金沢(金沢駅・東口):五代目けいすけ(ラーメン)

b0089578_13392971.jpg
暑い日には本当は熱く辛いものを食べて汗を出せば新陳代謝が活発になって身体に良さそうだが、
これから用事があるのに汗くさ~になるのもなんだし、ざるそばや素麺など冷たい食べものを夏に食べたくなるのが日本人。

何か冷たい麺でも食べたい・・そんな欲求に突き動かされ、やってきたのはフォーラスにある五代目けいすけ・金沢フォーラス店
塩ラーメン専門店というのは頭では分かっていたが、夏限定の麺「冷やし中華始めました」風なものを求めて。

入口に貼ってある日本人の求める冷たい麺「豆乳冷やし担担麺」の赤いポスターが目にとまって一安心。

窓際の席に座って一息ついて「豆乳冷やし担担麺」を注文すると、「すみません、売り切れました」
ええっ、もう脳内では冷たい麺のイメージが出来上がっており、もうすぐ舌まで到達するはずだったのに。

しょうがないからメニューで少しでも熱くないメニューを探す、つけ麺なら汁は熱いけど麺は冷たいよね、とこちらをオーダー。

・塩つけ麺 大人の燻製味付玉子(900円)
ウイスキーオークでスモークした半熟卵入りの塩つけ麺。
運ばれてきたラーメンにはタジン鍋の様な蓋、毎日異なるチップで燻されておりこの日はヒッコリー、まるでアラジンと魔法のランプ的な。
冷たい中太麺を鶏白湯と鰹だしの濃厚スープにつけていただく、やはり冷たい麺はコシがあっていいね。
食べているとつけ汁がぬるくなってしまうが、それはつけ麺ひやもりの宿命。

スープ割りを入れ忘れましたがレモングラスティーだそうです、さっぱりしそうですね。

食べた後にランチセットを頼めばよかったか、いや食べ過ぎになるし、後悔と戒めのボーダーラインで一瞬止まった後、ショッピングへ。



旅行前に歩きやすい靴を、とABCマートでVANSのパイル生地・トリコロールカラーのスリッポンを購入。
クロップドパンツと合わせるのだけど、見た目は素足の方がすっきりとしてかっこいいよね。

しかし、欧州の乾いた空気と違ってここは湿気の多い日本、私の足の裏も多少汗かきっこになってくる。
パンプスに素足だと足の裏に汗かいてべたべたして苦手なので、パンツの時にはひざ下ストッキングを愛用。

見えないところでババ臭発しています。←全世界に発信してしまったが
それを脱いだ時にひざ下にゴム跡が付くのがよろしく哀愁。

それなら履いても見えないカバーソックスはけばいいじゃないかという話だが、職場では靴を脱いでスリッパになるのでカバーソックスじゃ都合が悪い。

結局、旅行中は靴を履いたままなので、カバーソックスを買うことに落ち着いたわけだが、久々に靴下屋でお買い物しました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-07-02 23:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22884439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(武蔵):ククリ(串トン・... 金沢(柿木畠・広坂):鉄板酒房... >>