京都(下京区・河原町):ラバラカ/LA・BARAKA(モロッコ料理)

b0089578_15444167.jpg
無計画京都日帰り旅行の夜ごはん、行きの電車内にてスマホで指先高速探し!にて探したこの1軒。
たまにはエスニックなどいいんじゃないか、と予約を取ったのはモロッコ料理のラバラカ/LA・BARAKA
ベルベル人のシェフと日本人の奥様が経営されているお店で、場所は高島屋・京都店から約3分ほど徒歩で移動したビルの地下にあるすごく便利な場所。

電話予約した時に「どこからこのお店を知りましたか?」と聞かれたのですが、どうやら毎回質問されているようですね・笑
ここの奥様が知り合いの浪花の女性に雰囲気が似ているなと思ったら、知り合いによると浪花出身!?
旦那さまを「ムーちゃん」と呼んでいるのが、ほっこり脱力系♪だが話の切り口はするどい?温かみのある奥様です。
b0089578_15444403.jpg
私は適当に家で似非モロッコ料理を作ることはありますが、本格的なお店は初めて。
対して夫はモロッコに一ヶ月滞在していた経験があり「オレは本物を知る男」発言キターッ、ネタとは言え毎回なので「はいはい」と流す。

メニューはアラカルトとコースがあるけど、アラカルトだと目移りしてしまうのでコースにすることに。
でも、実際コースで食べてもメニューの中のかなりの部分が含まれます。

コース一覧(2名より注文・消費税別)
・サハラコース:2,300円
・マラケシュコース:2,800円
・カサブランカコース:3,500円
・らくだコース:4,500円

私たちが選んだのは「カサブランカコース:3,500円」

サラダ
ハリラスープ
タジン(チキンorビーフ)
チキンクスクス
ブロシェット(肉の串焼き1人1本:チキンorビーフorラム)
ホブス(モロッコのパン)
モロッコティー


各コースの違い、一番高いコースは、サラダが2拓でチキンソーセージが付き、3番目のコースはブロシェットの代わりにチキンソーセージ。
一番安いコースにはチキンソーセージ、ブロシェットはなし。
b0089578_15444786.jpg
・サラダ

一番高いコースだとフレッシュサラダかベルベルサラダの2拓だが、こちらは見た目からフレッシュサラダかな。
レタス、トマト、キュウリ、コーンと普通のサラダだが、ドレッシングが香辛料が利いていてスパイシー!たちまちエスニックなミラクル。
私も最近オリジナルドレッシングを家でまとめて作製していますが、上手くできるとどの野菜にかけても美味しく食べれます。
b0089578_15445143.jpg
・ハリラスープ

イスラム教のラマダン明け(日没の後)によく食べるスープだそうで、モロッコの味噌汁にあたるほど家庭的なメニュー。
野菜や豆などが細かくなって溶けこんでいるとろっとしたスープは、スパイスを感じるけど穏やかな味わい。
b0089578_15445418.jpg
・チキン・クスクス

こ、これは・・・シェアすると言っても結構な量では・・クスクスでお腹が膨れるに違いない。
世界一小さいパスタと言われる粒状のクスクスの上に、野菜とチキンの煮込みがどっさりかかっています。
野菜は南瓜、玉ねぎ、茄子、キャベツ、人参、ひよこ豆など、チキンは手羽元が入っていました。
野菜がたっぷりでその旨みが出ているのかやさしい~味わい。
b0089578_15445892.jpg
・ホブス(モロッコのパン)

ふかふかでややもちっと熱いホブスをちぎってクスクスのスープに浸したり、そのまま食べたり。
b0089578_15450165.jpg
・タジン(チキン)

こ、こいつも挑戦的な量だわ!さっきのクスクスと合わせてこれでもう膨れてきそうだが、まだだ、まだ終わらんよ。
しめじ、人参、いんげん、オクラ、パプリカ、トマト、ジャガイモ、茄子、グリーンピース、ひよこ豆、黒オリーブ、レーズン、一番上はプルーン。
真ん中には手羽元がかくれんぼで、タジン鍋で蒸されてとっても柔らかく仕上がっています。
かなりの種類の野菜とスパイスは99種類ほど入っているそうで、独特のスパイシーな香りと共に野菜の旨みが前にくる。
で、辛くはない。野菜がたっぷり食べられてヘルシー。

一時、大ブームになったタジン鍋、うちにも棚に鎮座~当然レシピ本持っていて、古本屋チェックしに行くとよく見つけてしまう。
ブームは去っても家で似非モロッコ料理は思い出したように作るので、まだまだ必要。
b0089578_15450425.jpg
・ブロシェット(ラム)

牛肉とチキンとラム、お前が食べたいのはどの肉だ?イソップ童話風に考えてみる。
ラム食べたい、とお伺いをたてるとOKでましたぁ~!なので、ひつじプロジェクトならぬプロシェット。
スパイスの塗り込んだラムを串に刺して焼いてあるのだが、これが一番香辛料が攻めの方向でかなり利いていた!
しかし、これを食べている時点で満腹度はK点越えに近いです。
b0089578_15491713.jpg
・モロッコティー

コップの中にミントが入っていて、そこに注いだ蜂蜜とハーブを煮込んだモロッコティーはとても爽やか、かなり甘い。
この甘さとミントの香りがクセになり何度もティーポットから飲み返す、このポットとお盆が魅力的。

しかし、量が半端なくて大盤振る舞い!お腹いっぱいコスパ大、少食の人ならもう少し量を抑えたコースでもいいのでは。
後から外人さんの団体が入ってきてましたが、体格の良い団体ならペロッと平らげそうかも?!

エスニックのカテゴリーは幅広いけど、スパイシーさは感じるものの穏やかな味つけが多いし、なんといっても野菜たっぷり。
初心者からモロッコ好きまで幅広く受け入れられるのではないか?と思います。

そしていつもの様に21時の最終サンダーバードにより金沢へと帰宅しました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-03-02 23:35 | 京都 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24167081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jppapin2001 at 2015-03-03 20:05
ケンミンショーで全国デビューされた今後は、京都ではなく、思い立ったら東京になりそうですね~1度新幹線の味を知ったら、もう2度とサンダーバードには戻れない体になります。間違いないです。最終の東京何時でしょうか???
Commented by sukatan_queen55 at 2015-03-05 23:50
●パピンさん
思い立ったら東京、そう頻繁にいけるほど安くはないのですが、今まで行けなかった分ベクトルは向くと思います。
でも、京都も大好きなのでサンダーバードに関わらずまた訪れますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(石引):春甚(割烹・小料理) 京都(東山区):アラビカ京都(... >>