金沢(進和町):上海料理・華林楼(中華)移転へのカウントダウン

b0089578_16425369.jpg
このブログの右の検索欄から「華林楼」のキーワードを入れると、かなりの記事数が出てくる進和町の華林楼
友人たちと一緒に来たり、独身最後の数日前などを始めとするお1人様飲みなど明らかに夫より来ている回数が多い。

その華林楼が移転します!現在の店舗は7月10日前後に閉店し、7月下旬に寺町3丁目に「麟(りん)」としてオープン予定。
移転の話は随分前から知っていましたが、もう店内に貼り紙されているのでここに書いても大丈夫かと。
というかむしろ宣伝せねばと。寺町という位置ですが新店には駐車場もあります。

移転後も楽しみですがカウントダウンがかかった華林楼に6月上旬の日曜に行ってきました。
私が予約して必ず座るカウンターの左端が指定席、この定位置とももうすぐお別れなのね。

・前菜3種盛り合わせ(蒸し鶏ゴマソース、くらげ、あやめ蕪と茗荷の梅ソース)

ここのくらげはコリコリとしてひだの複雑な食感が抜群な旨さ、蒸し鶏もピーナッツとカリカリ揚げた食感の何か(忘)。
私の基本ガソリンはワインだが、いきなりワインよりまずは梅酒ロックにて喉を潤すことは忘れない。
b0089578_16425745.jpg
・特製ラー油がけ豆腐

黒板にのっていたおつまみ的豆腐、手作りラー油といい仕込み量は半端なさそう。
b0089578_16430111.jpg
・冷やし麻婆

1日限定3つと書かれていたが、お昼で3人出て売り切れで夜の分仕込んで3人分だから昼夜合計6つかな。
冷たい麻婆とは新鮮!冷たくなった麻婆茄子に白ネギと大葉をトッピング。
ひんやりすると余計にコクを感じるかも、ミンチされた肉が中華風ミートソースのようであり紫蘇効果もあってさっぱり旨し!!
これの麺もあるそうですよ、冷やし麻婆麺。
b0089578_16430580.jpg
・大根餅

普通のメニューを普通に頼んで普通に美味しさを味わいながら。
b0089578_16430861.jpg
・海老マヨ

久々に注文した海老マヨ、手作りマヨソースは甘くてバニラのような香りでナッツのサクサク感ともに旨い。
b0089578_16431117.jpg
・黒酢酢豚

普通の酢豚とはイメージが違ってサラッとした餡の酢豚は黒酢で奥深い味。
長芋とヤングコーンや肉の揚げ方など炒め方が絶妙で歯ごたえも大切。
b0089578_16431529.jpg
・スープとろろ冷麺

夏の限定麺であるスープとろろ冷麺、極細麺の上にとろろ、白ネギ、大葉、トマト、キュウリがトッピング。
冷やされることで動物性スープが固まってジュレ状に、麺ととろろを絡めながらジュレもジュレジュレッとすする具合。
上にかかった梅ソースがよりさっぱりとさせて、夏カモン!達夫みたいな感じで個性的で美味しい。

移転することで残念がる人喜ぶ人と反応はさまざまだが、かなり固定客が付いているので新店オープン後にはさらに賑わうことを期待したいです。
もちろん遠くてもバス通いや代行帰りしていた私はぐぐっと近くなるので、もっと行く回数は増える予想図。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-06-30 00:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24621305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(高柳町):六七家(ろくな... 金沢(別所町):PaPaのパン... >>