福井(武生):そば蔵 谷川(蕎麦)で越前蕎麦

b0089578_13543511.jpg
10月連休真ん中の日曜日、夫の仕事がやや早めに終了したのでランチ時間に間に合う様にと私の希望で武生へとドライブ。
私の希望が何かはまた後ネタとして、食も行きあたりばったりにはさせません。

この辺り嶺北地方一帯の名物と言えばやはり越前蕎麦、永平寺近辺で何度か食べているが今回は武生I.C.から車で近いそば蔵 谷川
武生I.C.から降りて2号線を海方向へ、越前第一中学校手前の信号を左に曲がった住宅街のど真ん中にあります。
b0089578_13544713.jpg
「営業中」と看板が掛けられているのは立派な建てがまえの民家の門、そのお庭の一角にお店が建っています。
駐車場はお店の斜め前と民家の裏手側、純和風の落ち着いた店内にてよく手入れされたお庭を眺めながらお蕎麦をいただけます。
b0089578_13543901.jpg
おろしそば:670円

低温貯蔵している福井丸岡産の玄蕎麦を石臼で自家製粉し、つなぎを加えず蕎麦粉と冷水のみして手打ちしている十割蕎麦。
メニューはおろしそば、おろしとろろそば、もりそば、やまかけそばとシンプル構成、そばがきもあります。

削りたてのカツオ節、ネギ、辛味大根がのったおろしそば(夫の分)、コシがあり蕎麦本来の香りがしてとても美味しいそう。
b0089578_13544291.jpg
・もりそば(手挽き太打):900円

おろしの辛味大根は自分にはやや辛レベルが高いので、私はシンプルなもりそば、もりそばは手挽き太打、太打ち、細打ちの3種類。
平太な手挽き太打ちの中に蕎麦の粒が沢山見える、長さは短くつるつるっとすするより、しっかり食べるというごわごわした食感。

ざらっと力強く蕎麦の香りがふわっとして美味しい、つゆは鰹の風味が強く濃くて甘みは少ない。
夫のおろしそばも1口味見してみるとこちらはやや違って太打ちかな。
量的にはやや控え目でお上品、「大盛りもできますよ」と言われましたがここは我慢。

腰を下ろして落ち着いて食べる十割蕎麦、雰囲気も味もなかなかツボに入りました。

さて、みなぎる食欲をあえて我慢の先には何が・・?つづく

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-28 23:34 | 福井 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23612483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 福井(武生):ヨコガワ分店(洋... 金沢(柿木畠):ビストロ アン... >>