東京(浅草橋):西口やきとん(豚もつ焼き)

b0089578_15472395.jpg
東京出張放浪記、プリシラさん見立てのリーマンハトバス号、お次のお店は浅草橋の西口から3分の場所にある西口やきとん

浅草橋周辺と言えば人形やおもちゃ、手芸材料などたくさんの問屋が軒を連ねる街であり、
私が生まれる前に母親の職場が浅草橋にあったことから、家にはたくさんの裁縫道具が揃ってて手作りの洋服をよく着せてもらっていたものです。

夜の顔については全く知らなかったのですが、浅草橋周辺は立ち飲みの店が多く隠れた名店が幾つもあるのだとか。
子供の頃、銭湯を出てすぐの屋台に行きたいと言って親に断られ、ガード下でおでん立ち飲みに繰り出すテレビのワンシーン(サザエさんだろうか?)にに憧れていた変なおなごだった自分、
立ち飲みに連れていかれて表情がパッと明るくなるのも自然な流れ。

西口やきとんは昭和48年(1963年)創業の浅草橋の人気もつやき店、このお店の前にも支店?な形で西口やきとん店がある。
正面から入ってすぐ左手と右手のカウンターは立ち飲み席で、常連客らしい年配の男の人が何人か飲んでました。
b0089578_15473930.jpg
立ち飲みカウンター席の奥の部屋がテーブル席なのだが、これがめちゃくちゃ満席で狭い室内の中にお隣さんとの距離もえらい近い。

写真よりリアルの方がもうもうと立ち上る煙が行き場をなくした様に、霞のごとく曇っている・・・これはカオス!!

でも何だか狭っ苦しくて、煙もくもくで、ざわめき度が半端ないのだが、皆があえてその状況を楽しんでる感・・・私もだ!
b0089578_15475739.jpg
名物の皿なんこつ、豚の生レバ、塩煮込み、つくね、ガツ、ハツ、シロ、カシラ・・・うーん、フランスパン串とかもあったっけ。

もう、何だかこのガサガサ盛り付け感がたまりません、皿なんこつは圧力釜で炊いてあるとか・・お肉が回りについていてとろとろジューシー。
ししとうとハツの組み合わせの赤獅子というのも食べました、タンの旨みがうまし!

串が1本100円、漬物100円、小皿料理は200円、とシンプル過ぎる内容で安い!!

個人店なのに安くて、美味しくて、大衆酒場の賑やか過ぎる雰囲気が最高でした、サラリーマンに人気なのも分かります。

いやいやかる~く書いていますが、かなりチューハイを飲んでしまってもつ焼き堪能しました。

スペシャルフレグランスをまとって、次のお店につづく・・・・

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-09-15 10:59 | 東京 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23323216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Tommyのきままなグル.. at 2014-10-16 06:00
タイトル : 浅草橋 西口やきとん 皿ナンコツ
■浅草橋 西口やきとん 皿ナンコツ 今日のランチは、浅草橋にあるやきとん屋『西口やきとん』の 皿ナンコツ200円です。 ※すべて税抜価格 ■サラリーマンに人気の安いやき ...... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京(秋葉原):立ち飲み処 し... 東京(神田):みますや(居酒屋... >>