石川(加賀笠間):ナンチャンラーメンで「冷やし中華、五目ラーメン、チャンポンメン、味噌ラーメン)

b0089578_16402087.jpg
家で食べる夏の麺と言えば素麺ばかりなのですが、そういえば冷やし中華作っていないなとポコッと頭に浮かぶ。
浮かんだ時が食べたい時、冷やし中華始めましたで日本の夏を実感する為に白山市のナンチャンラーメン

職場から近いのでたびたび出没しているのですが、12時ジャストに向かわないとお昼時はいつも混んでいます。
ラーメン、チャーハン、丼物など昔ながらの中華食堂ながら、根強いコアなファンを持つお店。

・冷やし中華

ラーメン冷やし中華ののりでガッツリ盛られたメンマ、チャーシュー、もやし、薄焼き玉子、きゅうり、紅しょうが、のり。
いつもの麺に冷たく酸味のあるタレはまさに冷やし中華、通り過ぎてしまいそうなほのぼの感が夏を誘う。
はっきり言って周りは熱い麺ばかり食べてる人ばかりなので希少な存在だが、夏の間はなるべく冷たい麺ロードが続きます。
b0089578_14560025.jpg
・五目ラーメン

ここからは夏前の画像をまとめてアップ(冬のもあり)
野菜がたっぷりの五目ラーメンはキャベツ、もやし、人参、きくらげ、うずら、豚肉etc....
醤油ベースのスープは最初の1口目はやや塩分高めに感じるけど、野菜の旨みがじょじょに浸透して
食べている間にまろやかになっていきます。なつかしめ加水率多めの中細麺はなかなかコシしっかりしてますよ。
ここは基本的に熱々!で出てくるので冬はホッとするけど、夏は汗かきまくりです。
b0089578_15133896.jpg
・チャンポンメン

この店で最高に熱いと言えばこのチャンポンメン、熱々のあんかけで中々冷めないどころか、
油断すると火傷するぜ!なキメセリフを吐きたくなるほど熱い。
こちらもキャベツ、人参、豚肉、タケノコ、もやし・・と五目に似たような具材があんかけになっています。
そのあんかけの分、量的にも中々で汗かきまくりでお腹がパンパンになりますよ。
b0089578_13550155.jpg
・味噌ラーメン

一部のラヲタから熱烈な支持を受けているのがこの味噌ラーメン。
見た目はやはり具材は五目にて人参、きくらげ、白菜、豚肉、キャベツ、もやしなど炒めた野菜たっぷり。
味噌はブレンドしてるんでしょうね、強くも弱くもないけど炒めた野菜の旨みがじわじわ攻めてきて、
近代的なラーメンにはない渋い味わいなスープになっていきます。

そして作り手(親父さん、息子さん)が違うと中身は同じなのか分からないけど(自分は昼だけに行く)、
この野菜の下に大きめなステルスチャーシューが2枚入っていました。
野菜に守られたチャーシューを発見した時は嬉しいもの、冬の寒い心にほっこりきます。
えぇ・・私は化粧が溶けるので夏は熱いのは遠慮してますが、皆さんは汗かいてよろしく哀愁!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-08-10 22:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24337764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(金沢駅東口):Stand... 金沢(寺町):中国料理 麟(R... >>