八百屋のうちごはん(その14)お家クリスマス2014

b0089578_16123939.jpg
ここ最近のクリスマスイベントは外食・お家・ホームパーティーの三連発に分かれており、これはお家クリスマスの巻。
イベントを勝手に盛り上げ隊な私は、職場帰りに自然派ワイン中心のワインショップ クラ印さんにてワインをまとめて購入。

左から
1:SUR LATTES(スールラット)・La Grande Colline(大岡 弘武) :フランス / コート・デュ・ローヌ地方のスパークリングの白・辛口
2:Le Canon Rose Primuer(ル・カノン・ロゼ・プリムール)・La Grande Colline(大岡 弘武):ローヌ地方の微発泡ロゼ
3:都農ワイン・スパークリングワインレッド:宮崎県のワイナリーのスパークリングの赤

1はまだ飲んでおらず新年会にでも持っていこうかと、2と3はリピーター。
2は去年購入して、やや辛口の微発泡ロゼにハマるキッカケのなった1本。すーっと自然に喉を通って飲みやすいんですよ、去年よりも泡具合の刺激が賑やかかな?
3はこれで購入歴3度目くらい、お値段も手ごろだし(1800円くらい)軽いタンニンの渋みとスパークリングが飲みやすく気に入っています。

イベント時といってもこれくらい自然派ボジョレーが精いっぱいの庶民派なので、高級ワインは家ではあまり飲みませぬ。
普段はスーパーややまやなどで1000円以下のテーブルワインが殆ど、サイゼリアのマグナムワインの持ち帰りが醍醐味。
b0089578_16124328.jpg
・マグロとアボカドのタルタル
・ベビーリーフのキノコサラダ

子供の頃はリアルなもみの木のクリスマスツリーが家にあり、オーナメントを飾ったりした思い出がよみがえる。
現在、とりあえずと3年ほど前に買ったミニチュア電光ツリー、慌ただしい毎日で買い替える気力もないまま、そのまま。
そしてBGMはマライア・キャリーの「メリークリスマスⅡユー」

葉っぱものはベビーリーフとパクチーとディル、
ドレッシングはホワイトビネガー、オリーブオイル、レモン汁、塩、胡椒、醤油と自分が今一番よく作る自家製ドレッシング。
お店からとってきたアボカドが軟らかくてタルタルにするつもりで混ぜ込んだら、ダルダル状態に。
b0089578_16125249.jpg
今年のクリスマスチキンはテーブル ニコ さんのロティサリー・チキンを1羽を予約しておりました。
いつもちまちまと足だけとか手羽元を漬けこんでいたが、1羽丸ごとはさすがの大迫力。

専用オーブンで1晩マリネした雛鳥をじっくり焼き上げたロティサリーチキン、
外の皮はパリパリで中はしっとり柔らかくジューシー、他にも予約した人がいたみたいでパーティーにぴったりですね。

さすがに1晩で食べきれなくて、翌日のお弁当に入れていった私。
カットした肉をバラバラにして骨をかじりついている私を見て呆れる夫、いや・・まだ相当肉ついてるし、もったいないし。
b0089578_16124943.jpg
・牡蠣グラタン

海老グラタン→牡蠣グラタン→海老グラタン、この週にリクエストもあってグラタンを3回も作ってます。
小麦粉とバターの配合、だまにならない方法を求めて三千里、1:1とも言われるがこちらのレシピだといまのところ失敗が一度もない。
海老に白ワインを入れて蒸し焼きにして、エキス汁も一緒に加えるのは牡蠣も一緒です。
b0089578_16125556.jpg
・あさりとトマトのパエリア
今年はワンパターンなメニューばかりだけど、2人が食べたいものを合わせたらこうなった・・みたいな。
ストウブのラウンドホットプレート(蓋付)にてよくパエリアを作ります、味がピラフみたいだけど。2人分がちょうどよし。
b0089578_16125833.jpg
ランチが福座のラーメン、買い出し用スーパーがニュー三久泉が丘ときたら、パンはたね、ケーキはホソヤ。
和栗のモンブラン、桃のタルトなどは職場の差し入れにて食べたりするのですが、ショートケーキなどは初めて。

そういえばクリスマスプレゼントはどうなった?我が家でのクリスマスプレゼント交換・・ありません。
私の誕生日が1月、夫が2月と連続しているので出費が・・というか多分面倒くさいから、私はあってもいいのだが。

その代り、デパートで毎月積立して満期になったカードにて、お互い好きなものを買おう!ということに。
しかし私はワインクーラー、夫はオメガウィズペンという炒めるすくう混ぜるつぶすが出来る万能調理器。
服とかじゃなくてキッチン用品かよ!!お互いさまだけど・・・
b0089578_16201253.jpg
クリスマスから離れて、冬になると何度も繰り返して作るのが鍋。
11月に韓国料理ホームパーティーをした時にチゲ鍋がめちゃうまかったので、ワンスモアアゲインしてみる。
作っていたのはてんむすちゃんなので、SNSにて伝授をうかがう。

そのチゲ鍋のレシピ、自分のメモ用。

私:この間のチゲ鍋ってどうやって作るんだっけ?

て:かんたんですよ、ニンニク2切れくらい刻むなりして、胡麻油でキムチと豚肉とニンニク炒める。
  本当に適当、分量もなし。
  
て:少し炒めたらお湯、これも適当に。
  塩をまたまた適当に入れて、何らかの魚や貝などを投入。
  韓国味噌があればそれを入れて、辛くしたければ粉唐辛子を入れる、塩で味見しながらお好みです。

て:味噌も適当ですよ、本当に適当で味見しながらで、
  野菜やキノコなど具材を入れて豆腐は最後にのせればいい。

て:是非してみてください。

どんだけ適当が出てくるんだ~!!でも、この通りでとても美味しくできました、味見しながら。
お肉は焼肉用の豚バラ、牡蠣、白菜、ネギ、椎茸、厚揚げなど。

パーティーの時は班家(ぱんが)のキムチと韓国味噌を使っていました。
今回はキムチはスーパーで、韓国味噌はパーティーの残りを使いました。
やはり韓国味噌を入れると味に旨みがでるのでなるべくなら入れるのをおすすめします。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-01-05 23:51 | うちごはん | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23928784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayuminnie1127 at 2015-01-06 21:47
ご旅行からは、もうお戻りですか??
友達が今度結婚するんですが、だんなさまがベトナム転勤中なんです。
3年くらい、そっちに一緒に住むそうで。
いろいろ大変そうですー。
Commented by sukatan_queen55 at 2015-01-07 12:46
●あんみぃさん
3日にはもう仕事の都合で帰国しましたよ、短い旅行でしたが楽しかったです。
食も雰囲気もよかったけど住むとなるとまた大変でしょうね。
日本資本も投入されているのかジャスコできたみたいですよ、ベトナムに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(東山):鮨 みつ川(寿司) 金沢(片町):チェコ料理 DU... >>