金沢(尾山町):ワタナベヤ!(WATANABEYA)パン oishii

b0089578_16184605.jpg
独身時代と言うより親と暮らしていた頃は、夜ごはんは殆どがご飯に味噌汁の定食セットでアルコールなし!という純日本風な食卓。
現在は夜に米あり、パスタあり、パンあり、アルコール必須の自由満載ミドルエージ、とまぁ随分と変わったもんだ。

土曜お昼の家業手伝いを終えた後、ランチ分と夜に食べるパンを買いに平日はなかなか寄れないワタナベヤ!(WATANABEYA)
この裏手界隈の隠れ家的なバーにて時々私が潜んでいることはあるが、昼間訪れるのは珍しい。

尾山神社を真正面に見据えて左側の奥の方に視線を向けると、鮮やかなオレンジ色のお店が目に入ります。
ハード系やお菓子もありますが、目立っているのはスイーツなものからおかず系など変わり種も揃った蒸しパン。
小さなオモチャ箱のように可愛らしさがキュッと凝縮されたようなパン屋さん、ガラス越しに見えるパンたちをテイクアウト。
b0089578_16185267.jpg
(左から)
・ハムたまごサラダ:細かく刻んだ玉子の味付けとハムがまさにサンドウィッチの蒸しパンバージョン。
・豚まん風蒸しパン:中に豚の挽き肉など肉まんとほぼ似た味付けの塊がありボリューム満点なおかず蒸しパン。
・キコリの蒸しパン:沖縄波照間産の黒砂糖を使った黒糖蒸しパン、上にはローストしたクルミとイチジク、レーズン。
          ほんのりやさしいパン生地にきび砂糖を練り込んだクリームチーズが入ってる。
・オレンジチョコ:周りにオレンジピールと中にとろりとした濃厚チョコが入ってます。

蒸しパンって軽くてふわっとした食感しかイメージがないのだが、ここの蒸しパンはモチモチ。
b0089578_16183172.jpg
・コンカイワシ:イワシの糠漬けであるこんかいわしを練り込んだフランスパン。
        じわじわっとしおしおぶりが感じられて小ぶりなところもおつまみにちょうど良い。
・イカとチーズのチャパタ:もっちりしたチャパタの中にイカの塩辛とチーズが練り込んであるというオヤジオサレ系。
             これが塩辛の深みがあるコクとチーズが相性良しで旨し!いや~これはハマる。
・カンパーニュ(小):2種類の自家製酵母でフランス産小麦を使ったハード系
・チャパタ:生地がモチモチしてて水分量も高め、ここのチャパタ美味しいです。

蒸しパンやデニッシュ系など季節と共にパンが変わってくるのが飽きさせないところ。
特に蒸しパンは趣向が凝っていて1つ1つ個性があって美味しい、おかずにもスイーツにもなるところがいいですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-06-30 23:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24576449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 石川(白山市):珈琲自家焙煎 ... 金沢(高柳町):六七家(ろくな... >>