金沢(本多町):旬菜焼 はざま(割烹・小料理)ふくよかな会・6月号

b0089578_16460178.jpg
春になると必ず雑誌でよく見かける夏までに痩せたい女子必見!特集、なのにもう夏がきちゃいましたね。
現在、麺活ループに陥ってるところに月一回のふくよかな会、もう体重なんてどうでもいいのでどこでも行きましょう。
と、夏ならではの焼肉も候補に挙がったが、たまには落ち着いた方向もいいんじゃないかと旬菜焼 はざま

駅前のホテル、ホリディインのフレンチシェフだった経験を活かした創作和食料理が特徴のお店。
3人共未訪だったので勝手分からず電話ではおまかせディナーコース(6,000円)を勧められたので、そちらを予約。

場所が金沢中警察署の横の道を入って裏手の方にあるのだが、表通りなら毎日通っているのに裏道でまさかの迷子。
道の狭間で迷ってしまったはざまだけに!と洒落にもならない到着にシェフも笑い顔・・そして自分は汗。
とっても気さくなシェフなんです、3人でカウンターに横並び。

最初に蓋付きの箱に用意されていた前菜たちは、鴨肉、金時草のおひたし、センナ、押水産のイチジク、
豆腐の味噌漬け、アワビと加賀太きゅうりのジュレ
センナと聞いて山葵苦手な自分は身体ビクッものだったが穏やかな辛味で大丈夫、豆腐の味噌漬けがねっとりと旨い。
b0089578_16460454.jpg
自家製バターとクラッカー、3人(女2人、男1人)の間に2皿置かれたが、どうも女性2人の間の皿が異常に減りが早い。
b0089578_16460841.jpg
ホタテとトマトのグラタン
写真はボケてますが味はしっかり!ソースの酸味と旨みの凝縮具合が美味しく、この辺りがフレンチの実力。
b0089578_16461104.jpg
お造りはしめ鯖、烏賊、鮪と白身魚。
b0089578_16461531.jpg
本日のアルコールは白ワインのボトルにて、お皿はサザエを1時間蒸したもの。
身は柔らかくサザエの風味とまったりとした肝の海の幸の1品。
b0089578_16461856.jpg
まるでお皿を泳いでいるような姿の鮎は生きたまま揚げたとか、周りはバジルソース。
カリッと揚がって独特な清涼感があります。
b0089578_16462266.jpg
毛蟹の茶碗蒸しは地元で水揚げされた毛蟹を使ったもの、蟹身たっぷりと優しい和風だしに蟹味噌の濃厚さがマッチ。
b0089578_16462594.jpg
能登牛のステーキ、ランチで人気のステーキ丼である牛肉の鉄板焼きが夜でもディナーのメイン料理。
柔らかいお肉ともやし、ニンニクチップ、レアな焼き加減のステーキに肉好きメンバーの口元ほころぶ。
b0089578_16462922.jpg
梅干しが入ったお茶漬け
b0089578_16463234.jpg
大葉のシャーベットでお口直し

奥にお座敷もありますがカウンターでのシェフの笑顔と距離感が楽しく、
月一食事会の候補店の話で盛り上がり、和食や寿司、焼肉など色んなジャンルの美味しいお店を教えていただきました。
お昼の評判のステーキ丼も未食なのでこちらもぜひいただきたい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-13 23:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24685395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(粟ヶ崎):丼 OTAFU... 富山(新川原町): Coffe... >>