京都(東山区):アラビカ京都(% ARABICA Kyoto)コーヒー専門店→建仁寺

b0089578_11315703.jpg
ランチを食べた場所から法観寺の八坂の塔(五重塔)を目指して、もう少し道を下ると右側にあるアラビカ京都(% ARABICA Kyoto)
近かったので再訪したアラビカ京都、この店の詳しい説明は前回の記事につらつら書いてあります。

日本人オーナーのコーヒー総合商社の日本初店舗、さすがフラッグシップストアだけあってお洒落さが際立ってますが、
気楽に立ち寄れて飲める雰囲気とやはりスペシャリティーコーヒーの美味しさが人を惹きつけます。
b0089578_11320847.jpg
ラテアート世界チャンピオンであるバリスタさんが淹れてくれるカフェラテはおススメなのですが、この日の京都は暑い。
思わず注文するのはアイスコーヒー、銘柄を聞くとブルンジのマーシャだそう。

爽やかな酸味と鼻を抜けるフルーティーな香り、でもコーヒーの旨みも感じる美味しいコーヒーでした。
ここでラズベリー、ライム、ハイビスカスの様な~ってやると明らかに釣りだが、まだ細かい表現にいたるまでの香りの違いが分からない。

前回は座席ギッシリだったが今回は空いておりゆったり、またこの近辺来たらここに立ち寄ろう。
b0089578_11321247.jpg
道路を渡って祇園方面、この周辺に来るたびに夕方で拝観時間が終わってて入れなかった建仁寺を拝観。
建仁寺と言えば国宝の「風神雷神図」が描かれた屏風が有名ですが、お寺の南側の門にて・・・正門ってここ?
一瞬、裏口入学かと思ったが、調べると勅使門と言うことでここが正面玄関、その先に御所を望む「三門」が見えます。
b0089578_11321714.jpg
本坊に展示されている俵屋宗達筆の風神雷神図屏風、撮影可で写真撮り放題!!と思ったらレプリカ、そりゃそうでしょうね。
それでも細かいところまで高精度に複製された作品に、皆がぶり寄りで撮影してます、この後ろに沢山の撮影隊あり。
本物は京都国立博物館に寄託されており、何年かごとに公開されている。
b0089578_11322262.jpg
拝観料を払って本坊から方丈、法堂へと中で繋がっており、襖絵や双龍図など全て撮影OKという禅寺の太っ腹さ。
デジタル複製されているものだから自由に撮れる、でもお寺の雰囲気はそのままだから観光客にとっては有り難い。
b0089578_11322690.jpg
売店で見つけた風神雷神図の御朱印帳がカッコいい!しかし、まだ自分の御朱印帳あるしなぁ。
実は今回も御朱印帳を忘れてきて、別紙に書いてもらったものを持ち帰りそれを貼ってる御朱印コレクター。
しかし一か所でもお寺を拝観しておくと京都に行ったという満足感が違う。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-07 22:55 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24603231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 京都(中央区・烏丸御池):大極... 京都(東山区):洋食の店 みし... >>