金沢(茨木町):橘珈琲店(カフェ)

b0089578_16115584.jpg
昨年は年中朝シャンにジム風呂な日々を繰り返してきたが、あまりの寒さにとうとう久しぶりに自宅ナイト風呂派に切り替えました。
何せ40年前の古いお風呂なので、当然お湯も蛇口をひねってダダーン!と底にお湯が響く音を聞き、お湯と水の温度は自分で調節しながら溜めることから始まる。
うっかり時間を忘れてくつろいでいようものならば、湯船からお湯があふれ出るという昭和な光景。

それだけ寒さがこたえているということ、そしてお風呂上りのコーヒーが美味しい~もちろんこの時期はホット。
私はかなりのコーヒー味好き、「味?」というところがポイント。
ジェラートでもケーキでもチョコでもコーヒー味が好き!なので、選択肢の中には必ずコーヒー味がそこにある。
普通のコーヒーでは厳選した豆に~拘った入れ方で~っていうのも好きですが、限界もあるのでそちらはお店にお任せです。

休日に夫のお店に車を置き、どこかでお茶したい気分を伝えると「抹茶アイスかな~」
えっ竪町のあの店か、抹茶アイスは好きだが今は寒かろう!、と即座に却下。

となると自分が先導、新竪町商店街近辺なのにまだ行ったことがなく行きたかったあの店へ、橘珈琲店
鞍月舎という複数の店舗が入った建物の一角にある、自家焙煎のコーヒーと石川県食材を使用したスイーツがいただけるコーヒーショップ。

ナチュラルで落ち着いた印象の店内はやや細長く、奥にカウンター4席、テーブル席が3つほど。
先客が2組ほどおられてそれぞれがくつろぎながらコーヒーを堪能している様子。
寡黙そうなご主人でしたが私たちに「地元の方ですか?」と声掛けしてくださいました。
実は夫はめちゃ近い場所でお店を営んでるわけですが、そこはあえて言わず。。。笑

器は全て九谷焼きだそうで、最近のカフェだと洋食器にしろ作家さんにしろシンプルなものばかり見かけるので、
大きな牡丹柄や小花が散りばめられた華やかで可愛らしさがありクラシックさを残した器は珍しい。

・ブレンド珈琲(ほろにが)
深煎りで苦みとコクがあり、香り高く飲みやすいほろにが。
ブレンド珈琲は(ほろにが・まろやか)の2種があり、後はプレミアムコーヒーや、アイリッシュコーヒー、濃厚ミルクコーヒー、醤油キャラメルコーヒー、アイス部門もあります。

b0089578_16115839.jpg
・かなざ和っふる「丸八金沢棒茶」黒糖ソース

毎日お店で焼かれるワッフルは、「五郎島金時」「大野醤油」「福光屋純米酒」「丸八金沢棒茶」の地元名産品を使った4種類。
お芋、醤油、日本酒、棒茶・・迷った末に棒茶に決めっ!ソースもカラメル、醤油カラメル、黒糖の3種から選べる。
和っふるは各種コーヒーとのセットで100円引きになります。

ややしっかり目の固さのワッフルはふんわりの棒茶の香り、黒糖の丸い甘さでほっこり和スイーツな組み合わせ。
生クリームや小豆(能登大納言かな?)のトッピングが付いているのも嬉しい。
入店する前にアイスは寒いなど言っていたセリフは置いといて、温かい店内でアイストッピングは別なのじゃ。

静寂の中で時がゆっくりと過ぎていく感があり、しばしの間、珈琲と和っふるを堪能いたしました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-01-14 23:09 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23928781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayuminnie1127 at 2015-01-15 22:11
どれもおいっしそ~~(〃∇〃)
五郎島金時も気になるし。。
お酒は、甘酒っぽいならいけるなぁ。。
でもこれもおいしそう。。

金沢、おいしいものいっぱいですよね~♬
Commented by sukatan_queen55 at 2015-01-16 12:47
●あんみぃさん
私はお醤油のも気になった♪ここのお醤油ソフトは塩キャラメルのような味だから近いのかも。
次回からやっと名古屋出張の記事になります。
スイーツはほぼないけれど(笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(片町):スパイスボックス... 金沢(柿木畠):更科藤井(蕎麦... >>