金沢(片町):Makino/マキノ(フレンチ)でマイバースディ

b0089578_13185604.jpg
今年も巡り巡ってやってきた、すでに大人以上の階段を上って祝ってもらうマイバースデー。
私たちは冬眠の準備でドングリを貯蔵するリスのように、秋頃から冬のイベントのための貯蓄をしております。

誕生日はお互い希望のお店をリクエストするのですが、今年はもう2年ぶりになるのかな?行きたかったフレンチのMakino/マキノ

この場所に移転してきてからは3度目、1回目はクリスマス特盛コース (勝手にお願い)、2回目はデブくろ商店でThe 大食いの会
今回、夫が予約の電話をしたら「大盛りですよね♪」・・え!?
胃袋商店の長とデブくろ商店の女帝がめっぽう食べることは周知の事実、今回も特盛コースにしてもらいました。

一番手前だけ囲いのような物があり、プライベート空間が作られた座席が私たちの席だった。
これならメモや写真を撮りやすく、お気遣いありがとうございます。

ちょうど他のテーブルにて夫の知り合いご家族も食事しているところに遭遇し、誕生日だということを告げると、
座席についてまもなく赤ワインを1本プレゼントしていただいた。
こ、これは、あちらのテーブルへワインを・・・のシチュエーション!ありがとうございます、最初から人の気遣いにやられっぱなし。

b0089578_13185948.jpg
・イカ墨のリゾーニ 塩トマト オシェトラ・キャビア

中央の丸い物体は、米粒の形をしたショートパスタ(リゾーニ)をイカ墨ソースと合わせて、小麦粉で出来た細麺状の生地(カダイフ)の衣を回りにまとって揚げてあります。
その下にはマンゴーと酢でマリネしたイカ、上にはオシェトラ・キャビア:カスピ海に生息する2種類のチョウザメ(ロシアチョウザメ・シップチョウザメ)
そして塩トマトのソース添え

リゾーニを調べてみると確かに米粒状、ややお米よりも大きく小麦粉(デュアムセモリナ粉)から出来ている。
サクッとしたカダイフの中のイカ墨リゾーニやお米よりツルッとした食感で、一緒に口に入れたキャビアのつぶつぶ感と濃厚なコク、
何か出汁のようなものが入った濃厚で甘みのある塩トマトソース、複雑な食感が駆け巡る口の中で濃厚民族のせめぎ合い!
お皿にビシィッと墨で書き初めのごとくはなってある様が潔い、塩トマトの赤も日の丸か日ノ出がイメージ出き季節を表現しているのか。
b0089578_13190242.jpg
・有機人参のムース、根室生ウニ・コンソメジュレ

マキノで幾度となく季節問わず見かけてきたシェフのスペシャリテである人参のムースとウニ・コンソメジュレ。
一番底には有機人参の甘みを感じるムースと上には根室産の濃厚でとろける甘さの生ウニ、そして自家製のやさしい味のコンソメジュレ。
甘みと塩味とやわらかい旨み、このコンビネーションを味わうには一番上をすくってる場合じゃない、底からえぐるに取るべし!取るべし!
b0089578_13190753.jpg
・バター 岩塩

思わず和菓子かと錯覚してしまったバターは一度溶かして丸く成型したのだとか、形が変わるだけでイメージも違ってくるものですね。
b0089578_13191495.jpg
・自家製パン

乙女心をくすぐるミニチュアサイズがかわいいプチバケット、小さいけどしっかり歯ごたえあり。
もちろん炭水化物星人は後2回お代わりの合計3つ、全て違うパンでしたよ。
b0089578_13191869.jpg
・鯖・大根寿司

メニューのタイトルでまさかあの大根寿司がくるわけないのに自然と頭に浮かんでた、運ばれてきたものはもち想定外。
一番下はキャロットラペ、その上には燻製したサバとフォアグラ、上には花が咲いたように薄切りのカラフルな大根たちがくるくる巻いて寄り添っている。
大根の種類はそれぞれ白大根、緑芯大根、紅芯大根、それぞれ麹の甘酢漬けされていた。
ソースはトリュフと塩麹のソース、赤いのは紅芯大根のソース、白い泡は柚子。
お正月になくてはならない大根寿司、季節と和の要素を彷彿とさせながら食べるとフレンチ、フォアグラと塩麹の密談会議や~!!by彦
b0089578_13192262.jpg
・ブルターニュ産オマール海老のロワイヤルとビスク

スプーンを底に忍ばせるとオマール海老のロワイヤル(洋風茶碗蒸し)が顔を出し、上にはオマール海老からとったさらさら滑らかな濃厚な味わいのビスク。
上にはオマール海老の身とそら豆、ゆり根のソテー、パセリの素揚げ。
海老の旨みが凝縮したビスクとやさしいロワイヤルに甲殻類人猿な夫は満足顔、ほぼバルタン星人。
b0089578_13192673.jpg
・別海の天然ホタテのココナッツ風味 トピナンブール

何やら知らない名前ありで検索に飛んでトピナンブール、和名ではキクイモ。
ネギとホタテのひもの出汁で煮たキクイモのソースの上にはココナッツでソテーしたホタテとホタテの肝。
後はキクイモと芽キャベツ、菜の花、赤いのはアマランサス。左の白いものはココナッツをパウダー状にしたもの。
北海道の別海町の天然ホタテは1粒が大きく甘みがあって美味しいとか、ソテーしてあるけど中心はジューシーな部分が残っている。
ココナッツとホタテの出汁ソースにコクがある、ポリネシアもフランス領だしそんな影響も伺わせる。
さながらココナッツの海に白い砂浜、海岸から浮かび上がったホタテのビーナス誕生的な真冬のタヒチ旅行。←なんだそれは・・私の勝手な表現
b0089578_13193067.jpg
・若狭の白ぐじ 雪中キャベツと蛤

関西ではグジとも呼ばれるアマダイ、若狭湾で獲れた貴重なシロアマダイは皮はウロコがパリパリとして香ばしく、
色が変わると同時に止めたような絶妙な火入れで、肉質は柔らかいです。
雪中キャベツはその名の通り寒い北海道から輸送されるキャベツで、凍結しないようにアミノ酸を糖分に分解するので甘みがある。
そのキャベツと蛤の上にのっているのはサフランとペルノーで作った泡とディル、ペルノーはアニス酒で薬草種であるアブサンの一種。
サフランとペルノーの効果か、カレーにも似た香辛料のような風味がふわっとします。
b0089578_13193308.jpg
・ブランダード 白子のカスレ ペリゴールの熟成トリュフ

ことこと煮た鱈をピューレ状のブランダード化し白子と一緒に周りはじゃが芋でぐるぐる巻きにして焼いてあります。
下のカスレは白いんげんなどの豆やクスクスをトマトで煮たもので、左右の泡はベーコンの香り。
上にのってるのは海苔!?ではなくフランス産のペリゴール・トリュフ(黒トリュフ)
外がカリッとしている分中はふわっと、そのままでも美味しいけどプチプチしたクスクスや色んな食感と味わいが混ざって複雑な旨み。
b0089578_13193777.jpg
・室蘭の仔羊とエゾ鹿のブリック

トマトソースで煮たエゾ鹿、ブリックという春巻きのような薄いクレープ状の皮の中に巻いてあります、その下にはじゃが芋ソース。
ブリックの後ろにはマイクロラディッシュがちょこん、と。
横にはアーティチョーク、トレビス、白菜、マーシュ(コーンサラダ)

しかし、段々赤ワインが五臓六腑にじわじわ効いてきたのか、ネタ帳の字と本人自身が怪しくなってきた。。。
b0089578_13194006.jpg
・スコットランドの野鳩の炭火焼

野鳩のむね肉、もも肉、内臓とそれぞれパーツ分けされており、パースニップという人参ににた白い根菜のグラタンの上にもも肉。
安納芋のニョッキの上にむね肉、内臓の上にはネギの根っこの素揚げ。
ニョッキがなかなかコシがあってもちもちで面白い、むね肉は脂肪分は少なく赤身強く野性の風味がします。
b0089578_13194391.jpg
・エルダーフラワーと苺

エルダーフラワー(ニワトコ)の甘く爽やかな香りと苺・・ん!?口の中で何か弾ける。
パチンパチンと、そうあの懐かしのお菓子「ドンパッチ」の様。
ドンパッチの地獄のミサイルのように激しくはないが、軽やかに口の中で花火があがっているよう。
炭酸ガスが飴の中に封印されているんですね。
b0089578_13195265.jpg
・ブルトンヌ 柑橘と

一番下にはガレットブルトンヌ、その上に蜜柑のクリーム、そしてキャラメル風味のオレンジ。
後は金柑のコンポート、マスカルポーネのムースとオレンジのチップ、チョコのクランチ。
ガレットブルトンヌはブルターニュ地方菓子、バターの香りとサクっとした食感とオレンジや蜜柑の爽やかさとキャラメルのコクがドッキング、柑橘系のスイーツ好きなんです♪
b0089578_13195633.jpg
誕生日仕様となって持ってこられたブルトンヌ皿。
写そうとした瞬間に消えたので、再度チャッカマンして無事撮影、あらかじめ誕生日を知らせておくとこんな演出もしてくれます。
b0089578_13200177.jpg
最後の最後、コーヒーのお供に、上段はポン菓子キャラメル!ふわふわサクサクキャラメル味。
ポン菓子・・小学生の頃、空き地でポン菓子販売しているおじさんのところに小銭もって走った記憶、ノスタル爺。
下段には柑橘のゼリー、自家製のチョコ、チョコのマカロンとこれは満腹以外の何物でもないわ。。。
b0089578_13200695.jpg
そしてお腹も心も満足感いっぱいのままコーヒーをいただく至福の時。
コーヒー豆は大阪豊中市のチッポグラフィアさんだそうです。
2年ぶりに来たけど、またマキノさん色々進化してるし、何よりどれも美味しかったです、これに尽きる。
久しぶりなこともあり、スペシャルな日に来たこともあって感動もひとしお、ありがとうございました。
b0089578_09334878.jpg

この誕生日ウィークリーは自分を祝う料理を作ってお祝いしたり(単に自分の食べたいものを作る)してました。
翌日はパティスリー・オフクさんで注文していたモンブランケーキ、パリパリサクサクの生地に濃厚なクリームとマロンクリームやチョコ・・チョコうんまい、これまた美味しくてハッピー。
誕生日などイベント前はほんと喧嘩しまくりな2人なんですが、色々準備や用意してくれたり付き合ってくれる夫に感謝。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-02-05 23:10 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/24088095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayuminnie1127 at 2015-02-08 19:37
お誕生日おめでとうございます(*≧∇≦*)
ゴージャスですね!!
にんじんのムースがめちゃおいしそうですー。
ボールいっぱいで食べたい♬

コースのデザートも、バースデーケーキもきれいでとーーってもおいしそうっ(^◇^)
Commented by sukatan_queen55 at 2015-02-09 12:17
●あんみぃさん
バースディはフレンチ伝説、20代の頃から無理やり続いてるので~今回は自分の希望を通しました。
マキノさん、ずーっと行ってなかったので。
にんじんのムースはシェフのスペシャリテなのでもちろん美味しいですけど、色々進化しててすごかった~
Commented by ふく助 at 2015-02-11 21:38 x
おめでとうございます!!

スカタン女王様と私め、誕生日近いのですら~。
でも、今日自分の誕生日過ぎてる事気付いたのですら~。そのくらい、自分の中ではどーでも良いのら~。←ら~・ら~、しつこい。

で・もっ♪
画像見ただけで、羨ますぃ~っ。ヨダレが~っ、トントンですわ。←どんなんよ

羨ましいかぎりです、
お誕生日おめでとうございます♪
Commented by sukatan_queen55 at 2015-02-12 12:53
●ふく助さん
ありがとうございます!
自分の誕生日過ぎてるのに気付いた?
まーだんだん自分の年齢についてはどうでもよくなってきますね。
誕生日にかこつけて何か美味しいものを食べに行くためにもういくつ寝るととカウントしてますよ。
あそこに行こう!という気持ち次第です、ちまちまお金をためてましたわ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(窪):金澤つけ麺 鈴(リ... 金沢(金石本町):天下一品(ラ... >>