金沢(間明):AZAAN/アザーン(パキスタン・インド料理)でランチセット

b0089578_11341422.jpg
肌寒い感覚も徐々に薄れつつあり毎日の着替えも楽になってきましたね、そろそろ衣替えと鬼のクリーニング地獄。
春先のパンプスも履き始めたいが、未だ冬のブーツ類がイメルダ夫人の靴コレクション状態になっている玄関模様。

玄関は寒いし平日は時間がないしで、靴磨きと片づけは休日になったらするんだ・・とプレッシャーを与えて
このゴチャゴチャぶりを納得させようとしています。

記事はまだ2月、3月の北陸新幹線開通に向けて東京トリップを計画していた女子4人、私は半休。
東京計画の為の密談会議をするために選んだ場所は、間明町にあるパキスタン&インド料理のAZAAN(アザーン)

2014年11月30日にオープン、野田専光寺線を海方面へ、間明一丁目の交差点を過ぎてすぐ右に見える建物。
インド&パキスタン料理以外の何物でもない看板が目印、飲食店が多く人の目を引くアプローチ合戦なこの道ならではのご愛嬌。

この店はハラール完全対応レストランだそうで、イスラム律法にのっとった処理をされた肉や許された食べ物を扱っています。
留学生や観光客の他にビジネスで滞在するイスラム圏の方たちもいるわけだし、対応しているお店があるのは便利ですね。

世俗的な現代の日本文化の中での保守的なハラル対応店を探すのはなかなか大変だと思います、早速知り合いがイスラム圏の方々を連れていってるのを知りました。
イスラムじゃないけど職場にインド人ビジネスマンが訪問した時など、ランチや夕食はどこで食べるのだろう、やはりインド料理?と気になったもんです。

b0089578_11341830.jpg
前店舗は韓国料理店だったらしく、お店と住宅を合体させた様な外観にアザーンならぬアゼーン、だがまたこれもよし。
席数は68席とかなり広く、4人テーブル6席、8人テーブル4席、4人座敷3席、窓際の床張りエリアのテーブル席に陣を取る。

なかなかハイテンションなパキスタン人のオーナーがメニュー表を持ってきてくれました。
オーナーはパキスタン人の旦那さまと日本人の奥様、そして厨房にはインド人のコックさんがおられるようです。

奥様の腕の中には可愛らしい赤ちゃん、奥様もとっても明るい方でこちらが話しかけると会話交換がポンポン続いて楽しい。
と思ったら、料理を運んでこられた旦那さまが交代で会話に参加、エンドレストーキングになりそうなポジティブ空間。

(平日のランチ)
・Aランチ:1,000円
本日のカレー3種(チキン、野菜、豆)、本日のスープ、ミニサラダ、ジーラライス、ナン(お代わり1枚)
・Bランチ:850円
本日のカレー2種(チキンor野菜or豆)、本日のスープ、ミニサラダ、ジーラライス、ナン
・Cランチ:690円
本日のカレー1種(チキンor野菜or豆)、本日のスープ、ミニサラダ、ジーラライス、ナン
・お子様セット:500円
チキンカリー、ナン、ライス、ミニサラダ、ジュース
食後のドリンクはソフトドリンク+100円、コーヒー&チャイ+200円、ラッシー+300円

横に育ち盛りなので迷わず全員Aランチ。
b0089578_11342146.jpg
鶏白?のようなお出汁がたっぷりでたスープ、浮かんだ香草の香りと共になかなかおいしうまし。
b0089578_11342500.jpg
・ランチセットのプレート

カレーやライスの器はそれぞれやや小ぶり、ダールカレーは辛さは控えめながらそこはかとなくスパイシーなかほり。
野菜はジャガイモのカレーでこれも食べやすい辛さ、濃厚さでは1番はやはりチキンか。
ジーラライスはクミンライスにて塩気とクミンの香りがしてややパラっと、ミニサラダにはカレーソースがかかってました。
b0089578_11342857.jpg
・ナン

丸いタイプのナン、これなら2枚はいけそうかな(Aセットはナン1枚お代わりOK)
熱々でアツッ!て叫びながらちぎり食べる、カレーにつけずにそのままでもほんのり甘み。
b0089578_11343146.jpg
こちらは単品
・シークケバブ:1本790円、2本1390円

マトンとチキンのミックスのシークケバブ、これはなかなかスパイシーな辛味が強い。
2本を4人で分け分け丁度よい量、だけどもマトン好きな人が少なく私が多めに摂取。
b0089578_11343491.jpg
こちらも単品
・ベジタブルパコラ:450円

こ、これはメニュー写真よりも豪快で量が多くて、いい意味で随分違ってて笑ってしまった。
ひよこ豆の粉にスパイスを混ぜた衣で揚げたパコラは周りがサクサク、ふわっと漂うスパイシー感が揚げたてはたまらぬ。
見た目じゃ分からないけど玉ねぎが大部分だったような。
b0089578_11343805.jpg
こちらも単品
・エッグ・ブジヤ:390円

カレー風味の玉子と野菜の炒め物、一瞬、不二家と読んでしまった、ペコちゃんか。
インドの家庭料理だそうで、味は玉子と玉ねぎなどにカレー味混ざってマイルドな味付け、食べやすく辛いのが苦手な方にも。
b0089578_11344651.jpg
後から+のチャイ

ランチセットのカレーはなりふり構わない現地仕様のスパイシーさというよりも日本人にも食べやすい辛さ。
富山県のカシミールにいたと言ってました、サクラーンさんもお知り合いだそうで、あの辺のコミュニティの人なのか。
単品メニューであるマトンカレーは私好みの汁少ないどろん系カレーなのかな?と期待。

玄関前のテーブルにはイベントなどのフライヤーが沢山、文化交流やヨガなど積極的にされているようです。
スタッフのポジティブパワーに惹きよせられる、夜に団体で来てあれこれ食べたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-03-17 22:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24222016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(寺中町):らーめん松田屋... 金沢(新保本町):PIT 21... >>