京都(東山区):洋食の店 みしな(洋食)でエビフライとカニクリームコロッケ oishii

b0089578_11122927.jpg
京都でランチする度に着々と洋食の店を制覇、コースでも時間が割とかからないのでお寺を散策する時間も確保できる。
朝食から間をあけずに電車で移動して、目指すは清水寺周辺の二年坂を上った細い路地にある洋食の店 みしな

カウンター10席でランチは予約を取らないということで、どのくらい前から並べばいいか分からないし、
表通りは土産物屋で一杯で人通りも多いし、10席なんて団体が来たらすぐに埋まっちゃいそうだし、と不安要素で頭ふくらむ。

そんなわけで開店12時の30分前から1番のりで店の前に来たものの、次のお客さんが並んだのは10分前でした。
自分が店の外で待っている間に夫がお店に到着、並んでおいてやったぜぇ~とドヤ顔再会。

外にランチメニューが立て掛けてあるので、待っている間に注文決めました。

・スープの単品:アスパラポタージュ、オニオングラタンスープ
・メイン単品(お茶漬け付):カニクリームコロッケとエビフライ、ヒレ肉一口カツレツ(牛肉)、ビーフシチュー、黒毛和牛ヒレ肉照り焼き
・セットメニュー:フライ定食、シチュー定食

セットメニューにはスープ、メインメニュー、お茶漬けが付くということでセットメニューにすることにした。
ちなみにフライ定食:3,700円、シチュー定食は4,850円で洋食としてはやや高めだが、手間暇かけたデミグラソースなどどれも絶品らしいとのこと。

ビーフシチューもかなり気になってシェアしようかと考えたが、ここはフライが美味しいという評判だったので、
カニクリームコロッケとエビフライのフライ定食に決定!何と言っても海老好き甲殻類人猿な夫が海老を外すはずもなく。

カニクリームコロッケとエビフライのフライ定食(3,700円)、と心は1つ!開店と同時にカウンター席が埋まっていく。
b0089578_11123203.jpg
アルコールで梅酒ソーダを注文したら、登場した炭酸水がサントリーのプレミアムソーダ。
山崎の天然水をで作ったプレミアムなソーダ―で割った梅酒ソーダ、これはぁああ!って違い分かる舌持ってませんけど普通に美味しい。
b0089578_11123583.jpg
・アスパラポタージュスープ

口あたり滑らかでクリーミー、濃厚だけど優しい味わいのアスパラポタージュスープ。
大きなお皿で結構量がありました。
b0089578_11123957.jpg
・エビフライとカニクリームコロッケ

エビフライの海老がデカッ!!自家製の衣は細かくて薄くつけられて、カラッと揚がった海老はプリッとした歯ごたえ。
身がギュッと締まっている感じでサクサクで美味!自家製タルタルソースとウスターソース両方の味でいただきました。

極薄な衣なのでちょっと切りにくいけど、カニクリームコロッケのベシャメルソースはとろとろで濃厚なカニの味が口に広がっていく。
トマトベースのソースが添えられていてマイルドなのでカニの風味を感じますね、でもウスターでも旨し!な私は濃い味同盟。
b0089578_11124256.jpg
・自家製タルタル

どちらかというとマヨが多めのタルタルだけどもソースよりもタルタルの方が海老フライは断然旨し。
b0089578_11124674.jpg
・お茶漬け

メインを食べている途中からお茶漬けが出てくるので、ごはんを食べながらフライを交互に食べる。
添えられている副菜は、ちりめん山椒、茎ワカメ、漬物4種。
ごはんはお代わり無料で、二杯目はちりめん山椒や他のトッピングをかけてお茶をかけてお茶漬けにして食べました。

素材の良さがよく出ていた海老フライ、帰宅してからももう一度食べたいなぁ~と海老スキーが申しております。
自宅じゃちまっとした海老で普通の衣でしか揚げてないからね、確かに存在感のあるエビフライで幸せ感がいっぱいになりました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-06 23:59 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24603183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 京都(東山区):アラビカ京都(... 京都(中央区・烏丸御池):ル・... >>