金沢(此花町):中華食堂 此の花亭(中華・居酒屋)デブくろ商店11月号

b0089578_11212357.jpg
月一で開催されるお肉大好き原始人かつ食欲のリミッター外しな4人組の会、デブくろ商店。
そんなデブ会にぴったりなお店があるよ、と教えてくれたお店に決定!金沢駅近く別院通り商店街にある中華食堂 此の花亭

金沢表参道口から入っていくと、あのピンクな駅前シネマがある通りの次を右を曲がるとすぐあります。

はて、私の記憶が確かならば、ここは中華食堂であってラーメンやセットメニューがある・・という曖昧な記憶程度。
未訪なんですけどね、実際はかなりディープなメニューがあるお店らしいとのこと、どうデブ会にぴったりなのか。

ご主人は能登出身、女将は東京・浅草出身が営むディープで個性的なメニューが並んでいるという噂、確かめに行ってきました。

メンバー:ゆうちゃん、ショウタくん、えみちゃん、大ちゃん(ゲスト)、スカタン
b0089578_11212854.jpg
店内はカウンター、店の中央に6人がけテーブル、後ろに小上がりでテーブル2つほど。

確かにメニュー表にはラーメンセットなど普通の中華っぽいが、カウンター上に貼られているメニューが、
「絶倫ギョーザ!」「豚のオッパイ焼き」「ニンニクの天ぷら」「黒モツ」「モツ唐ちゃん」と元気玉喰らいに来ました~とホルモン揃い

「男性自身」・・・女性自身じゃないのね、雑誌か!何々~?馬並みサイズのフランクだそうです。
マルシン、マルシン、ハンバーグ♪とつい歌ってしまう懐かしいメニューも。
b0089578_11213239.jpg
こちらの壁にも色々メニュー、アルコールは日本酒や焼酎にそれぞれ名前と値段が貼ってあり、電気ブラン・ホッピーもあり。
皆はビールを注文、ワインは残念ながらなさそう・・・でも乙女酒はあるのでチューハイで乾杯。
b0089578_11213931.jpg
・月島名物・レバーフライ
女将さんが東京下町出身なので置いてあるレバーフライ、薄く叩いたレバーをカラッと揚げて。
b0089578_11213579.jpg
・びっくり仰天揚げ・イカ
メニュー名聞いても知らなかったのだが、「マツコの知らない世界」で紹介された超厳選練り物。
地元スーパー「どんたく西南部店」で販売されている・・・手に入りにくい海老!ではなく、イカ。

海老もメニューに書いてありますが、製造数が限られて入荷が難しいことからバツマーク付いている。
能登七尾産の素材を使用して薄~くのばして揚げているそうです。

薄くあがってるから香ばしくてイカ味とマヨと海苔がよく合います!
b0089578_11214377.jpg
・大人のポテサラ
黒胡椒がビシバシ効いた大人味のポテサラ・・やはり大人な映画館が近くだしね、くすっ
b0089578_11214641.jpg
・鶏ももジューシー・竜田揚げ
私たちにしては普通の王道メニュー
b0089578_11215171.jpg
・麻婆モツ
麻婆の中身は豆腐とモツ、ちょっとコテッチャンぽい薄さのモツでB級っぽい。
こういうカオス感は都会にはあるが金沢はまだ足りない気がする、旨いかどうかは置いといて。
b0089578_11215552.jpg
・ホルモンもやし炒め

これを注文したのは某中華料理屋のマスター、大ちゃん。
ちょうどプレ誕生日で皆で誕生日おめでとう~!の嵐に沸いていたが、ホルモンの嵐にも沸いていたわけで。
b0089578_11215923.jpg
・アボカドのウニソースかけ
此の花亭は土田家の家庭の味なんだそう、えっと~~アボカドとトマトにウニソース・・・初体験の味、決して初恋ではない。
フレッシュでピュアなカップルに突然の人生の試練が訪れた様な・・個性的な味。。
b0089578_11223411.jpg
・おでんもりあわせ
b0089578_11223981.jpg
・絶倫ギョーザ
スッポン・マムシ・ガラナ粉末入り、これを食べて今からどうしようというのか!?
これはやはり駅前シネマが近いことだし←しつこい
b0089578_11224347.jpg
・豚のおっぱい焼き
豚のおっぱいは中々貴重、脂がのって程よい歯ごたえがあり。
b0089578_11224784.jpg
・ぶたさん、のどナンコツスモーク

おお?これはコリコリとしながらスモーク風味が酒のつまみとして中々旨い。

さて、ここで一次会は終了、中華の定番・ラーメン食べずに出るという・・・

中華の駄菓子屋さんのようなカラフルでディープでおもちゃ箱の様な個性的なお店、幻のびっくり仰天揚げの海老が食べたい。
b0089578_11225161.jpg
もうちょっとお腹に余力を残したまま出たので、二次会はどこにするか話し合いながら武蔵方面へと向かう。

ショウタ君が「ロスタルどう?ロスタル!」と何度もつぶやいているのに
他のメンバーが話に夢中になってガン無視していたら、「誰も聞いてくれない・・いいんだ・・」といじけ始めたので、
「ロスタル行きたいなぁーー!ロスタル!!」
「ここから近いよねっ、ロスタル。行こう今すぐ!」と即効フォロー。

だが、肝心のロスタルが満席で入れず。

あぁ・・ここまで来たら、私たちには「やきとり笑吉」があるじゃないか。

私たち、というよりも私の昔からのいきつけのお店の1つ、記事にしてないだけで普段から立ち寄っています。
最近は会社帰りのおじさんたちで結構賑わっていることが多く、たまに外人さんの団体も見受けられる。

とりあえず1本づつ5人分で、シロ、レバー、つくね、せせり、シンゾウなどを頼み、
2巡目、3巡目を注文する時、ゆうちゃん&ショウタ君がまたレバーを追加するというので、
2人だけにしてね。。と他の人たちは遠慮したのだが、

その後も2人オンリーでレバー追加、レバー追加、いったいレバー何本食べれば気が済むのか!レバーギブアップ!!

そうそう、笑吉のレバーんまいんです、1本80円なのに。
しかし、レバーばかり5本は私もいらないな、シロならいいが。

ショウタ君は恐怖のリミッター外しが入ったらしく、その後もどんどん追加・・デブくろらしいと言えばらしい。
今回は私の胃袋も大人しく白旗をあげさせてもらいました。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-12-15 06:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23863191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 八百屋のうちごはん(その13) 石川県(野々市市):テラ(No... >>