金沢(本町):串揚げ いやさか(金沢・六枚店)

b0089578_13470570.jpg
新幹線効果なのか最近の金沢駅周辺は混みあっている模様、とは言っても東ばかりではなく西から訪問される方も多いらしい。
関西方面、大阪出張や旅行にて思いをはせるは、串カツ・立ち飲みのぶらりちょい飲み。

2度漬け禁止の定番ご法度ルールをひっさげて、3月23日に六枚町交差点近くにオープンした串揚げ いやさか(金沢 六枚店)
3月のレセプションで美味しくも有り難い恩恵をいただいた後の4月中旬、オープンしてからの初訪問。

長~いコの字型のカウンターには仕事帰りと思われるスーツ姿のお客さんがチラホラ、テーブル席では団体客が盛り上がっている。
カウンターには串揚げをつまみながら1日の終わりに労をねぎらう中年男性、これよこれ。

串は100円から色々揃っており、魚介など物によっては150円、200円、300円もあるが価格は対してリーズナブル。
瓶ビールの中瓶380円と乾杯価格もうれしい魅力な、仕事帰りにちょいと立ち寄りたい気軽な串揚げ屋さんなのだ。

目の前で揚げたてライブ感を味わいながら、レモンチューハイと食べ放題なキャベツ、クリーミーなポテトサラダにて今宵も乾杯。
b0089578_13470818.jpg
玉ねぎ、蓮根、チーズ、たまご、能登ブリ南蛮漬け

衣が細かくカラッと揚がっている串揚げはどれもサクサク、蓮根は揚げ物だとモチっとした食感がお気に入り。
前回も食べたけど、うずらではない普通のたまごが迫力満点、食べてる途中にキャベツでソースをすくって補充します。
レセプションではなかった1品料理もボードにあがっており、鰤南蛮漬けの酸味が脂ものとバランス好対照。
b0089578_13471247.jpg
後から追加されたのが、紅生姜

紅生姜の串と言えば大阪名物の1つ、薄切りになった紅生姜が重なって揚げられている。
サクサクとあの紅生姜の爽やかな香りと味が口の中で広がって美味しい。
b0089578_13471585.jpg
海老、いわし、豚つくね、がりささみ

前回で気に入りリピーターなのは豚つくね、海老。
大葉が練り込まれている豚つくねはふわっとして、海老はプリッとしてホクホク!これ旨い。
いわしなどのお魚系も登場していました。
b0089578_13471809.jpg
豚カツ、たこ、ブロッコリー、赤ウインナー

外観だけじゃ何がなんだか分からない状態だけども、海老もこっそりまた注文している。
豚カツがかなり大きめで食べごたえたあり、ブロッコリーもそのままの房がついていて中がホクッと。
今回は普通の串カツ(牛・3本セット300円)食べなかったけど、そちらも主役なのでおススメです。
b0089578_13472473.jpg
お茶漬け
昆布の佃煮と梅干しが入ったさっぱり系お茶漬けで注文の最終列車の鐘が鳴る。
b0089578_13473380.jpg
羊羹

最後のデザートは松葉屋さんの「月よみ山路」を使った栗蒸し羊羹の串揚げ、ソースに漬けずにそのままいただきます。
甘くねっとりとした羊羹の中からホクホクとした熱い栗、串揚げと羊羹の組み合わせが意外と合う。

宴会で食べてもふらりと立ち寄るスタンスでも思いのままな気楽なスタイル、
平日の仕事の疲れも癒されるいやさかで今夜も美味しくいただきました、ごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-11 06:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24449699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(香林坊):ゴロゼット/G... 金沢(元町):BACARO(バ... >>