富山(富山駅・桜町):ラーメン一心(いっしん)で黄金 煮玉子ラーメン

b0089578_15070904.jpg
飲み会の最後はラーメンで〆る、何でもないような言葉の呪文にきっと私たちは魂の落胤を押されてる。
電車で来たのなら駅に最寄のお店が一番楽、そんな要望にドンピシャリなお店がラーメン一心(いっしん)

手造り醤油「北陸」を使った基本の醤油ラーメン、煮干し100%で取ったスープの煮干しラーメンが二大看板。
自家製麺と化学調味料を使わない無化学調味料が特徴、飲みの〆はこんなやさしいラーメンを欲する。

富山駅南口からマリエとやま沿いに大通りを歩き、富山地鉄ビル駐車場を左折するとお店があります。
b0089578_15071344.jpg
黒豆の枝豆、特製黄金玉子焼き、さらに無料の付け合せキャベキムチをおつまみに、またもや飲み。
正確に言うと飲んでいるのは私だけ、今夜の飲みに未練なく終われるよう、また来たい気持ちに後ろ髪引かれ隊。
b0089578_15071640.jpg
今だけ限定:黄金玉子のばくだんめし300円→150円

お値段以上ごはんに思わず反応したが、注文したラーメンと今までのお店のことを考えると完全に玉子摂取量オーバー。
化学肥料や抗生物質等を使用せずに育った鶏の卵を2日間、独自のタレに漬けこんだ黄金玉子。
ごはんと黄金玉子、ネギ、海苔がのったばくだんめし、混ぜて玉子のとろみ加減とタレの染みた白身部分を味わいながらラーメンを待つ。
b0089578_15072096.jpg
・黄金煮玉子ラーメン

今までほぼ経験値は浅めと言わざるを得ないいわゆる富山ブラック、大喜とかチェーン店とか後記憶にないお店とか。
そのつどしょっぱいと思うこともあったのだが、こちらのスープは醤油の味が前面に出ているものの塩辛くはない。
もちろん醤油の味は濃厚なんだけどまろやかというか、あっさりかと言うとそうでもなく変な後味が残らない。

でもこの醤油の濃さは金沢にはない味、ちょっと押しの強い異性みたいな(なんじゃそりゃ)。
麺は中太のちぢれ麺、玉子は食べ過ぎ感いっぱいですがトロンとしてて、飲み会の〆にペロリと美味しくいただきました。

帰りは新幹線ではなく普通列車、ガタゴト揺れる振動が眠気を誘いながら金沢まで。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-20 06:10 | 富山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24475585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(柿木畠):鉄板酒房 ha... 富山(新富町):一(はじめ)立... >>