石川(野々市市):ムサク(ベトナム料理)

b0089578_14043776.jpg
季節の移り変わりと共に記事もどんどん進んでいますが、肝心の年末~お正月の部分抜けてます。
実は、ベトナムはホーチミンに旅行してきたんです、その画像のまとめをそろそろ集計しないと忘れてしまう。

帰国してからも持ち帰ったベトナム調味料などで、時々ベトナミーな食卓を再現している私。
幸いにもお店にパクチーも売っているし・・しかし、それだけでは済まないベトナム発作。

石川県だとベトナム料理を味わえるお店は超少ない、近所にあればいいのにといつも思う野々市市のベトナム料理のムサク
ここのご主人は誰かに似ているのだが、何故か喉の奥から名前が出てこないデジャヴッ
他の店員さんはベトナム人の留学生の人たちかな?前来た時も現地の方々が働いておりました。
b0089578_14044194.jpg
・チャゾートム(2本入り)

隣の甲殻類人猿が確か海老で美味しいメニューがあったはず・・と仮想触覚を出し嗅覚を発揮してご指名したのがこちら。
海老を豚肉と海老のすり身で包み、さらに網状の米生地で巻いた揚げ春巻き。
周りの生地がパリパリとした食感で海老とすり身の旨みが口の中に、海老好きにはたまらない手の込んだ1品です。

b0089578_14045165.jpg
・バインセオ

あぁ・・やっと会えたね、大好きでホーチミンではバインセオ専門店にタクシーを飛ばしていったほどのお気に入りなバインセオ。
ターメリックで黄色く色づけされたパリパリの米粉の生地の中にもやしと海老などが入っており、ちぎって奥の野菜を巻いてタレにつけて食べます。
野菜はサニーレタス、パクチー、大葉、スターフルーツなど、やはりパクチーは必要ッ。
タレはヌクチャムベースで砂糖や人参の細かい酢漬けなどが一緒に入っていたかな。
b0089578_14045431.jpg
・ガーチェンサー(若鶏のレモングラス揚げ)

若鶏を食べるのが先か野菜を食べるのが先か、そんなお皿の中のカーチェイスが起こりうるガーチェンサー。
レモングラスの香りが爽やかで野菜と肉を一緒に食べると更にさっぱりとして食べられます。
b0089578_14045753.jpg
・カインチュアカー

魚と野菜のスープ、うんスープを頼むのは初めてだ。
カインが「スープ」、チュアが「酸っぱい」、カーは「魚」、南部では地元の食堂にあるポピュラーなメニュー。
カインチュアカーロック(雷魚の酸っぱいスープ)がベトナムでは有名らしい。
ちょっと辛くて酸っぱい、野菜なのか甘みもあって、甘酸っぱいスープは珍しくクセになりそうな。
当然のごとく浮いているパクチー。
b0089578_14050103.jpg
・ブンボーフェ

中部の街「フエ」の名物のピリ辛麺料理、麺は平たいやや太めのビーフン、具に牛肉・豚足・レモングラスが入ってる。
スープの出汁は豚足と牛肉、レモングラス、やはり酸っぱくてやや辛め、味は爽やかで深くてエスニックで複雑~美味しいです。←でまとめる

基本的に辛いと言ってもタイ料理よりは穏やかで日本人にはより向いていると思われるベトナム料理。
パクチー苦手な人は先に言っておいた方がよいですが。
屋台然としている店内は現地っぽくて、ご主人もベトナムの質問について話しかけると笑顔で答えてくださるし、好きなお店です。

家にはまだチャレンジしなければいけないベトナム調味料が列をなして待っている、うちの食卓って一体・・。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-03-04 01:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24203069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 八百屋のうちごはん(その15)... 金沢(石引):春甚(割烹・小料理) >>