富山(小矢部市):おやたま食堂(ラーメン&たまごがけごはん)

b0089578_11365547.jpg
8月は週末にイベントに参加したり向かったりと、家を空けることが多かったので段々とホームパーティーが出来ない状態に陥りそう。
お盆の前辺りに台風一家が暴れまくっていたけど、その後もぐずつき模様が続いていた日曜日(お盆突入頃)。

午前中の仕事を終えた夫とあてもなく富山方面へ、美味しいケーキを食べたいという頭はあったのだがランチはその途中経過。
2015年7月開業を目指すアウトレットモールを建設中の小矢部市、インター近くにあるおやたま食堂

小矢部市は養鶏が盛んで県内の約8割をシェアしており、地元の食材を食べて育った特産品の卵はブランド認定もされている。
その卵を使ってのたまごがけご飯(TKG)がメイン、もちろんラーメンも。
b0089578_11370024.jpg
早速入店すると食券販売機が待機、火ね鶏ラーメン(塩)(醤油)、おやべホワイトラーメン、カレーラーメン。 
単品でもたまごがけごはんのセットでもお好みで、ひなみに日替わり丼も魅力的でこの日は火ね鶏親子丼とおかずがデミグラスハンバーグだった。
b0089578_11370592.jpg
 床鍋養鶏の卵たち3種類。
マリンエッグ:DHA・EPAは普通の卵の3倍、ビタミンEは約5倍。海藻や魚粉を使用した飼料で育った卵。とても濃い味だそう。
とこたまα:必須脂肪酸であるαリノレン酸を多く含むエゴマを飼料に配合。さらりと上品で味も濃厚。
くりからハーブ:オレガノ・シナモンを飼料に混ぜ、卵独特の臭みを消したさっぱりとした味わい。 

せっかくなので3種類とも味わうために、ラーメン+たまごがけご飯セットを2人分、たまごがけご飯セット1人分、これで卵3個。                 
b0089578_11370894.jpg
テーブルには卵に合うお醤油が数種類用意されており、他にはカツオ節、刻み海苔が常備されていた。
b0089578_11371362.jpg
火ね鶏ラーメン(醤油)+たまごがけごはん

スープは透明なあっさりしたシンプルなスープだが、鶏の出汁がよく出ていて素直に美味しい。
具はくりからハーブ親鶏そぼろとネギ、水菜、ゆでたまご、メンマ、特にそぼろがもちもちこりこりとした食感。
麺はちぢれ中太麺でわりと固めで全体的にほっとするやさしいラーメン。

これをお互い2人分黙々といただく。
b0089578_11371884.jpg
第三人目・・じゃなく、二人で分けるためのたまごがけごはんセット、お味噌汁と漬物付き。
ごはんは小、中、大とサイズがありお値段の差は50円、中を選択したがラーメンの他にごはんも中なのでお腹いっぱい。
b0089578_11372288.jpg
3つの卵のお味は、そのまま何もつけずに試せばよかったものの、どれもお醤油と海苔をかけての試食だとよく分からず。
うーん、さっぱりしてるような、これが一番濃いと言われればそうなような・・と交代に食べていたら、
ど、どれがどれか分からなくなってしまった~~もういいわ!普通にTKGうまいです。

玉子ソムリエは到底無理な様だが、とりあえずラーメンの卵も入れてコレステロール制限、卵は1日2個ラインに到達したようだ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-31 22:10 | 富山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/23270612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 富山(福光):ジェラテリア・ズ... 石川(能美市):こびり(焼き菓... >>