八百屋のうちごはん(その12)プレ結婚記念日の適当ランチ

b0089578_16305228.jpg
11月連休もあれこれ用事があってあっという間に過ぎ去る感じで、土曜はまかない作ってから家の片づけしたり。
天狗中田本店で誕生祭?か何かお祭りをやっていたので、肉大量買いしたのはいいがその処理とか。

記事は10月連休(まだか)最終日、結婚記念日の前日だったので・・というのは特に関係なく、この日の手作りご飯ランチ。

・ゴマ入りのミニフランスパン

自家製ですけど何か?とある意味ドヤ顔でいばれないのは、ホームベーカリーに材料を入れて1次発酵まで済ませ、オーブンで二次発酵を済ませたのちの焼きなので。
もちろん成形はしてるけども、とにかく他の料理の都合もあるので楽に勝るものなし。

b0089578_16305848.jpg
パレルモ(イタリアンパプリカ)のゴママリネ(右)、お店で適当に余ったものを持ってきたので赤万願寺とうがらしだったかもしれません。
パプリカのようなほんのり甘みが感じられ辛くはないとうがらし、この夏はパプリカ、ズッキーニ、茄子などグリルパンでグリルしてマリネ液に漬けこむことよくやりました。

・大根、人参、茗荷の和風マリネ(左)
b0089578_16310308.jpg
・かぼちゃのサラダ

八百屋でヤバい顔して転がっていたカボチャを持ち帰り、チンして潰してマヨネーズとクリームチーズ、塩・胡椒を混ぜて、
スイーツ作り用のアーモンドスライスが残っていたので散らせて完成。
b0089578_16310672.jpg
・煮豚、鍋ごとで失礼

10年ほど前にル・クルーゼの鍋と平野由希子さんのレシピ本を買い、さらに本を買い足し、ずっと同じレシピで作っている煮豚や煮物。
底がもう黒っぽくなり重層で綺麗にしようとしても落ちないほど使い込んでいる、ホーロー鍋も本望であろう。
八角がやや苦手な夫ながら、豚肉塊バンザイなこのレシピを殆ど食べるのは自分なので、自分都合で入れさせていただきます。
b0089578_16311045.jpg
・ミートソーススパゲティー

少し前にネットで最後の晩餐メニューにするなら何を食べたいか?という質問があって、皆の多くが和食メニューを上げていたのだが、
自分の場合だと母親が作ってくれた「ミートソーススパゲティー」を1番に上げると思う。
最後の晩餐というよりこの世で一番好きなメニューかもしれない。

肉じゃがなどに比べるといつも食卓に登場するメニューではなく、たまに作ってくれると本当に美味しかったのでよくリクエストしていた。
そんなマイ人生の絶賛メニューのレシピが、家の整理整頓している中で超むかしぃ~の「きょうの料理」の一冊から見つかった。

どのくらい昔ぃ~というと昭和40年代の初め頃、洋食はいわゆる今風ではなくかえってあちらの本格的、
和食は割烹メニュー的な細かな説明入りが多々あって色々参考になるのだ、心に余裕がある時じゃないと面倒くさいけど。

ミートソースはボロネーゼパスタではなく、あくまでミートソーススパゲティー。
牛ひき肉、玉ねぎ、人参、セロリ、干し椎茸の戻したもの、生トマト、赤ワイン、ローリエ、な主要メンバー。

1時間強はは煮込んだと思う、これは~美味い、自画自賛!!でも母親が作ったものと比べると、もっとコクがあった舌の記憶。
隠し味を入れてるなら当の本人しか分からないがもう当人はいないので、究極に美味しいミートソースを探す自己満足の旅はまだまだ続く。。。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-11-02 09:21 | うちごはん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23649279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(片町):Bottega ... 福井(越前市):御誕生寺(ごた... >>