウンターで焼き鳥を片手にお酒を一杯、私の愛するソウルフードと共に理想的な構図。
私が初めて焼き鳥を食べたのは何時なのか?外食嫌いだった父のため、高校卒まで居酒屋・焼き鳥屋に行った経験なし。

大学時代に覚えた焼き鳥の味はチェーン系、それはそれで美味しかったがそ大人の階段へ押し上げてくれたのが東山のちょう吉
最初の頃は先生などに連れられてメニュー表に値段が明記されてないので当時ビビッていたが、学生でない今は普通に払える身分。

徒歩で気軽に行ける距離でありながら最近はご無沙汰していたな、と久しぶりに訪問。
浅野川大橋そばの派出所の横道を入るとすぐ左手にある焼き鳥屋さん、東山茶屋街はもう一歩裏手です。

カウンターと小上がり、そして奥のお座敷と昭和っぽい落ち着いた内装は全く昔と変わらない。
多少古くなったのかもしれないが清潔さを保っているせいかもしれない、時代の移り変わりをあまり感じない。

息子さんが加わり3人体制になっても焼き場は相変わらずお父さん、お客さんは常連客ややや年配客が多い・・て私も入るかな。
観光地のど真ん中にあるのに地元常連客が多いという、予約をしないとほぼ入れない。

メニューは焼き鳥の他におでん、干し魚の焼き物や1品と色々あるのだが、京都で修業をしてきたという息子さんの影響か
レバーパテ、くんせい盛り合わせ、自家製プリン、賀茂茄子のとろろあんかけなど目新しいものが増えている。

最近はワインに傾倒していたが、ここでは迷わずチューハイを頼みます、夫はビール。
過去にはいいちこのボトルをインしてそのまま放置プレイになったり。

・シロ(たれ)

まずは私の代名詞であるシロ!塩とタレがあるが、夫はタレ派なのでほぼタレに統一されてしまっている。
シロ派としては最初に塩を食べて後からタレという二部構成にしたいのだが・・・心の声。
ほどよくプリ感が残ったシロを噛む噛む噛む・・・思い出と共に旨味が倍増、ザ・シェフの世界。
b0089578_16431141.jpg
・かしわ(たれ)

ここにもタレ原理主義の影響が・・塩とタレで選べるかしわ、大振りなネギと共にタレでもむろん美味しい。
b0089578_16431441.jpg
・豚バラ

こちらは塩、脂の旨みを味わうにはやはりシンプルに塩かな~。
ところで売り切れだったのが「なん骨」、これは豚のなん骨で串ではなくお皿で出てくるのですが、
私が初めて豚のなん骨を食べたのがちょう吉、へーの連発でした。鶏とはまた違ってもうちょっと肉っぽくて旨い。
b0089578_16431960.jpg
・しそ巻き

豚肉に大葉を挟んでくるくる巻いて焼いてある1品、紫蘇のさっぱり感と豚の脂具合がなんともぐーっど!私的なお勧め。
b0089578_16432341.jpg
・うずら

焼き鳥を食べ続けている間にすっと入る重要な脇役、口の中をマイルドにまとめてくれるなくてはならない存在のうずら。
単に私が卵好きだからなのか、焼き鳥屋さんではいつも食べてます。連れがいらないと言えば1人で食べます。
b0089578_16432747.jpg
・トマトのオニオンドレッシング

息子さん作かな?トマトの酸味とオニオンドレッシングでさっぱりといただけました。

b0089578_16433102.jpg
・賀茂茄子のとろろあんかけ

賀茂茄子の上にとろろがのった冷たい1品、出汁がしみて美味しい。
b0089578_16433581.jpg
・手羽先

ボケてますが、みちみちに皮が張って脂がじんわりの手羽先、旨し!!私的、おすすめ。
b0089578_16433943.jpg
・つくね

やや平たい状態の肉肉しいつくね、濃いタレで1つづつ味わい味わい。
b0089578_16434363.jpg
・長芋

久しぶりにお肉以外のメニュー、焼くとサクサクとした歯ごたえの長芋
b0089578_16434913.jpg
・スペシャル巻き

牛肉の中に紫蘇とチーズが入ってる万人向けしそうな1品。
b0089578_16435374.jpg
・茶そば

〆のメニューには茶そば、ごはんセット、おにぎり、焼きおにぎり、お茶漬け、雑炊、ざるうどんと各種あるが
私は夏はだいたい茶そばかざるうどん、王道っすね。
b0089578_16440115.jpg
・焼きおにぎり(こんぶ)

〆パート2は焼きおにぎりと自家製プリン、備長炭で焼かれる牛ステーキや豚足も余裕があれば食べたかったな。
昔からある焼き鳥とおでんや1品に新しいメニューも加わり、相変わらず焼き鳥も美味しくこの店の造りと賑やかだけど落ち着いた雰囲気に和む。
食べ終わりの雰囲気をゴルゴ並みに察知して、お母さんが持ってきてくれるのはうずら卵を割りいれたお吸い物、これ定番。

お店に来ていても焼き場に立つお父さんにいつも話しかけているわけではなかった私、
本日は夫が何やら喋っていたので私もつい「20代前半の頃から来てるよ」と告げると「知ってる!」。

連れは友人だったりその時代の彼氏だったり相手は変わってるけど(こらっ)、自分の歴史の中にしっかり組み込まれているお店。
息子さんもいらっしゃることだしお店も安泰、ばーちゃんになっても元気に焼き鳥食べに通いたい。

最近はランチも始めた様で親子丼が人気とか、私はまだ未訪のまま。
近いけど観光地だし知ってる人もいそうだし、一応化粧していかなくてはーーー・・・が、やや面倒。
しかし、今度その面倒を乗り越えて、そのうち1人様土曜ランチに向かうつもり。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-22 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24695388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(増泉):TRATTORI... 金沢(片町):昔ながらの中華そ... >>