金沢(片町):チェコ料理 DUB(ドゥブ)

b0089578_16463954.jpg
あけましておめでとうございます。年末~お正月の間は旅行に出かけていたので記事が空いてしまいました。
大雪の前に旅立ち、雪が止んだ頃に帰国という運の良さを発揮した旅行記はまた後日に書くとして。

クリスマス週間に入る前の飲み、イタリアン「ウーヴァ・ウーヴァ」からのハシゴ車はチェコ料理 DUB(ドゥブ)
時刻は9時過ぎ、お腹も膨れていたので「チェコッとコース:1000円」をいただきました(ドリンク別、追加もしています)
以前はカウンターのみの座席数でしたが、現在(12/20時点)は二階も開放されたそうです。

・スタロプラメン
1人あたりのビール年間消費量はチェコが世界一だそうで、そのプラハの地で造られるスタロプラメン。
チェコではとてもメジャーでクセがなく料理に合いやすいビール。
b0089578_16464246.jpg
・チェスカーリブレ
ビールを飲まない私はこちら、ベヘロフカとう20種類のハーブをウォッカに漬けこんで製造する薬草系リキュールとコーラのカクテル。
ほんのりとした薬草の苦みが感じられコーラで割ることで甘く飲みやすい、しかしこれはグビグビいきそうで危険だわ。
b0089578_16464588.jpg
olomoucké tvarůžky、オロモウツという都市のチーズ。
色に透明感があってプラスティックぽい見た目、臭いと言われてるようだがそうでもなかった。
蕪の上にのせてオリーブオイルがけ。
b0089578_16464842.jpg
romadurというチーズを細かく刻んで玉ねぎと共にパンにのせて食べます。
ソフトな固さのチーズでやや独特な香りと味がしました。
b0089578_16465184.jpg
ボルシチ的なスープを作ったので・・ということで1杯。
b0089578_16465422.jpg
・ビーツのプリンとアップルパイ
ロール型のアップルパイとビーツのプリン、プリンに仄かなビーツの味が混ざってこれは前もいただいたが好みの味。

この間食べたチェコ料理のシチュー的なグラーシュ、本日はイノシシのグラーシュがありますよ、と言われたが
すでにお腹が膨れていて断念、残念、ふがいない胃袋めっ。

クリスマスには鯉を食べるというのが定番だそうで、スープやフライにして食べるそう。
じょじょに料理の幅も広がっているようで、また初体験メニューを拝みに訪れたいものです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-01-04 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23911542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 八百屋のうちごはん(その14)... 金沢(木倉町):自然派ワイン食... >>