金沢(入江):房's キッチン(洋食・カレー)

b0089578_09395732.jpg
久々にリアルタイム記事、右肩に違和感を覚えつつ街中を運転しながらの外仕事中、唯一の楽しみはパワーの源ランチタイム。
今回はどうしても洋食魂がうずいてしょうがなかったので、お店指定にて洋食の房'sキッチン

1度行ったが次に行く時に迷ったなど、大通りに面していないので意外と穴場的な存在に位置しているのかもしれない。
一番分かりやすいのは新神田交差点から金沢駅方向へ進み、はなまるうどんの丁度裏手にお店がある、というのでよろしいか。

お店のfacebookページには白山市(松任)のキッチンユキで長年シェフを務めたのち、6年ほど前にお店をオープン。
金沢カレーと呼ばれる前から存在する洋食屋のカレーを50年間作り続けているという、地元のカレーや洋食の歴史をしょって立つお店。
そしてHPを見ると保古にある居酒屋さん厨彩yumejiさん経営者さんのご両親なのですね。

ブログを始める以前というか若い頃からキッチンユキには通っていたので、あの時食べていたあの場所に一緒にいてこの数々のメニューはこのマスターが作りだしていたんだなと思うとなかなか感慨深い。

店内は厨房側と窓側にカウンターがありお1人様も楽々、後は4人がけのテーブルが2つあるが奥にも部屋が見える。
b0089578_09400048.jpg
・ハーフ&ハーフ(メンチカツ)+たまご野菜

この金属の器が懐かしい~この皿を買い求めに東京・合羽橋商店街に走ったものだった←お家にありまする
あれもこれもと欲張りな私らしい贅沢メニュー、ワカメ入りのお味噌汁がついていました。

ハーフ&ハーフの中身はカレーライスとナポリタン、その間にはキャベツと福神漬け
デフォで選べるトッピングのメンチカツは肉汁ジュワッと柔らかくもちろん揚げたて、メンチはユキにもなかったな。

カレーはユキよりも脂っぽくない感じかな?複雑なスパイスの香りが漂う昔ながらのカレー。
その上にやや半熟のたまご野菜をトッピングして一緒にいただくのがマイ定番、旨くないはずがない。。LOVE。

ちなみにカレーのテキサスだと野菜玉子だが、キッチンユキやこの店は玉子野菜、どうでもいいことだが。。
b0089578_09400309.jpg
・ハンバーグカレー(トッピング:たまご野菜)

友人が食べていたのがこちら。
偶然友人が移動中にてランチをここですることを伝えるとお店に来てくれた、同テーブルへどうぞ~。
カレーライスにハンバーグ、トッピング玉子野菜のビジュアルが懐かしすぎ、私はトンカツにしてよく食べてたな~。

旧職場のテニス部にて1日練習した後に、キッチンユキに連れてきてもらってウハウハ食べていたカレー。
20代前半の私などまだチャイルドです、食欲は男並みだったが。
b0089578_09400720.jpg
・カレーライス

上司が食べていた品、なんですか?この食堂の入り口の見本のような写真は・・普通にうまそうじゃないか!
カレーを鼻孔から味わいつつシンプルに味わうのだ!と言っていたとかいないとか。。
b0089578_09401021.jpg
・焼きめし

と思っていたら次のお皿が・・・そう上司は2皿注文していたのです。
はっ・・・これはハーフ&ハーフではなくフル&フル!!

キッチンユキのベーキ(焼き飯)はジャーに作り置きだが、こちらの方が作りたてで美味しいかな。
味見のため横からスプーンで横取り、街の中華の焼き飯とは違いますね、洋食屋の焼きめし。

私はキッチンユキも好きですが、ここはもっと脂っぽくなくカレーもスパイシーで奥深い。
カレー、焼き飯、イタリアン、たまご野菜スパと食べ方の組み合わせが無限大に広がる、次に何食べようか楽しみ♪



[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-03-12 22:40 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24237336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(本多町):酒屋彌三郎(さ... 金沢(松村):ナンチャンラーメ... >>