東京(八重洲):立ち飲み処 呑うてんき(立ち飲み居酒屋)

b0089578_14371340.jpg
ちょうど桜の開花時期に出張だったので、今頃主な桜の名所は夜桜見物の人らで賑わっているだろうなと思いをはせる茅場町。
でも、この茅場町のある通りから東京駅八重洲北口に向かうまでは、「さくら通り」と呼ばれる桜並木が続いている。

オフィス街を桜がトンネルの様に囲んで商店街の明かりに照らされて夜桜が綺麗、こんな思わぬところに名所が。
そのまま吸い込まれるように東京駅は八重洲口近くの立ち飲み処 呑うてんき
と言うか八重洲口近辺まで移動した記憶がプッツリ切れているので、まるでここまで一瞬でワープしてきた様。
b0089578_11000512.jpg
店内はカウンターと長方形型の立ち飲みテーブルが4、5つほど並んで、見ての通りお仕事帰りの方々でほぼ満席!
天井からいくつもの提灯と壁に沿って光っているカラフルなイルミネーションがお祭り気分。
あますところなく壁のあちこちに貼られたメニューなど、このごちゃっとした感が大衆立ち飲み酒場の雰囲気を醸し出しています。
b0089578_14372055.jpg
お皿の後ろにある銀のボールにお金を入れておくキャッシュオンデリバリー方式で、この店はご法度4箇条があり、
1:人に迷惑かけるべからず、2:席は譲り合って立つべし、3:お代わり焼酎は2回まで(ホッピーの?)、4:立ち飲み時間は2時間まで
八重洲口の混みあっている場所らしいので2時間制限なのだとか、まぁハシゴする身としては立ち飲みで2時間は多いくらいかな。

こちらのハムカツ、「ハムカツが美味しいお店」としてタモリ倶楽部に紹介されたことがあるそうです。
薄くはなくほどほど厚いハムカツ、これくらいが丁度良いのかな、サクッと揚がっていました。
b0089578_14372444.jpg
メニューはちょろっとつまむ程度の一品料理や焼き物などが沢山あって、缶詰類やカップラーメン、ポップコーンまであるという駄菓子屋さんの様な楽しさ。
新潟県は栃尾の油揚げ、葱と削り節とおろし生姜と・・・ふつーに美味しいです!
b0089578_14372754.jpg
揚げのミックス(メンチ、アジフライ、カレーコロッケ)

八重洲のアベノミクスと呼ばれる揚げのミックス、揚げたてサクサクに敵うものはなし。
3軒目だから殆ど食べられないはずなのに、揚げ物ばかりというスーパーストロングストマックを持つ面々。

そうこうしている内にここに連れてきてくれたプリさん終電大丈夫!?と一瞬の内に正気に戻る。
呑み助オヤジたちの聖地をいつも案内してくれてありがとうございます。
今回は3次会でしたが、17時オープンなので宴会前のはやる心を抑えられない0次会にも使えそうです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-06-01 23:21 | 東京 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24497258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京(清州白河):Blue B... 東京(茅場町):カミヤ 茅場町... >>