金沢(若松町):麺屋食堂 剛力(ラーメン)

b0089578_11214921.jpg
そろそろ衣替えの季節、Tシャツもまだ着れないことはないが週末の時間のある時に一気に秋冬ものの入れ替えに精を出す。
買い出しも主婦の仕事、酒量販店やジャスコで会いましょ♪など杜の里近辺を巡っている間に、お1人様ランチ。

場所が分かりにくいとばかり思っていたけど、探してみれば簡単♪金大へ続く坂を上がる前の左側の住宅地にある麺屋食堂 剛力

店内は新しく綺麗な印象、入り口に食券販売機があるので一瞬の間の悩む仁王立ちポーズ。
予め決めておけば難なくポチッと押せるが、決めていなかった場合の後ろに人が並び始めた場合、焦って自分の欲するものとば別物を注文してしまった経験あるあるな小心者。

基本は、中華そば(醤油・魚介)、豚骨ラーメン(塩・味噌・醤油・魚介)、夜限定のまぜそば、とかなり分かりやすいが、細分類で悩む。
金大近くということでラーメン+チャーシュー丼の「学生限定剛力セット」が存在するのが微笑ましげ。

そして微笑ましくはない自分の胃袋は、学生セット並みなのでチャーシュー丼をプラスすることは悩まない。

・中華そば(醤油・600円)+チャーシュー丼(350円)

中細なストレート麺に澄んだ系の醤油スープはあっさりしていてクセはなく、仄かに感じる旨み。
チャーシュー丼は炙られたチャーシューに独特のタレと煮玉子、これを崩しながら混ぜて食べると美味しい、チャーシュー丼気に入りました。
チャーシュー丼がやたら大きく見えるが、ラーメンの器は割と小ぶりサイズなのです。

バイトは2人共女性なせいか、賑やかしいよりも落ち着きが勝っている、綺麗なので女性1人カウンターでもプレッシャーなしで食べれます←私は普段からあまり感じないが
b0089578_17084064.jpg
翌日の日曜日、「ランチはラーメンにでもするか!」と言う夫とまさかの2連チャン剛力、昨日行ったことは言っていない。

「昨日、中華そば食べたから豚骨かな・・」(心の声)と豚骨ラーメン、そしてチャーシュー丼は外せず。

・豚骨ラーメン(魚介・750円)+チャーシュー丼(350円)

豚骨は塩・味噌・醤油・魚介の4種から選ぶので迷うわ、麺は太目のストレート、豚骨魚介の味はすれどパンチのある方ではないかな。
前日の中華そば・醤油の方が好み、チャーシュー丼はやはり好き・・ご飯を付けないと物足りない胃袋商店。
b0089578_17082176.jpg
・つけ麺(700円)+チャーシュー丼(350円)

夫が食べていたつけ麺(限定9月末まで)、つけ汁は豚骨醤油っぽい味だとか。

お店が綺麗でテーブルでお子様連れでも大丈夫な感じ、客層はお休みのせいか家族連れ、学生、力仕事系、カップルと様々。

この近辺にラーメン屋さんは少ないので、外仕事のランチとしてまた来るかな?

結局、前日この店に食べに来たことは言わず仕舞い、こうして妻の秘密は増えていく。

翌日の体重の増加が妻の罪。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-09-23 11:33 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23438486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(片町):パブ キタムラヤ... 金沢(諸江町):いな葉村(居酒屋) >>