東京(日本橋):吉野鮨本店(寿司)で江戸前寿司ランチ

b0089578_14192101.jpg
モーニングのパンケーキを食べて店を出たのが10時頃、ランチが午前11時予約、あまり空いてない気がしますが、
途中休憩をはさみながらの長いブランチと考えれば普通に思える、というか「普通」と書いて魔法をかける。

場所は日本橋高島屋の真裏にある通りの並びにある吉野鮨本店、ここに行きたかったので手土産を高島屋でというのも友人納得。
1879年(明治12年)に魚河岸があった日本橋の鮨屋台として創業、現在当主の方は五代目になるそうでお寿司屋さんとしては老舗中の老舗。

友人も東京駅近辺が職場なのに全然ゆっくりしたランチに行けてない!というのでお寿司ランチ大歓迎。

11時2,3分頃にお店に到着すると、ビッチシ閉められた引き戸の向こう側はもうすでに賑わっている様子が伺える。
入店すると開店直後なのにすでにお店は満席、予約しておいてよかった!この後も続々とお客さんがきて奥の待ち場がいっぱいになるという大混雑ぶり。

入って左手がカウンター、真ん中がテーブル席、右側に小上がりがあり、座席数は全部で48席(宴会用のお座敷個室あり)
私たちは掘りごたつ式の小上がりに案内される、小上がりとはいってもテーブルと同じサイズでそれほど周りにスペースもないのだけども。
b0089578_14192566.jpg
日本橋という場所柄もあってか客層は若干高めの店内、特にカウンターは若き頃からの常連なのか、かなりのご年配のグループばかり。
カウンター内は職人さんが数人おり、握ったりちらし寿司を作ったりと物凄く忙しそう。

老舗の割に敷居が高くないというのが特徴で、ランチ用のにぎりずしは1,575、2100、2310、3150円の4種類と平日のビジネスマンが気軽に立ち寄れる価格。
中央の4人がけテーブルではお刺身盛りやにぎりおまかせのお皿が次々と運ばれており、昼から宴会の模様。

それを羨ましげに見ながらもタイムスケジュールのため、普通ににぎりずしのセットにします、でも昼酒はかかせません!
数々の伝説を持つ友人はとりあえずビール、私はChablis Laroche(シャブリ・ラロッシュ)のさすがにハーフ。
b0089578_14192948.jpg
・にぎりずし:3,150円(税込み)

握りが11貫と海苔巻き3つ、イクラ、玉子、帆立、鯵、イカ、中トロ、赤身ヅケ、白身、ヒラメ、蒸し海老、穴子、鉄火巻き
穴子は後から別に運ばれてきてお皿にのせてくれました。(私の分はもちろん山葵抜き・・)

お砂糖を使っていないらしくシャリは赤酢と塩のみで、細みの上品な割合のシャリに上から包み込むようにネタがのっており、煮切りがぬってあるのでそのまま食べる。
緩くもなく固くもなく言わばネタと一体化したお寿司を1貫づつ大切~~ぅに食べました、うまま。

特に赤身のづけと穴子がおいしっ!やや甘めの玉子は薄くドーム状にシャリを包んでいて特徴的。
ガリも同様で甘くなく酢のツンとした風味が際立つ、口直しに口の中がキリッとします。
b0089578_14193398.jpg
ちなみにここはトロの呼び名発祥のお店なのだそうで、にぎりずしを食べたというのに気になるメニューが・・。
「ど、どうする?」「お酒も残ってるし、いっちゃう?」「せせせ、せっかくだから・・」何故かどもりまくる2人。

名前忘れたけど、大とろ6貫のメニュー、いいいいっちゃえ~!!!もちろん、私は山葵抜きなので友人用に横に添えてあります。
1貫食べるごとにふわ~ほわ~と別世界に飛んでいたような、噛みしめ噛みしめ・・この画像は夫には見せていない、ぷっ

金沢でお寿司はほぼ当たり前の存在(行くのは殆ど回る寿司ですけど)だが、江戸前の手仕事が垣間見える北陸とは異なるお寿司もまた良きかな、旨し!
老舗なのに高級店価格ではなく雰囲気も気さく、でも上品なにぎりの良心店、今度は夜にお任せで江戸前のネタを食べてみたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-09-19 06:37 | 東京 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23368781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 東京(日本橋):グルメショップ... 東京(日本橋):日本橋高島屋で... >>