金沢(野田):ムシャリラ・ムシャリロの弁当屋(完全植物性のお弁当)

b0089578_16593579.jpg

5月の分ですが、外用事の為、久々~のムシャリラ・ムシャリロの弁当屋にて、お店でムシャ弁。
今更ですが、県内産有機野菜と伝統的製法の調味料のみで作る完全植物性のお弁当屋さん(マクロビではありません)

・岐阜の父がつくったハザ干しコシヒカリの蕗(フキ)のたきこみごはん
・大根葉かぶ葉のかき揚げ
・筍とスナップエンドウの中華風ピリ辛炒め
・きゃべつと黄色ズッキーニのマリネ
・レタスと伊勢あおさのお味噌汁(お味噌はムシャさん自家製)

蕗の炊き込みご飯がやや薄いやさしいお味で、かき揚げやピリ辛炒めと一緒に食べるとちょうどいい具合。
いつもながらカリッと揚がったかき揚げが美味しくて、大根菜もこの季節はまだ柔らかい。
うまいうまいと聞こえる猫の様に、かき揚げ美味しいですね~と何度も連発。
お味噌汁のレタスは焼いてあるそうで、香ばしさが伝わってきます。


ここで食事した後は野菜が体を駆け巡りヘルシー感いっぱい、間食は一時ぐっと我慢。
とはいえ、結婚してからというもの、野菜は普段から身近に、そして大量にあるものになっていますが。

4月からはお店のスタッフのまかないを毎日ではないですが、ちょくちょく作り始めています。
お店で直接作れるのは土曜のみで、後は前日に家やお店で野菜中心でおかずや主菜を4人分ほどまとめて作成。

前日からとなると、どうしても煮込み・煮物系が多く、一番多く作ったのはカレー。
いい加減「またカレーかよ!」と思われてるかもしれないが、インドでは三食カレーだ!との返しもちゃんと考えている。
一応、種類や味は変えているし、ルーは一切使っていないのですが。。(グリーンカレー除く)

土曜日は、豚肉・筍・A菜(油麦菜)・ピーマン他野菜の中華風炒めどんぶり、A菜と卵の中華風スープ
画像がないのは、お店が忙しくバタバタで盛り付けられなかったもので。

A菜(油麦菜)は台湾・中国で食べられてる野菜で、レタス代わりに生でサラダにしたり、台湾ではさっと炒めたりして食べるそうです。
そのうちまかないシリーズもお伝えできれば、と思います。。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-06-07 16:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/22744466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(長町・せせらぎ通り):洋... 金沢(鱗町):Taverna ... >>