東京(浅草):どぜう飯田屋(どじょう・うなぎ)

b0089578_16064431.jpg
帰宅日はあちこち巡らずにゆっくりお座敷でランチを過ごすために選んだのは、東京の名物料理の1つである「どじょう鍋」。
元々江戸の庶民の味として親しまれてきたどじょう鍋、どじょうは1匹でウナギ1匹分の栄養価があるとても滋養強壮である食べ物。

東京下町でどぜう鍋を食べるなら老舗人気店など数軒ありますが、今回は明治36年創業のどぜう飯田屋
前日はうなぎで翌日はどじょう、これだけスタミナをつければきっと旅行疲れも感じさせないはず。
b0089578_16064826.jpg
1階は掘りごたつ席とテーブルが置かれた平座敷に分かれており、2階は入れ込みの大広間と個室あり。
長いテーブルの上にはどぜう鍋に使うガスコンロ、火加減はお客にお任せ自分次第。
b0089578_16065380.jpg
・どぜう鍋(丸)

どじょうの姿そのまま骨ごと食べるタイプですが予め煮てあるので柔らかい丸鍋、見た目にもどぜうインパクト。
厳選した天然のどじょうのみを使用しており、どぜうと秘伝の割り下が一緒になった浅鍋が運ばれてくる。
b0089578_16065770.jpg
刻んだネギをたっぷりかけてグツグツいってきたらネギと一緒にいただきます。
どじょうは唐揚げの時よりも苦みは感じず、身はとろんと口の中でほどけるほど柔らかいが骨の質感は結構感じる。
ネギといただくとさっぱりして甘辛い味付けだけどあっさりした割り下とよく合います。
b0089578_16070173.jpg
・どぜう鍋(ほねぬき)

どじょうの頭を落として開いて骨を抜いてあるのが「ほねぬき」、どじょうの姿そのままや骨の食感が苦手な人におすすめ。
私たちは比べるためにどぜう鍋をまるとぬき1つづつ注文。
b0089578_16070520.jpg
ここでもたっぷりネギを入れてもらう、まるは柔らかだったがぬきは程よい固さが残っていた気がする。
好みで「浅草やげんぼり」の七味や山椒をプラス。
b0089578_16071177.jpg
・どぜう唐揚げ

金沢の居酒屋さんでもちょくちょくメニューにあるのでどぜう唐揚げは見慣れた光景。
このカリッと揚がってほろっと苦みを感じる味がクセになります。
唐揚げもそうだけど、この下の牛蒡の細切り唐揚げがまんでうまい!
b0089578_16071482.jpg
・どぜう蒲焼き

見た目には鰻蒲焼きのミニ版、タレは鰻蒲焼きと同じですがもちろんこちらの方があっさりで泥臭さも全く感じず。
金沢もどじょうを開いて串に刺した蒲焼きが名物なので、多少なりともどじょう慣れしている県民では。
コリコリして割と固めな金沢のどじょう蒲焼き串と比べるとこちらはややふっくら。
b0089578_16071960.jpg
・柳川鍋

牛蒡のささがきと背開きしたどじょうを卵とじにした柳川鍋。
甘辛い味付けと卵の相性はまさに親子丼などに通じる味、これだけでもいいおつまみだがごはんが欲しくなる。
b0089578_16072362.jpg
・本まぐろ刺身

お江戸にいるとまぐろを頼みたくなる?どじょうづくしなので箸休め的な。
b0089578_16072742.jpg
牛蒡のささがきとネギをプラスして鍋リターン!この熟女たちはよく食べるのぅ。
b0089578_16074495.jpg
・どぜう丼

鰻蒲焼きのミニチュアのような小さなどぜうの蒲焼きがなんとも可愛らしくずらりとご飯の上に整列!
うなぎと比べるともちろん淡白だし薄いしあっさりしてるけどこれはこれで美味しいどじょうの味、濃いめのタレがご飯と合う。

b0089578_16073473.jpg
・舞子丼

こちらは開いたどじょうを卵でとじをご飯の上に、さっきの柳川鍋をごはんにのせたい!の希望を叶えるメニュー。
やっぱり玉子を追加することで味が豊かになってより食べ応えが出てくる。
b0089578_16073891.jpg
・親子丼

ここまできて最後に親子丼か!?と思われそうだが、人気と書かれていたので・・どじょうメニューも尽きてきたし。
特に変わった見た目ではない普通の親子丼ですが、ふわっとした玉子にとじられた出汁がいいのか美味しいです!
たくさん食べているようでも4人で分けているので全部足しても1人前の丼には達しないという。←言い訳
b0089578_16073050.jpg
・どぜう汁

またまた玉子たっぷりなどぜう汁はなかなか濃いめの味付けで、さらなるご飯を追加したくなる。
まさにランチメニューのどじょう汁定食は、どじょう汁とごはんのシンプルメニュー。
ご飯にお汁をぶっかけて食べるのが江戸っ子の粋な食べ方だとか、漢らしい。
b0089578_16074844.jpg
大広間でお酒をいただきながらどじょうに舌鼓、私たちは骨抜きにしなくても気にならなかった丸鍋。
甘辛い割り下にほろほろと柔らかく臭みもないどじょうをネギと牛蒡で食べる初体験、かなり気に入りました。
開店と同時に入店してゆっくり食べて午後もいい時間帯に、帰りの新幹線の時刻を忘れそう〜なランチでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-04-30 22:32 | 東京 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24398785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東京(丸の内):Brasser... 東京(浅草):大勝(居酒屋)ホ... >>