金沢(武蔵):ククリ(串トン・もつ煮込み)

b0089578_13100364.jpg
ジム後すっぴん姿で向かったガレタッソのカウンターで、今度お店を開業すると名刺を配っていた方が3月にオープン。
知り合いは次々と体験済みなのに、なかなか私だけ行けずじまい・・・もはや早い時間の1人飲みは出にくい身の上。

5月末、エムザの無印に用事があるとかで2人でお買い物後、「じゃあ、今夜は外で食べる?どこか食べたいとこある?」
待ってました!!!フルーツむらはたの道路渡った正面にある串トン・もつ煮込みのククリをご指名よ。

開店時間はお昼の2時、立ち飲みスペースあり、串トンと珍しい部位が食べられるという、立ち飲み京橋ラブ・昼飲みネーゼにはありがたいお店。

お店に入るとすぐに立ち飲みコーナーがあり、その奥にカウンター、テーブルと店内はかなり広い。
シンプルでむき出しっぽい壁には段ボールに書いて壁に貼られた手作り下町的なメニュー、
らしさ演出はあるがやはり新しい店なので小奇麗感があります、カウンターのやや背の高い椅子に座る。

ホッピーがある焼きトン屋さん、平日だったからかお客さんはサラリーマンの男性が多かったですね。
b0089578_13100789.jpg
・自家製ぬか漬け

メニューには希少部位の串トン、ガツ(胃袋)、コブクロ(子宮)、竹の子(大動脈)、チレ(脾臓)、おっぱい(乳房)、豚しっぽ。。。
ホルモン苦手な夫は食べられないらしい、うーむレバーもダメなのでしょうがない。

たぶん食わず嫌いな部類に入ると思うが、とりあえず無難なものから頼んでみよう。
完全無欠のホルモンヌ、夫に合わせる、慎ましさ。←何故か句らしく
b0089578_13101160.jpg
・もつ煮豆腐

入口の大きな鍋で煮ているもつ煮込み、ベースとなるのは味噌なのだろうけど、名古屋で食べたどて煮よりは濃くはない。
形のしっかりした白山豆腐や味のしみ込んだコンニャクが美味しい、モツはレバー、シロなど色々入ってました。
b0089578_13101405.jpg
・能登豚ばら肉串焼き

昔風の渋いお皿の柄にこだわりが垣間見え、雰囲気はお店作りの第一歩、歯ごたえのある能登豚さん。
b0089578_13101768.jpg
・シロ(小腸)

柔らかいと噛みごたえがあるちょうど中間ぐらいかな、金沢のタレと微妙に違っている気がします。
b0089578_13102175.jpg
・タンモト(舌根)

タンもとは結構脂がのっている、こちらもうっすらとタレがかかってる。
b0089578_13102480.jpg
・高山商店の厚揚げ焼き

この高山商店ってどこなんでしょう?もしかして高山豆腐?近所なんだけど・・。
焼かれた厚揚げはパリパリさくさく、生姜をつけてあっさり。
b0089578_13102841.jpg
・大阪茄子焼きは味噌だれと一緒に

b0089578_13103666.jpg
・リップ(鼻・唇)、はじかみ生姜の豚とろ焼き、和牛ハラミ串焼き

リップは私だけが食べました、部位のイメージとおりプリッとした唇の感触!?
はじかみ生姜を串にして直接巻いてある豚とろ焼き、なかなかさっぱりしていいです。
和牛ハラミのタレには隠し味にカレー粉?!違ってたらあれだけど、独自性があるタレは金沢とはちょい違う味。
お皿もまた渋い。

この店にはおにぎりなどのいわゆる〆的なものはない。
ふらっと気ままに入り込んで、串と酒を楽しんでまた次の店に流れてもよし、ちょい飲みで帰ってもよし。
そんな立ち位置を目指しているような。

金沢に立ち飲みが定着してないのでお店は少ないが、ここは1人で立ち飲みコーナーでゆるりと過ごせそう。
もちろんカウンターやテーブルもあるからカップルやグループでも来れるしね。

決めたのは、今回食べられなかったホルモン系を1人か、ホルモン好きの友人と食べにこよう。
旦那さんが飲み会の時に・・←悪い顔

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-06-21 18:57 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22763015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 石川(白山市美川):山長寿司で... 金沢(武蔵):フルーツむらはた... >>